Alternative Architecture: exploring what could have been with Artificial Intelligence
エンジニア
ファーリー・コンサルティング・エンジニアーズ
構造エンジニア
ハルクロー・ウォーターマン、マーティン・ストックレー・アソシエイツ
ディベロッパー
マンチェスター市議会
建築された年
1998 - 2002
高さ
35m
6
建築面積
8000m2
位置
カテドラル・ガーデンズ、ミレニアム・クォーター、マンチェスター、イングランド

はじめに

シンプソンハウの イアン・シンプソンが設計したこの建物は、1996年のIRA爆破事件後のマンチェスター再生のシンボルである。 その存在は、既存の都市景観を修復し、その歴史的背景を尊重し、市中心部で切望されていた公共空間であるカテドラル・ガーデンを作り出した。

ラテン語で “都市の “を意味する “Urbis “は、都市とアーバニズムに特化したインタラクティブなミュージアムである。 建築家イアン・シンプソンの言葉を借りれば、「……美術館というよりは、世界のさまざまな都市で体験できる一連のもの……」ということになる。

このギャラリーと展示センターのユニークな特徴と傾斜した彫刻的なフォルムは、この都市で最も注目すべきランドマークのひとつとなっている。

所在地

建物を敷地の端に配置することで、造園された庭に利用できる面積が最大化され、近隣の建物の歴史的ステータスを尊重し、向上させる機会が増えた。

英国 マンチェスターのミレニアム・クォーターにある新緑のカテドラル・ガーデンズ、アーデール・センターとマンチェスター大聖堂の近くに位置するアーヴィス・ビルは、マンチェスターのランドマーク的建物のひとつである。 ヴィクトリア駅はアービスの最寄り駅である。

コンセプト

2002年、 マンチェスターの再開発地区ミレニアム・クォーターの中心に完成したこのビルは、かつての廃駐車場の代わりに建てられ、マンチェスター再生のシンボルとなっている。

建築家イアン・シンプソンによるこの設計は、マンチェスター市議会が主催した国際コンペで選ばれたもので、周辺に緑地を作るためにスペースを確保し、後にカテドラル・ガーデンズと名付けられた。

ウルビスは、見る人が近づく角度によって形を変えるようだ。 南面の最大勾配は35mで、北面は6mまで下がり、ビクトリア駅、チェサム音楽学校、マンチェスター大聖堂など、周辺の歴史的建造物を眺めるスペースが残されている。

スペース

6階建てで、屋根は街に向かって傾斜しており、特徴的な形をしている。 傾斜したエレベーターで頂上まで登り、街並みを眺めながら、フレキシブルで遮るもののないギャラリー・スペースを通り抜け、中二階へと続いていく。 各フロアの両端は吹き抜けになっており、地上階のロビーとの視覚的なつながりを可能にし、来館者に刺激的で魅力的な体験を提供している。 シンプルな内部構成は、カテドラル・ガーデンズを見渡せる回遊性とパブリックな動きによって、奉仕するスペースと奉仕されるスペースを区別している。 サービスと排気循環は東側緩衝地帯内にある。

元々、この建物は適応可能なギャラリーを提供していたが、後に国立サッカー博物館がその機能に加わったことで、他の用途が混在する活気ある建物となった。

2002 – 2010

2002年から2010年まで、このセンターでは、都市生活、アート、音楽、ファッション、写真、ビデオゲームなど、ポピュラーカルチャーをテーマとした展示が入れ替わり立ち替わり開催された。 来場者はエレベーターでアクセスする最上階から展示物を鑑賞し、カスケード状に連なる中2階を通って展示の最後へと進む。

2010 – 2012

2010年2月27日に閉館し、2012年に国立サッカー博物館の常設施設として再オープンした。

オペレーション

このビルはカスケードの原理で運営されている。 パノラマのケーブルカーで4階まで上がり、そこから階段かエレベーターで各展示フロアを降りていく。

最上階の5階と6階にはバーとレストランがあり、予約しないと入れないため、一般客は立ち入ることができない。

構造

設計には、鉄骨構造とポストテンションコンクリートの床スラブ、ガラス外壁用の自立鉄骨フレームが含まれている。

低い土台からそびえ立つため、角度のついた屋根がはっきりと見える。 これはよく管理されており、一端にガラスの半円柱があり、その周囲をプレパテの銅タイルが取り囲んでいる。 内部は、4つのオープン・フロアデッキが螺旋状に連続し、空間的なダイナミズムを生み出している。

南端は幅が狭くなっているが、コーポレーション・ストリートとウィジー・グローブの交通量の多い交差点にぶつかるため、35mまで高くなっている。

建物最上部の印象的な角度の尖塔は高さ42mに達し、マンチェスター市街地を見下ろす。

材料

この建物の特徴のひとつは、印象的な二重ガラスのサンドブラスト仕上げのガラスファサードで、建物の内外からの透明度を変化させることに貢献している。

このガラススキンは、2200枚以上の成形パネルで構成され、彫刻のような曲線が建物のマスを形成している。 水平に並べられた銅瓦は、時間帯や空の状態によって建物の外観を変化させるとともに、パテ処理された銅瓦でできた湾曲した屋根を支えている。 屋根の色合いはガラスの色を引き立てると同時に、周囲の歴史的な公共空間と一体化している。 角度をつけたガラス張りのランタンが屋根を横切り、建物の背骨を強調している。

冷却

この建物には、夏用の断熱冷房システムと冬用の熱回収システムがあり、エネルギー効率を高めている。 外部ファサードと内部ファサードの間の空洞は、トリプルガラスとルーバーの組み合わせによって日射取得と熱損失を和らげ、エネルギー効率を劇的に向上させる。

ガラスリフトの角度は45度で、操作にはカウンターウェイトシステムを使用する。

図面

写真

https://www.flickr.com/photos/12859033@N00/
https://www.flickr.com/photos/12859033@N00/