Reimagining Architecture: where Artificial Intelligence meets history
構造エンジニア
GKテックストロイ
建設会社
ルネッサンス建設
建設マネージャー
フィリップ・ニカンドロフ
ディベロッパー
スネギリ・グループ
設計された年
2005 - 2007
建築された年
2011 - 2015
高さ
246m
55
エレベーター
17
建築面積
164 000 m²
位置
ロシア、モスクワ

はじめに

シティー・パレス・タワーとしても知られるエボリューション・タワー(ロシア語ではБашня Эволюция)の有機的にねじれたシルエットは、モスクワの風景の中でこの新しい構図を形成する高いガラスタワーを背景に際立っている。 大胆なフォルムと時代を超越した美学は、そのユニークな建築が提供する付加価値として、このプロジェクトの商業的成功に結実した。 タワー全体がロシアのトランスネフチ社によって本社ビルとして買収され、ショッピングセンターとともに公共広場がその成功を確実なものにした。 Aクラスのオフィスタワーで、高品質の建築、精巧なディテール、最先端のビルサービス、コミュニケーション。, ロビーから地下鉄駅へのダイレクトアクセス、広い駐車場、ボートドックやヘリポートへの近さなど、最高レベルの交通アクセスとともに、この物件はテナントや訪問者にとって非常に魅力的なものとなっている。

このタワーは、約8万5,000m²の商業施設とレジャー施設、8万5,000m²のオフィスと公共機能を備えており、1階には登記所もある。 実際、市民結婚登録事務所が含まれていることから、建築家とアーティストのチームは建物のコンセプト・フォームにインスピレーションを得た。

歴史

現在のエボリューション・タワーの敷地内に螺旋状のタワーを建設するという当初のコンセプトは、2005年に構想されたシティ・パレス・タワーだった。 2004年、モスクワ当局は、30,000m2のビルの16階にセレモニースペースを備えた登記所「ウェディング・パレス」の建設を計画していた。 国際コンペの勝者であるフィリップ・ニカンドロフは RMJMスタジオと共同で、高さの異なる2つの全面ガラス張りのタワーを、対向するファサードの幾何学的形状をわずかにひねった「ツイスト・ガラス」というバランスの取れた構成で提案した

幾度もの設計変更と提案の後、2006年に建築家と当局の間で、レジストはガラス張りの湾曲した建物のアトリウムの1階に設置するという合意が成立した。 2008年に建築許可を取得したが、同年末、世界的な経済危機の影響により、プロジェクトは2011年まで保留となった。 新しい建築事務所と新しい請負業者が加わり、デザインに大幅な変更が加えられ、ファサードと機能システムに影響が出た。 ビルはエボリューション・タワーと改名された。

所在地

このタワーは、ロシアモスクワのモスクワ川プレスネンスカヤ堤防に開発されたインターナショナル・ビジネス・センターの2ブロックと3ブロックに位置している。

新しい多機能センターは2.5haの面積を占め、そのうち2haは、バグラチオン堤防と歩道橋から芝生、樹木、噴水、照明のある景観テラスの上層階へのアクセスを可能にする、高さ10mに達する儀式用階段を含む景観公共広場となっている。

コンセプト

建築事務所RMJMの トニー・ケトル、スコットランド人アーティストのカレン・フォーブス、ロシア人建築家のフィリップ・ニカンドロフが設計に携わった。

デベロッパーも建築家も当初から、現代のモスクワの新たな象徴となるような、一目でわかるシンボリックなタワーを目指していた。

ロダンの「接吻」、タトリンの「塔」、聖ワシリイ大聖堂にインスパイアされたこの建物のデザインは、床に顕著なひねりを加えながら、それらの彫刻的フォルムを反映している。 二人の恋人、あるいは螺旋状の抱擁で凍りついたリボンを模したこのタワーは、エレガントな構造である。 デザイナーは、このデザインがモスクワの都市生活のスピードとエネルギーを認識し、称賛していると感じた。

彫刻のように回転したタワーはDNA分子に似ており、2つの対向するファサードのリボンがねじれ、滑らかに組み合わさって屋上の金属構造になっている。

スペース

82,000m²、高さ246mのオフィスタワーは、地上55階建てで、そのうち50階は軸線156°を中心に時計回りに各階3°ずつ回転している。 完成当時、世界最大の冷間折り返しグレージングを採用したこのタワーのファサードは、シームレスな浮遊反射でスカイラインのパノラマを垂直に映し出し、反射した雲が上方に移動することで、ねじれたタワーのダイナミックな視覚的インパクトを高めるという、世界の建築界でも前例のない光学効果を発揮している。

ねじれた2つのアーチで形成された鋼鉄製の支柱を持つ王冠は、頂上にヘリポートを提供するだけでなく、モスクワのウォーターフロントの最高のパノラマビューと歴史的中心部方面の眺望を楽しめる51~52階の展望デッキのオープンデッキにもなっている。

塔の1階には登記所があり、そのためこの塔は別名ウェディング・タワーとも呼ばれている。

市民広場

商業スペースを覆う屋根の外側は、噴水、カフェテラス、造園に利用されている。 市街地の上層部と堤防の高さの間にある10メートルの高低差は、カーブした屋根によって降水から守られたエスカレーターによって補われている。

アンダーグラウンド

公共広場の地下3階には、約28,000m²の店舗とエンターテイメントスペース、エボリューション・ギャラリー、1,350台収容可能な大型駐車場がある。 これらのスペースには、タワー、地下鉄ヴィスタヴォーチャヤ駅、バグラチオン歩道橋への出口がある。

このショッピングセンターには、フードコート、6,000m²の広さを誇るファミリー・エンターテイメント&教育センターがあり、さまざまな子供向けアクティビティが用意されている。 この種のセンターとしてはモスクワで初めてである。

構造

シンプルで革新的なデザインは、正方形のコンクリート床スラブと垂直構造RCフレームというねじれの原理に基づいており、中央のコアと連続梁を持つ8本の柱、そしてコーナーにある4本のらせん状の柱によって支えられている。

中央のコアと軸間15mの8本の柱は、その高さを通して厳格な垂直性を保っている。 四隅の桟橋は螺旋状の幾何学形状に沿い、8本の梁からなる八角形のリングの外側の床スラブのカンチレバーは、モーメントを緩和するブラケットでこれらの梁を15メートルのスパンで延長することによって実現されている。

12本のコンクリート柱とセンターコアは、杭基礎の上に置かれた厚さ3.5メートルのいかだによって支えられている。 池に8000立方メートルのコンクリートを流し込むのに48時間かかった。 8本の円柱は15m間隔で設置され、直径は下部が2.1m、上部が1.2m。

提案された構造スキームは、床スラブだけでなく、片持ち梁の連続鉄筋コンクリート梁を持つもので、シンプルで効率的かつ経済的であることが証明された。

独創的なファサード・コンセプトと革新的な構造により、チームは視覚的に有機的で流動的な3Dフォルムを作り上げることができた。

クラウン

塔の頂部は、円筒形のコンクリート・コアの中央壁から片持ちの仮設鋼製支柱と、白い鋼鉄のリボン・ストリップの下にある4つの小さなアーチ型支柱、穴あき鋼板を詰めた筒状のフレームからなる、2つの41メートル・スパンの鋼鉄製編組アーチで構成されている。

型枠

角度のついたスパイラル柱用の革新的なセルフレイジングシステムを含む、特別に設計され適応された型枠システムにより、この形状としては前例のないスピードで、1階建てを6日間で4.30mのコンクリート高さに建てることができた。

材料

塔の構造全体がモノリシックな鉄筋コンクリートでできている。 Aクラスのオフィス環境を実現するため、ファサードのクラッド材、グレージング、垂直搬送、MEP機器に至るまで、国際的なサプライヤーを起用した。

ファサード

ダブルカーブのタワー外壁は、革新的なコールドベント・グレージングを使用することで可能になった。 ファサードの曲率は、”コールド・ベンディング “技術を用いたミラーガラス製の絶対的に平らなガラスユニットによって確保されている。 ファサードは螺旋状に湾曲したガラスの一枚板のように見える。 実施当時、このファサードは世界最大の冷間成形ファサードだった。

タワーの角には、垂直に対して約14°の傾斜をつけた連続したリボン状のグレージングがあり、水平線に対して90°の角度で反転したモスクワのパノラマを映し出し、見事な目の錯覚を生み出している。 この建築用ガラスは、日射取得を低減し、モスクワの厳しい冬の条件にも耐える優れた熱性能を発揮する。

総ガラス面積は60,000m2。 各階のカーテンウォールは、高さ4.3m、幅1.5mの平行四辺形のファサードパネル108枚で構成されている。 27枚のパネルは、回転角度によって+14度から-14度まで2種類の大きさがあり、施工のロジスティクスを複雑にした。

52階のオープンエアの展望台を囲むガラス張りの欄干は、冷間曲げ加工された三層強化ガラス製で、上部のエレメントは電動で折りたためるようになっている。

リフト

TWINシステムはリフトに設置された。 これは、同じ車軸で2つの運転台が1つずつ独立して運転できる初めてのシステムである。

この技術には、従来のリフト・システムにはない多くの利点がある。たとえば、コール間の移動ロジスティクスを最適化するように構成されたコンピューターによってモニターされるインテリジェントな目的地選択制御による待ち時間の短縮や移動時間の短縮などである。

セキュリティ

タワーには、火災やテロ攻撃に対する重要なセキュリティ対策が施されている。

パッシブ・プロテクション」は、すべての耐力構造と階段室の壁の4時間の耐火性で構成され、避難に必要な時間を大幅に上回る。 アクティブ・プロテクション」は、全館スプリンクラー・システム、戦略的に配置されたダスト・システム、ガス消火システム、機械式コア排煙システム、加圧式階段、パブリック・アドレスと退出管理システム、火災・煙感知器、構造躯体要素と建物システムの常時監視を含む消防設備で構成されている。

公共広場

歩行者の安全のため、広場の造園された床下には輻射スラブ暖房システムが設置され、冬には戻り水を使って雪や氷を溶かす。

ビデオ

図面

by GORPROJECT

写真

by GORPROJECT

Otras fotos

Boceto
Boceto
Sección