Reimagining Architecture: where Artificial Intelligence meets history
アソシエイト・アーキテクト
ジョセフ・R・ペリッチ
改修建築家
ジョセフ・R・ペリッチ、フィリップ・ジョンソン、ジョン・バージー
構造エンジニア
レフ・ゼトリン
電気技術者
リチャード・ケリー
建設会社
トーマス・S・バーン社
設計された年
1958
建築された年
1961
3
建築面積
1858m2, 4645,15m2
位置
米国テキサス州フォートワース

はじめに

フォートワースの出版業者であり慈善家であったエイモン・G・カーターと、ニューヨークの有名な建築家であったフィリップ・ジョンソンは面識がなかったが、彼らのビジョンが融合し、現在ではアメリカ美術の優れたコレクションで知られる美術館が誕生した。 カーターは、アメリカン・アートの偉大なコレクションを展示するための偉大な公立美術館を作るという夢を実現することなく、1955年にこの世を去った。 博物館は1961年に開館した。

コレクションが収蔵されているのと同様に、建物も拡張され、求められる需要に適応してきたが、何よりもまず、人々がアメリカ美術に触れることのできる場所であることに変わりはない。

1958年、建築家フィリップ・C・ジョンソンは、エイモン・カーターの美術コレクションを展示し、美術館創設者の記念碑としての役割を果たす建物の設計を依頼された。 ジョンソンがこのプロジェクトに特別なインスピレーションを覚えた理由のひとつは、敷地からの壮大な眺めだった。 その結果、ディテールが際立ち、美しい場所で美しくライトアップされた建物は、この平坦な土地にある数少ない丘のひとつに位置した。 その洗練された造りと使用されている材料は、この博物館が建てられた場所や展示されるものと、ある種の見かけ上の不調和を生み出したが、この博物館は、一部の “テキサス人でない人々 “が信じているほど、西部はもはや野生的な場所ではないことを証明しており、この洗練され、洗練された、どことなく “ヨーロッパ的 “な博物館は、場違いな場所ではないようだ。

いずれにせよ、どの美術館も寄贈者のオリジナル・コレクションだけを収蔵するように設計することはできないし、テキサス全土で高まっている現代美術への熱意から判断すると、エイモン・カーター美術館には、10年か20年以内にまったく異なる作品が収蔵されるかもしれない。

所在地

博物館は、米国 テキサスフォートワースのダウンタウンを見下ろす、キャンプ・ボウイ・ブールバード3501番地のなだらかな丘の中腹にある。 この場所は1951年にエイモン・カーターが自ら選んだもので、ジョンソンはこの東側のパノラマビューを最大限に生かすため、建物をできるだけ丘の中腹の高い位置に配置した。

美術館と隣接する施設の周辺には文化的な地区が形成され、建物はその建築様式と所蔵する美術品で際立っている。 今日、エイモン・カーター美術館は、ルイス・カーンの キンベル美術館安藤忠雄のフォートワース近代美術館とともに、この街の「美術館街」の一部となっている。

コンセプト

ジョンソンのデザインは、ルネッサンス様式のロッジア(広場を見下ろす屋根付きのオープンギャラリー)からインスピレーションを得ている。 その結果、美術館の東側ファサードは、遊歩道に囲まれた芝生の広場に面している。 このプロジェクトでフィリップ・ジョンソンは、建築的にシンプルで飾り気がなく、クラシカルな構造とモダンな素材を組み合わせた国際的なスタイルを再確認した。

スペース

ブロンズのマリオンを持つ2階建てのガラスのカーテンがある正面ファサードは、5つのアーチを持つポルティコによって保護されている。 ジョンソンによれば、このカーテンウォールは「芸術と都市、涼しさと暖かさ、平和と活発、静寂と風の強さ」を隔てたという。 ステンドグラスの窓の高さまである大きなポルティコ(ロッジア)は、古典派やルネサンス期のイタリア建築によく見られるスタイルで、円錐形の石灰岩の柱に支えられている。 当初、この円錐形の柱は物議を醸し、「バレエの古典主義」と評された。 ジョンソン氏は、建物の外側にあるスペースを利用し、建物の長さをいくらか延長するために、花崗岩の階段と一連の踊り場とプラットフォームからなる行列用の入り口を設計した。 階段とテラスは街の方角を向いており、中央には広々とした掘りごたつのある芝生の広場がある。 敷地東部にある43×97mのこの広場は、美術館と街の軸線上に並んでおり、1962年に美術館が購入したヘンリー・ムーアの3体のブロンズ彫刻も、ジョンソンの設計による1つの台座の上に展示されている。

メインエントランスを入ると、高さ7.32m、幅7m、長さ37mの2階建てのホワイエがあり、貝殻の象嵌が施されたテキサスストーン、ダークな押し出しブロンズ、茶色のチーク、ピンクとグレーの御影石の床で構成されている。 このホワイエの先には、ジョンソンは中央のスペースを見下ろすように、同じ大きさの親密な5つのギャラリーを設計した。 中2階には、図書館とオフィス用の同様の部屋を5つ配置し、時間の経過とともに、入れ替わり立ち替わり展示が行われるギャラリーとして機能するようにした。

拡大写真

1964年-当初は小さな記念スペースとして構想されたが、コレクションが急速に増え、スペースを追加する必要が生じた。 1964年、ジョンソンのアソシエート・アーキテクトだったジョセフ・R・ペリッチは、地下に1,323.87平方メートルの増築を行い、オフィススペース、書店、研究図書館、美術品保管庫を設けた。 ペリッチはジョンソンと相談し、オリジナルのデザインとの一貫性を保つための作業を行った。

1977年 – この年、フィリップ・ジョンソンがパートナーのジョン・バージとともに美術館の新しい増築を設計。 この場合、増築部分は3400m2で、オフィススペース、2階建ての倉庫、図書館の増築、105席の講堂がある。

1999年 – このような拡張にもかかわらず、コレクションの拡張の速度は建物の容量を上回り、1999年に美術館は閉鎖された。 フィリップ・ジョンソン 建築家自身が「私のキャリアの中で最も重要な建築物」と呼んだプロジェクトである。 3倍のスペースが確保された工事は2年間続いた。 1961年の設計が復元され、その後の2回の増築は取り払われた。 面積4645.15m2、うち2600m2が展示スペースで、2001年10月21日にリニューアルオープンした。

現在の建物

2001年の増築は、以前の増築と同じフットプリントをベースにしている。 元の建物と視覚的に距離を置くため、濃いアラビアの花崗岩で覆われている。 この拡張工事で最も目を引くのは、中央に位置する地上約17メートルの吹き抜けで、ランタンと呼ばれる側窓のある湾曲した屋根がその頂点にある。 アトリウムの内壁は特徴的な貝殻石で覆われ、二重階段でアトリウムから1階のギャラリーコンプレックスにアクセスできる。

フィリップ・ジョンソンが2001年に手がけた増築には、160席の講堂、空調管理された写真保管庫、写真や紙作品の保存のための研究室スペース、研究図書館、ミュージアム・ブックショップ、アーカイブ保管施設などが含まれる。

材料

ジョンソンは、ブロンズの暖かさと豊かさを、貝殻をはめ込みイタリアン・トラバーチン加工を施したテキサス原産の石のクリーミーで複雑な模様の表面と組み合わせた、シンプルでエレガントなデザインを創り出した。 茶色のチーク材とピンクとグレーの御影石も使われている。

ファサードのアーチも、それを支える円錐形の柱も、テキサス原産の石で覆われている。 残りの外壁もだ。 最後の増築では、元の建物と区別するために、外壁は濃い花崗岩で覆われた。

コラム

エイモン・カーター美術館の洗練されたディテールは、抑制とセンスの良さを示している。 例えば、ポルティコのフォルムは明らかにコンクリート技法で作られているように見えるが、円錐形の柱は貝殻のように断面を彫って作られ、中央の筒状の柱の周りに配置されている。 ジョンソンは、ギリシア神殿建築の細部の多くが木で作られ、大理石を模倣するために上塗りされていたという事実を引き合いに出して、この偽造を擁護している。 この貝殻は手作業で彫られたもので、その凹型の形状は、通常使われる平らな石や凸型の石の被覆よりもずっとエレガントに見える。

照明

内外装の仕上げの素晴らしさに加えて、この建物の最も印象的な功績はその照明である。 彫刻群を覆う光は当然のことながら強烈だが、大きな天井の箱の真下に立って見上げない限り、光源はまったく見えない。 メインギャラリーに5つあるこれらのボックスのグリッドには、シールドされたコーンに置かれた36個の高輝度密閉金具が入っている。 これらのコーンは、内側が黒く仕上げられ、入念に計算された形状があらゆる反射を排除するため、どの角度から見ても光源がまったく見えない。

各バッテリーや照明の上部には天窓があり、日中のギャラリーを明るく照らす。 箱のフラップも黒く塗られている。 美術館の他の場所の照明も同様に壮観で、光源はほとんど見えず、展示されている美術品に特別な重要性を与えるようにすべてが行われている。

図面

写真

Emplazamiento
Amon Carter Museum plantas 1ª y 2ª
Sección
Foto archivo
Foto archivo
Foto archivo
Foto archivo
Amon Carter Museum of American Art, Fort Worth, Texas