Unwritten Architecture stories, imagined by Artificial Intelligence
アソシエイト・アーキテクト
パーキンス&ウィル・パートナーシップ
ランドスケープアーキテクト
エドワード・デュレル・ストーン・ジュニア
構造エンジニア
パーキンス&ウィル
建設会社
ターナー建設
ディベロッパー
スタンダード・オイル・カンパニー・オブ・インディアナ
建築された年
1970 - 1973
高さ
346,3 m
最上階の高さ
328m
59,15m
長さ
59,15m
83
エレベーター
50
建築面積
334.448m2
位置
200 E.米国イリノイ州シカゴ60601ランドルフ・ストリート200番地

はじめに

パーキンス&ウィル・パートナーシップと提携してエドワード・デュレル・ストーン建築事務所が設計したエーオン・センター(旧アモコ・ビル)は、1973年にスタンダード・オイル・ビルディングとして完成した。 83階建て、完成時の高さは346mで、シカゴで最も高く、世界で4番目に高いビルだった。 その後、ウィリス・タワー、トランプ・インターナショナル・ホテル&タワー、セントレジス・シカゴに抜かれた。

名称変更

スタンダード・オイル・ビルは、インディアナ・スタンダード・オイル社の新本社として建設された。 1985年、同社はアモコとなり、ビル名も変更された。 次の変化が訪れたのは1998年で、この物件は売却され、主要テナントのひとつにちなんでエーオンセンターと改名された。

おそらく、そのさまざまな名前が、このビルがシカゴの他の高層ビルのような象徴的な地位を得るのを妨げているのだろう。 しかし、近隣に新しい建築物が建ち並ぶなかでも、エーオンセンターはエレガントで時代を超越した近代建築として、街のスカイラインを彩っている。

所在地

エーオンセンターは、米国イリノイ州シカゴ市の金融街、シカゴ・ループ(200 East Randolph St)にある。

シカゴ・ループは、ジャクソン・ストリートとレイク・ストリートの間のミシガン湖に平行な7本の通りと、ウォバッシュ・ストリートとウェルズ・ストリートの間の湖に垂直な5本の通りによって形成される長方形で構成されている。

徒歩圏内には、アート・インスティテュート、ミレニアム・パーク、マギー・デイリー・パークなど、市内の主要観光スポットがある。

コンセプト

スタイル的には、デュレル・ストーンや フィリップ・ジョンソンといった東海岸の建築家が1960年代から1970年代にかけて取り入れた古典的なモダニズムを反映している。 1960年代初頭にシカゴで初めて導入された構造方法で、柱のない間取りを可能にするスパンドレル梁で接合されたペリメーター柱が特徴である。

近代建築は一般的に、形を単純化し、建物の構造やテーマから装飾を生み出すことを特徴としている。 第二次世界大戦後に人気を博した建築モダニズムは、多くの影響力のある建築家や建築教育者によって採用され、現在も施設や企業の建築物において支配的な建築様式となっている。

スペース

このビルは敷地の4分の1しか占めておらず、残りは2層からなる景観の良い広場となっている。今のところ、高さ300mを超える唯一の普通の箱型の建物で、アンテナや尖塔、頂部のない最も高い建物である。

そのレイアウトは、一流のアメニティとスカイラインと湖のパノラマビューを提供し、今日の企業オフィスのスタンダードとなっています。 最大80人まで収容可能な4つの部屋を備えた会議センター、メッセージング・センター、1階にある205人収容可能なオーディトリアム、70階にある豪華なジムなど、さまざまなサービスを提供している。

ビルの1階には、主にタワーに入居するテナントにオフィス資材を供給する小売店が多数オープンしている。

公共広場

建物の周囲には、造園家エドワード・デュレル・ストーン・ジュニアが設計した2層の公共広場がある。 1974年、鉄道ターミナルをイリノイ・センターと呼ばれる複合都市開発へと変貌させる一環としてオープンした。

景観は、建物の東側と西側に旗竿で縁取られた高くなった歩道で構成され、建物のメインエントランスには、改良された歩行者用エントランス、北側の車道、南側のサンクンプラザがある。 換気ダクトを隠した長さ55メートルの滝は、広場に接するプールに落ちる。

街路レベルでは、庭はベンチ、ガラス屋根の東屋、花壇、水場、大きな木陰で飾られている。

1974年、スタンダー・オイルは彫刻家ハリー・ベルトイアに、広場中央の水鏡(372m2)に設置するキネティック・アートの制作を依頼した。 大きさの異なる11組の真鍮と銅の棒で構成された彫刻は、風の中でたわみ、互いにぶつかり合い、共鳴する音色を奏でる。

1994年、建築家ヴォイチェフ・マデイスキーと造園会社ジェイコブス/ライアン・アソシエイツは、長方形のプールを円形の噴水とパフォーマンス・エリアに変え、ガゼボを追加し、植栽を一新し、ベルトイアの彫刻を再構成した。 現在、彫刻の一部は西側の遊歩道に残されている。

駐車場

このビルは、5層の地下駐車場に679台以上の車を駐車することができる。 このガレージは、ビルのテナントやそのゲスト、この地域の観光名所を訪れる観光客が利用できる。

構造

59.15×59.15mの正方形のタワーには、建築家は比較的新しい鋼管フレームを使ったシンプルな長方形のフレーム構造を使っている。 V字型の外周柱を持つこの構造鉄骨システムは、地震に強く、揺れを抑え、柱の曲がりを最小限に抑える。

エレベーターやその他のサービスはコアに集められ、外周の柱が外側のチューブを構成する。 タワーには50基のエレベーターがあり、そのうちの何基かはダブル・プラットフォームになっている。 内管と外管はトラスで結合され、大きく開いた床スラブを支えている。 フロア間の高さは3.86m。

このフレームド・チューブ・ベース構造は、同時期に建設中だったウィリス(シアーズ)・タワーに関連しており、シアーズ・タワーやその他の超高層建築物に使われているクラスター・チューブの先駆けである。

基礎は鉄筋コンクリート造で、コンクリート・ケーソンと鉄筋コンクリートの柱、スラブ、外周壁が地下にある。

ファサードはカーテンウォールによって作られ、建物の両側には、白い三角柱の間に15本の黒い窓が縦に並んでいる。 この非構造カーテンウォールは、床や柱の接合部を通じて、水平風荷重を建物の主要構造部に伝達する。

材料

鋼鉄とV字型の外周柱が筒状の構造で使用されている。

ファサードのカーテンウォールは、金属フレームと白い大理石の縦帯が入った濃い色のガラスでできているが、これは後に花崗岩に置き換えられた。

カッラーラ大理石

構造体の多数の柱は当初、幅0.317cmの白カララ大理石のスラブ44,000枚で覆われていた。 素材は美しかったが、シカゴの急激な気温の変化には耐えられなかった。 熱はこの種の大理石に永久的な膨張をもたらし、外側の面は膨張したが、建物に面した面は膨張しなかった。 1990年代初頭、建物全体がより強度の高い花崗岩で覆われた。

もともと使用されていたカッラーラ産大理石は、スタッフ賞のトロフィーとして、またインディアナ州ホワイティングにあるアモコ製油所の庭の一部として、さまざまな形でリサイクルされた。

ビデオ

図面

 

写真

 

Planta general
Distribución ascensores y escaleras
Planta 15
Planta 79
Imagen