Reimagining Architecture: where Artificial Intelligence meets history
構造エンジニア
8月 コメンダント
建築された年
1966 - 1970
高さ
8,50m
土地面積
6ha
建築面積
24.000m2
位置
米国ペンシルバニア州ハリスバーグ、バレー・ロード2800番地

はじめに

オリベッティ社のオーナーであるアドリアーノ・オリベッティは、工場における労働基準や社会問題全般に非常に敏感であった。 ルイス・カーン ハリスバーグに工場を建設し、アンダーウッド社のタイプライターと関連製品を製造する。 プロジェクトは1966年に始まり、1970年に完成した。

建築史家で批評家のジョセフ・ライクワートは、企業が工場の建物を作るのに、有名な建築家を雇うことは通常なかったと述べている。 このような建築家は、創造的な可能性が限られているため、おそらくこのようなプロジェクトには興味を示さないだろう。 その歴史家によれば、オリベッティは当時、工業建築のクライアントとしては「最も要求の厳しい」どこよりも有名で、カーンはこの依頼を引き受けただけでなく、そのような洗練されたクライアントのために働けることを喜んでいたという。

ハリスバーグ工場は、オリベッティがエレクトロニクス製品で競争する必要性を満たすにはもはや十分でない操業コストに直面し、売却を決断するまで、20年以上にわたって操業を続けた。

所在地

工場は米国ペンシルベニア州の州都ハリスバーグのバレーロード2800番地にある。 約6haの敷地は、かつて市郊外にあった農場のものだった。

コンセプト

設計上の重要な制約は、エレクトロニクスとオートメーションによって変化する市場要件に対応するため、工場を可能な限りオープンプランにし、設備の迅速な再構成を可能にすることだった。 この制限を達成する簡単な方法は、工場を鉄骨構造として建設することだっただろう。 それでも、カーンは1950年以降、コンクリートやレンガのような素材で実現できる、より記念碑的な外観を好んだため、このような構造物を作ることはなく、二度と使用することはなかった。 ルイス・カーンは、構造エンジニアであり建築家が好んで協力したオーガスト・コメンダントの専門知識を頼りに、コンクリートで建物を設計した。 当時、コメンダントはすでに、プレストレスによってコンクリートの強度を大幅に向上させ、通常のコンクリートよりもエレガントな構造物を造ることを可能にする技術の権威だった。

デザイン

ルース・カーンは 、オリベッティが要求したすべての条件を満たし、同じ設計原理を共有する2つの提案を行った。工場の運営に必要な表面は、空間的で構造的なモジュールの増殖と並置の結果である。

最初の提案:このプロジェクトは、一連のピラミッド型コンクリートエレメントを支える規則的なグリッドの柱で構成され、一旦地上で加工された後、クレーンで設置され、ポストテンションケーブルで柱に接続される。 上部は自然光が入るよう、ピラミッド型のエレメントが開いたままになっている。

第2案: 工場建設には第2案が選ばれた。 この空間は、9行8列に配置された72の反復要素の組み合わせの結果として構想された。

スペース

この建物は、彫刻的でありながら技術的に開発されたモジュール・エレメントを使用することによって、連続的なフロアプランを実現している。

工場内での労働者の地位は、生産工程における責任によって決められた。 オープンスペースでは、生産ライン全体が見渡せ、工程内での自分の位置も確認できる。 オリベッティは、他の工場で一般的であった以上に、従業員が行うべき仕事に対してより大きなコントロールと自由を与え、生産工程における従業員の位置づけを、与えられた役割に限定することなく、製品の完成度を高めるための各従業員の自律的な責任としました。

オリベッティ・アンダーウッド工場は、非階層的なコミュニティを育成することで、変化する市場の需要に対応した生産体制の継続的な再編成に対応できるように設計された。 モジュール式で反復的な建物の構造と、空間全体に均等に配置された昼光により、どの生産工程も他の工程より重要視されることはなかった。

駐車場

工場の裏手には3つの大きな駐車場があり、近くの高速道路を走る人たちからは、長い芝生の丘に隠れて見えないようになっている。

構造

オリベッティ・アンダーウッドの工場は、9列に配置された8×9のグリッドに接合された72のプレストレスト・コンクリート・ユニットで構成されている。 各モジュールは、現場打ちの不規則な八角形のスラブを支える比較的細いプレキャスト鉄筋コンクリートの柱で構成されている。 出来上がったスラブは厚さ15cm、高さ9m、18×18mの大きさで、天窓を設置する穴を作るために角が切り落とされている。 このスラブは、柱の中央にある排水ダクトに雨水が届くように凹んでいる。

各ユニットの外側の四隅が4つのユニットが接する部分で切り落とされているため、一辺6.4mの空洞が生まれ、半透明の天窓から自然光が工場フロアに届く。

「……私は、正方形は選択肢ではないので、正方形を使って解決策を始める。開発の過程で、私は正方形を否定する力を探す…」(ルイス・カーン)。

プレハブ・コンクリート・パネルで作られた外周壁は、構造的な機能を一切持たず、屋根の外周に沿っている。 壁には床から天井まで開口部がある。

レンゾ・ピアノとのコラボレーション

ルイ・カーンは、工場の天窓のデザインについてフランス人技師ル・リコレと意見が対立した。 彼は1967年から68年にかけて、マルコ・ザヌーソと共同で、スカルマーニョとクレマにあるオリベッティ工場の強化ポリエステル製天窓の設計に携わった。 若い建築家はオリベッティ社とのコネクションを利用し、工場設計中の数ヶ月間、カーンのもとでインターンシップに相当する仕事を得た。

イタリアの建築家は、彼がすでに建設したものと同じような構造物を設計した。一辺が6.4メートルの正方形の天窓で、強化ポリエステル製の16個のピラミッド型エレメント(1.60×1.60メートル)をスチール棒とボルトで組み立てたものである。 ピラミッド型のエレメントは、雨水の排水を確保するために、天窓が4つの端に向かってわずかに傾斜するように接続された。

屋根の面積は334m²。 天窓の詳細図面には、 ルイ・カーン・アーキテクツの公式スタンプが押され、下部には「in collaboration withRenzo Piano Architect(レンゾ・ピアノ・アーキテクトとのコラボレーション)」と書かれている。

材料

柱、八角形の屋根スラブ、外周壁などのプレキャストコンクリート部材が建設に使用された。 具体的な構造は、その中での将来の進化プロセスの枠組みとして機能した。

レンゾ・ピアノの設計による天窓は、グラスファイバー製で、青みがかった特殊な透明素材で覆われている。

人工的な室内照明、パイプ、ダクト、その他のサービス機器は、鋼鉄製のフックやグリッドで固定された偽天井がないため、鋼鉄製の下部構造から直接吊り下げられている。

図面

写真

Planta
1-area entrada, 2- area descarga, 3 - parking, 4 - fabrica-
Seccion y detalle modulos
Bocetos claraboyas R.Piano
Maqueta
Boceto
Boceto