NON-Architecture stories, in your inbox every Monday
建築された年
1966 – 1973
位置
米国ペンシルベニア州ピッツバーグ、アレゲニー郡

はじめに

ペンシルバニア州では 1963年にコミュニティ・カレッジ法が成立し、コミュニティ・カレッジ設立の法的枠組みが整った。 1966年、アレゲニー郡は、モンロービルにあるCCACボイス・キャンパス、ピッツバーグ・ノースショアにあるCCACアレゲニー・キャンパス、ウェスト・ミフリンにあるサウス・キャンパスの3つのキャンパスの新しい拠点となった。 ノースヒルズ・カレッジは1972年の晩夏に開校し、主にラボラトリー教育を行っていた。

アレゲニー郡コミュニティ・カレッジは1965年に設立された。 図書館棟、初等教室棟、体育棟など、キャンパス内のいくつかの建物からなるこの建物は、建築家タッソ・カツェラスの設計によるもので、1969年に着工された。 本館には、商業部門の研究室や保健関連の研究室のほか、読書、音楽、語学の研究室もあった。 竣工は1973年。 同カレッジは、ペンシルベニア州の高等教育マスタープランの一環として1960年代初頭に構想された。

所在地

アレゲニー・コミュニティー・カレッジは、米国ペンシルベニア州ピッツバーグのセントラル・ノースサイド地区にキャンパスを構えている。 ハインツ・フィールド、PNCパーク、カーネギー・サイエンス・センターなどに近い。

コンセプト

かつてのモニュメント・ヒルの北側斜面にそびえ立つ巨大なビル群。 モニュメント・ヒルをできるだけ南北戦争に捧げたままにし、平らにしないというのが、プロジェクト当初からのカツラスの目標のひとつだった。

大学のキャンパスが一般市民のための教育センターではなく、主に名家の人々が通う格式と風格のある場所であった当時、この建築家は強く表現主義的なデザインを展開し、多くの非難を浴びた。

スペース

1960年代と1970年代の多くの表現主義作品と同様、コミュニティ・カレッジ・ビルディング(CCAC)は、外から見ると内部の秘密が見え、どのように機能しているのかが推測できる。 パイプ、梁、その他の内部要素が装飾的かつ機能的な装置となり、見る者に視覚的な動きを提供する。

メイン校舎である小学校の内部は、開放的な回遊式で、自由に行き来できる廊下がある。 多くの廊下が十字に交差しているため、歩行者は教室から教室へと移動しながら、カツェラスが言うところの “発見の連続 “を味わうことができる。 カーブを描き、しばしばループを描く廊下は校内を曲がりくねり、壁に切り取られた狭い窓から外の景色を眺めることができる。

カツェラスは、教師と生徒の接触を維持するために、生徒が利用しやすく歓迎されるような教師用キュービクルを作る一方、グループでの交流やディスカッションが学習プロセスを促進するような自由なエリアを設けた。 内部には研究室、関連事業部門、読書室、音楽室、語学室がある。

体育棟には、競技ができるプール、ハンドボールコート、エクササイズ、ウェイトリフティング、体操、ダンスホールがある。 竣工は1973年。

構造と素材

エスカレーターの角度が強調されている。

カツェラスの作品は、その単純明快なモダニズムによって定義された。 プレキャストコンクリートにレンガを組み合わせる方法と、プレハブ石積みシステムにコンクリートやその他の部材を加えて完成させる方法だ。 アレゲニー・コミュニティ・カレッジの印象的な建物は、主にコンクリート打ちっぱなしと柔らかい茶色のレンガでできていた。

図面

写真