Unwritten Architecture stories, imagined by Artificial Intelligence
ランドスケープアーキテクト
オリン・スタジオ、デヴィッド・マフリー
エンジニア
アラップ
構造エンジニア
アラップ
ディベロッパー
アップル社
建築された年
2009 - 2018
土地面積
71ha
位置
米国カリフォルニア州クパチーノ

はじめに

そこで働く人々の幸福を最優先に考え、フォスター&パートナーズのチームは、創造性、革新性、継続的な幸福を育むビルを設計した。 アップルパークキャンパスの中心である円形のリングビルディングには、約12,000人のアップル社員が勤務している。 2010年、アップルCEOのスティーブ・ジョブズは、 ノーマン・フォスター卿や彼の建築家たちと密接に協力し、アップルのデザインディレクターであるジョニー・アイブをはじめとするアップルのデザイナーたちと新キャンパスのビジョンを練り上げ、重要な役割を果たした。

アップル・パークはスティーブ・ジョブズが最初の構想を描いたものだが、細部はすべてジョニー・アイブの手によるものだ。 アップルのデザイン・ディレクターは、フォスター+パートナーズとあらゆる面で協力している。 アイブの曲線への愛情は、繊細で美しいデザインへのこだわりと同様、あらゆる面に表れている。 キャンパスは100%再生可能エネルギーで賄われ、北米最大のLEEDプラチナ認証を受けたオフィスビルである。

所在地

アップル・パークは、オリジナルのアップル・キャンパスから約2km離れた、米国カリフォルニア州クパチーノのアップル・パーク・ウェイ1番地、71haの敷地にある。 現在、緑地は20%から80%に増え、6キロ以上のウォーキングやジョギングコースがある。 現在、敷地内には自生のオークや果樹園を含む9000本以上の樹木があり、牧草地、運動場、テラス、人里離れた池もある。

クパチーノ市はサンフランシスコ湾の南、シリコンバレーと呼ばれる地域にある。

スティーブ・ジョブズ・シアターはキャンパスの南東の角にある。 ビジターセンターはNタンタウとプルネリッジの北東の角にあり、キャンパスから通りを挟んでサンタクララの住宅街に接している。

コンセプト

関係者全員の素晴らしいコラボレーションの結果生まれたこのキャンパスは、カリフォルニアらしいコンセプトのもとに設計され、オープンで自然とつながっている。

リング・ビルディング、スティーブ・ジョブズ・シアター、フィットネス&ウェルネス・センター、ビジター・センター、南側駐車場は、公園で囲まれており、社交の場、運動の場、仕事の場として、建物をさらに引き立てている。 フレキシブルで前向きな、背の高い木々の間の低い建築は、太陽からエネルギーを引き出し、ガラス張りのファサードを通して公園の爽快な眺めと新鮮な空気を提供する。 アップルのあらゆる努力にインスパイアされ、会社と従業員だけでなく、環境への深い配慮をもって設計されている。

スペース

創業者スティーブ・ジョブズの「従業員がアイデアを交換できるミーティングスペースを作りたい」という願いに応え、直径464m、周囲1.6kmのメイン敷地に沿って、テーブル、座席、樹木、カフェを備えたオープンスペースがいくつも配置されている。

リング・ビルディング – エディフィシオ・レドンド

周囲1.6km、直径464mの26万m2のビルは、地上4階建てのオフィスと地下3階建ての駐車場からなり、そのうち700台には電気自動車用の充電ステーションが設置されている。

景観との連続的なつながりを可能にするため、建物の広い外周廊下は大きな曲面ガラスで囲われている。

内部はシンプルなフォルムで、あらゆる体験のための革新的なスペースがある。 グループでの共同作業のための共有スペース「カプセル」や、集中して仕事をするためのプライベートオフィススペース。

軸の8つの枢機点には、全高のアトリウムが設けられ、光に満ちた共同エントランス・スペースと、公園と内部庭園スペースをつなぐ社交スペースとなっている。

屋内庭園

キャンパスの表面積の80%が緑地である。 造園会社のオリン・スタジオと共同で、スティーブ・ジョブが数年前にコンタクトを取っていた樹木医のデビッド・マフリーが雇われた。 オリンは木の配置を決め、マフリーは樹種を選んだ。

本館中央の広々とした中庭には、アプリコット、オリーブ、プラム、サクランボ、柿、リンゴの木が植えられているほか、レストランの近くにはハーブ園があり、その他にも乾燥に強い植物が植えられている。 池やさまざまなレクリエーションエリアもある。 再生水はキャンパスの灌漑に使用されている。

アップルパークキャンパス全体には9,000本の木があり、そのうち309本が在来種である。 果樹に加え、サバンナ・オークが植えられ、さらに6haがカリフォルニア原産の草原として使われている。

レストラン

レストランは、キャンパスの街の広場であるリングの北東軸全体を占めている。 北東のファサードの巨大なガラスドアは静かにスライドできる。 高さ15m、幅55mのこのドアは、床に埋め込まれたトラック上を楽に転がる

3階建てでオープンエアのテラスがあり、社交の場となっている。 長さ5.5メートル、幅1.2メートルの特別設計のテーブル500台で、1日1万5000食の昼食を提供できる。

スティーブ・ジョブズ劇場

スティーブ・ジョブズ・シアターは、フォスター&パートナーズとアップルとの8年間にわたる異例のコラボレーションの集大成である。

小高い丘の上に建つこの建物は、アップル・キャンパス周辺の通りからは見えず、劇場にアクセスするには、緩やかに曲がりくねった歩道を通って緑豊かな公園を横切る必要がある。 これは、入念に振り付けられた一連の建築体験を始める前に、スローダウンする機会を提供する。 右手には巨大な円形の建物が一望でき、驚かされる。 ここは劇場で唯一、地上階にあるスペースだ。 すっきりとした巨大なホワイエは、野心的にカスタマイズされたガラス張りのエレベーターに共鳴している。 この高さ13メートルのガラス張りのエレベーターは、ヘリカル・ガイド・レールを使って下層階からロビーまで171度回転する。

彫刻が施された2つの石造りの階段は、劇場の腹の中へとゆっくりと降りていくことができる。 階段は、3つの石の壁とスライドパネルでできたステンレススチール製のドラムに囲まれた、小さく圧縮されたスペースで頂点に達する。 エレベーターとは反対側の石壁がせり上がり、15,514.80m2、1,000席のオーディトリアムが姿を現す。 プレゼンターと聴衆の距離が最も近くなるように、幾何学的な配置や座席の配置に細心の注意が払われた。 小規模な社内会議から大規模なイベントまで快適に対応できる。 イベントが終わると、奥の壁が再び開き、ゲストはシークエンスの3番目のメインスペースに戻る。 一見常設のように見えるステンレスのドラム缶が消え、フレキシブルで太陽の光が差し込むミーティングスペースが現れる。 アップル製品のデモルームも併設されている。

アップルパーク・ビジターセンター

丁寧に植えられたオリーブの木立の中にあるアップルパーク・ビジターセンターは、2階建て、1,870.6平方メートルの建物で、4つの主要エリアがある:

  • アップルブランドの製品、Tシャツ、帽子、トートバッグ、ポストカードなどが揃うアップルストア。 他のApple Storeにはない商品ばかりです。
  • 221.7平方メートルのカフェテリア
  • 展示スペース
  • キャンパスを見下ろす屋上テラス。 このテラスに続く階段はジョニー・アイブがデザインした。

敷地内には700台近く収容できる地下駐車場がある。

フィットネス&ウェルネスセンター

9300m2のスペースは、アップルパークの景観の中で避難所として機能する平屋建ての軽量ビル2棟からなるパビリオンである。 エクササイズ・ルームとトリートメント・ルームは、大きなガラスを通して公園に面している。

2つのボリュームの間には、オリーブの木が茂る木陰の中庭があり、ジュースとヘルシーなスナックバーがある。

一般的なジム用具に加え、更衣室、シャワー、ランドリー、グループセッション用の部屋などの設備も整っている。

駐車場

14,000人の従業員と訪問者のために、アップルは数台の駐車スペースを建設した。 多くの車は本館の下にあるが、ほとんどはキャンパスの南側にある2つの巨大なガレージに詰め込まれている。 新本社は合計で31万8000平方メートルのオフィスと研究所のスペースを持つ。 駐車場の面積は32万5000平方メートル。

アップル・パークを訪れる多くの従業員や訪問者のための駐車場は、4階建て、長さ479.76mの2つのメイン構造で解決され、それぞれに3,000台の駐車スペースがある。 その長さはサッカー場5面分に相当する。 建物と建物は橋のネットワークで結ばれている。

キャンパスの南東の角、データビルの地下にも駐車場があり、合計620台分の駐車スペースがある。 レベルB1は2666m2のデータセンターで、屋根には888kWのソーラーキャノピーが設置されている。

その他の施設

キャンパスには7つのカフェレストランがあり、一番大きいのは本館にある3階建てのものだ。

キャンパスの南端には、28,000m2に及ぶ2つの大きなビルがあり、研究開発施設が入っている。 この部門には2,000人の従業員がいる。 各ビルの最上階にはインダストリアル・デザイン部門とヒューマン・インターフェース機器がある。

造園

キャンパスの表面積の80%が緑地である。 造園会社のオリン・スタジオと共同で、スティーブ・ジョブが数年前にコンタクトを取っていた樹木医のデビッド・マフリーが雇われた。 オリンは木の配置を決め、マフリーは樹種を選んだ。

本館中央の広々とした中庭には、アプリコット、オリーブ、プラム、サクランボ、柿、リンゴの木が植えられているほか、レストランの近くにはハーブ園があり、その他にも乾燥に強い植物が植えられている。 再生水はキャンパスの灌漑に使用されている。

アップルパークキャンパス全体には9,000本の木があり、そのうち309本が在来種である。 果樹に加え、サバンナ・オークが植えられ、さらに6haがカリフォルニア原産の草原として使われている。

構造

リング棟

世界で最も先進的なプレキャスト鉄筋コンクリート構造のひとつである。 最大15メートルに及ぶ4000枚以上のスラブがリングの床を形成している。 エンプティ・スラブ」と呼ばれるこの多目的エレメントは、構造体と露出した天井を形成し、輻射冷暖房を組み込むだけでなく、戻り空気も供給する。

構成

最終的な建物の構成は、外半径464m、リング幅約54,86mとなる。 このリングは放射状に104のセクタに分かれており、それぞれの内角は約3.46度である。 これらの放射状のセクターは、7つの入り口とカフェテリア・レストランで区切られた9つの放射状の棟にグループ分けされている。

柱と壁の線が半径方向のグリッド線上に配置されたため、外半径で13.72m、内半径で10.69mに及ぶ床システムが必要となった。

構造的な課題

オフィススペースの重要な建築的特徴のひとつは、床から天井までガラスで仕切られ、上にも下にも金属のモールディングが見えないことだ。 そのため、天井パネルをオフィスと同じ大きさにし、ガラスを天井のラインより凹ませる必要があった。

もうひとつの重要な構造上の課題は、このプロジェクトで要求される耐震性だった。 建物は水平方向の加速度は非常に小さく、基礎で孤立しているが、性能要件によって課される鉛直方向の加速度は大きかった。 構造的な観点から見ると、この建物は土台の部分で孤立している。 アラップの構造エンジニア、エリック・ボーチャーズは次のようにコメントしている。 建物全体がスライディングベアリングの上に載っている。 だから、その地域で想像されるような大地震の力で地面が激しく揺れ始めても、このスライディングベアリングは地震の力を大幅に軽減するように設計されている……」。

スティーブ・ジョブズ劇場

高さ6.6メートル、直径41.1メートルの4層構造の透明ガラス製シリンダーの上に、重さ73.2トンのカーボンファイバー製ルーフが静かに乗っている。 この建物の特徴のひとつは、古典的な意味での壁がないことだ。

2018年、スティーブ・ジョブズ・シアターはそのガラス構造が評価され、構造賞を受賞した。

ルーフディスクは44枚の同じ放射状のパネルで構成され、現場で組み立てられ、1回のリフトで完成したガラスシリンダーの所定の位置に慎重に配置された。 電線管やスプリンクラー・パイプなどのすべてのサービスは、曲面ガラス・パネル間の薄いシリコン・ジョイントの中に見えないように組み込まれている。

ビジターセンター

幅の広いカーボンファイバー製の片持ち屋根の主な耐荷重は、補助的な空間を収容する強固なコンクリート・コアにかかっている。 屋根荷重の一部だけがグレージングを通して基礎に達する。

ビジターセンターには、石英の階段やカフェの大理石のカウンターなど、巨大なオフィスビルの特徴が再現されている。

材料

空のスラブがリング・ビルの構造システムとなった後は、素早く固まり、複数のユニットを連続して配置できるような自己充填コンクリートを実現するために、配合も再設計された。 この建物の特徴的な形状を実現するために、4,000枚以上の空スラブが使用された。

構造工事が始まるずっと前から、超白色の建築用コンクリートを可能にする配合の模索が始まった。 このコンクリートは、白色ドロマイト砂の骨材と白色セメントを組み合わせたつや消し仕上げのコンクリートミックスで、セントラル・カリフォルニアの地元で入手できる。

建物の骨組みには、さらに1万ピースの特殊なプレハブ構造部材が必要だった。 複雑なシステムはBIMを使ってモデリングされ、調整された。

このオフィスビルのいくつかの要素は、各階の間の傾斜した「屋根」や、シリコンシール付きの床から天井までのフレームレスガラス窓など、宇宙船のデザインを彷彿とさせる。 建物に使用される材料には、メカニカル・ルーフスクリーン、コンクリートスラブに取り付けられたグラスファイバー鉄筋コンクリート(GFRC)、二重窓付き高性能透明ガラス、二重窓付き高性能不透明ガラス、内部ローラーシャッターが含まれる。

屋上パネルは17メガワットの太陽エネルギーを供給する。

劇場

劇場の構造用ガラスパネルの高さはほぼ7メートル。 各3×6.7mのパネルは4層、厚さ5cmのラミネート。

カーボンファイバー製の自立式キャノピーは、重量73.2m、直径47m、ガラス壁間41.1m。

建物は他のキャンパス施設と同様、マグニチュード8の地震に耐える免震構造となっている。

劇場の最も印象的な特徴のひとつは、ホワイエの左右にある2段の階段だ。 側壁は軽いカスターニャ石でできており、手すりは手彫りである。 多くのドアには取っ手がなく、代わりにドアに刻まれた曲線で押す場所を視覚的に示している。

このエレベーターは化学強化ガラス製で、自立式のガラス製エレベーターとしては世界一の高さを誇る。

ビジターセンター

アップルパーク・ビジターセンターでまず目を引くのは、建物の両側から屋外席を覆うように伸びる、下面を木材で覆った滑らかでスリムなカーボンファイバー製の屋根だ。

この柔らかく照らされた屋根のクラッディングは、室内に暖かみを与え、耐荷重部分を持たないフルハイトのグレージングは、建物のボリュームを非物質化し、本館を含むパノラマビューを可能にする。

レストラン

リング棟のレストランは明るい色の石張りの壁で、階段の手すりはガラス製で、金属製の支柱はない。 長テーブルはホワイトオーク無垢材のスペサート製。

駐車場

アップルパークの構造物のエレガントな外観を継承するため、本館と同様、駐車場棟にも高性能プレキャストコンクリートが使用された。 駐車場建設に使用されたプレキャストコンクリートの部材はすべて、角が丸くテーパーが付けられていた。

建物の上層階には、25,324枚の太陽光発電パネルからなる8,736.78kWの太陽電池アレイが設置された。

ビデオ

図面

Foster & Partners

写真

Foster & Partners

Otras fotos

Emplazamiento
Planta y sección Ring Building
Steve Job Theater
Steve Job Theater
Fitness