Alternative Architecture: exploring what could have been with Artificial Intelligence
テクニカルアーキテクト
ASTADプロジェクトマネジメント
ランドスケープアーキテクト
ミシェル・デヴィーニュ、アナ・マルティ=バロン
エンジニア
イングファイ、SA
構造エンジニア
ARUPロンドン
建設会社
現代エンジニアリング&コントラクト
ディベロッパー
カタール・ミュージアム, カタール・ペトロリアム
デコレーター
サブリナ・ルトゥールヌール
設計された年
2008
建築された年
2010 - 2019
高さ
40m
土地面積
139.354,56m2
建築面積
40.000m2
位置
カタール、ドーハ、ミュージアム・パーク・ストリート

はじめに

パリの アトリエ・ジャン・ヌーヴェルによるプロジェクト、新カタール国立博物館(NMoQ)は2016年にオープン予定だったが、正式オープンは2019年3月28日まで延期された。

NMoQは、この地域で唯一「ベスト・ニュー・アーキテクチャー2018」のリストに入ったプロジェクトである。 以前、当館はABBリーフ・アワード2017で国際的な「ファサード・デザイン・アンド・エンジニアリング・オブ・ザ・イヤー」賞を受賞している。 国際的に認知されているMIPIM賞は、2018年5月にカンヌで開催された年次式典で、NMoQをその建築的・工学的品質が評価され「ベスト・プロジェクト・オブ・ザ・フューチャー」に選出した。

近くで見ると、円盤が連なったデザインになっている。 これらは壁、天井、床にあり、その曲率や直径はさまざまで、ガラス張りのファサードによって補完されている。 これらのディスクは、外から見たときに半透明感を出すために凹んでいる。

所在地

新しいカタール国立博物館は、カタールの首都ドーハのミュージアム・パーク・ストリートのアル・コーニッシュ遊歩道の南端に面した139,354.56m2の敷地にある。

この建物は、シェイク・アブドゥル・ビン・ジャシム・アル・タニスの宮殿の周囲に建設されたもので、シェイクのかつての家族の住居であり、25年間政府の所在地であり、1975年からは国立博物館の敷地となっている。

コンセプト

この印象的なミュージアムは、水晶に似た形状で、連なった広がりを持つ砂漠のバラにインスパイアされている。砂漠のバラとは、石膏やバライトのクラスターがバラ状に形成されたもので、砂粒を多く含むことから付けられた俗称である。 砂漠のバラはカタール北東部、特にフワリット近郊のジェベル・アル・ジャサシアで発見されている。

砂漠のバラにインスパイアされたこの革新的なデザインは、20世紀に建てられたシェイク・アブドゥッラー・ビン・ジャシム・アル・タニのオリジナルの宮殿の周囲で有機的に成長している。 旧館と新館の関係は、アミール首相の妹であるシェイカ・アル・マヤッサが提唱する、過去と現在の架け橋の一部である。 博物館の新しいロゴのデザインは、カタールの過去、現在、未来を象徴する旧国立博物館の3つのドアを組み合わせたもので、博物館の中心的な物語とそれが象徴するようになったものを反映している。

建設面積4万平方メートル、使用可能面積3万平方メートルのこの美術館は、建築家によれば、海沿いの砂漠の国を表現することを意図している。 「隠されたものを見せること、消えゆくイメージを明らかにすること、はかないものを固定すること、語られなかったものを言葉にすること、精神的な痕跡を残す暇のなかった歴史を明らかにすること。カタール国立博物館は、このエネルギーがいかに強烈なものであるかを物語っている。もちろん、伝統的な地質学的、考古学的な遺物も展示される。もちろん、テントや馬具、食器は遊牧民の生活の証となるだろうし、漁師の道具や船、網もある。しかし、最も重要なことは、時間と自然の気まぐれが許すときを除いては、私たちを遠ざけてしまう特殊性を求めて、原野で何カ月も過ごした後にしか発見できない、経験できない気づきを生み出すことである。あるいは、ヘリコプターや4WDに乗って、カタール半島のコントラストやビーチの広がりを発見することもできる。この博物館のすべてが、来館者に砂漠と海を感じさせようとしている。美術館の建築と構造は、砂漠のコンクリートと結晶の神秘を象徴しており、砂漠のバラの花びらの絡み合ったパターンを示唆している…”(ジャン・ヌーヴェル)

大きなオーバーハングで日陰を作り、コンクリートと植栽は自生したものを使い、ディスクの空洞内にサーマル・バッファーゾーンを設けることで、冷房負荷を軽減している。 砂色のコンクリートは、湿気が多く埃っぽい現場の環境に完璧に溶け込んでいる。 この建物は、それが物語る砂漠の民のように、光と影、そして大地から流れ出し、大地と融合しながら成長する動きに基づいている。

スペース

シェイク・アブドゥル・ビン・ジャシム・アル・タニスの宮殿の周りに建設された新館は、25年間政府の所在地であり、43年間カタール国立博物館の本拠地であった。

プロジェクトの総面積は約4万m2で、常設展示スペースが8000m2、臨時展示スペースが2000m2ある。 また、人工ラグーンと400台分の駐車スペースを備えた112,000m2の公園、研究センター、研究所、70席のレクチャーホール、220席の講堂、2つのレストラン、カフェテリア、コレクションの保管・保存施設、ミュージアムショップもある。

展示物には、ベドウィンの文化に溶け込み、それをより身近なものにするハイテク・システムが搭載されている。 壁面には、オーディオビジュアル・プロジェクション、モバイル・デバイス、バーチャル・リアリティ、3Dデジタル・モデルなどが展示されている。

構造

構造的な解決策は、繊維強化コンクリートの被覆パネルを支える放射状と直交方向の鉄骨フレームに依存し、建物の外壁に要求される美観と性能を作り出した。

美術館の建築と構造は、砂漠のコンクリートと結晶の神秘を象徴しており、砂漠のバラの葉の形をした、それぞれ異なる角度の花びらの連なったレンズ状のパターンを示唆している。 異なるアングルを形成するフレーム構造は、中央の空洞を囲むように鉄筋コンクリートパネルで覆われたシャフトとラジアスの配置で組み立てられており、古代の「キャラバンサライ」(砂漠でベドウィンが巡礼者や旅行者の宿泊施設として使用したキャラバン)を想起させる。

構造ディスク

合計130枚のレンズまたはディスクが、美術館の天井、スラブ、壁を作るために使用されている。 直径が異なり、曲率が変化する球形断面のディスクは、半径が10mから43mまであり、ルーフレンズと垂直レンズの2種類があり、上下のスラブに梁で取り付けるようになっている。 垂直ディスクがプロジェクトを支え、残りの荷重を水平面からベースに伝える。 ディスクは、防水外壁と組み合わされた放射状の鋼鉄補強構造で構成されている。 その隙間にはマリオンが埋め込まれたガラスがあり、外からはフレームレスに見える。 建物内の空間は、こうした円盤と円盤の間に生まれる。

主要構造

支持構造は、一次鉄骨構造と呼ばれる鋼鉄構造でできている。 クラッドを支える一次側と二次側の鉄骨構造間の連結はボルトで固定される。 これらのラグはレンズの湾曲した形状を制御し、内部に円形のネジ山を持つ。

二次構造

二次構造はスチール製。 軸対称のコンクリートパネルの固定と一致するように湾曲している。 二次鉄骨構造は単純支持の梁で構成され、梁間は最大3m。 両端はボルトで固定されており、1つは通常の穴、もう1つは長方形の穴が開いている。 したがって、熱運動による二次構造と一次構造の間の力の伝達は制限される。

コーティングシステムの組成

  • 一次鉄骨構造に固定された金属フレーム
  • シェルに支えられた断熱・防水膜
  • 一次鉄骨構造に溶接されたスタッド
  • ボルトで支持された二次鋼構造
  • 二次鉄骨構造に固定されたコンクリートクラッディング

BIM技術

計画プロセスの中心的な要素は、プロジェクトに関わるすべての専門プランナーや請負業者が、計画や設計の結果を継続的にチェックできるBIMモデル(ビルディング・インフォメーション・モデリング)だった。 このモデルは、プロジェクトの高い幾何学的複雑性を扱い、個々のコンポーネント間の衝突を避ける唯一の方法だった。 BIMモデルの管理には、ゲーリー・テクノロジーズのソフトウェア・システムが使用された。 常に必要とされる全体的な調整の度合いにより、3D BIMモデルをすべての分野に常に適応させる必要があり、自動衝突検出や、計画データを追跡するための可能な限りシンプルなパラメータ化された手順など、最先端の編集アプローチやツールを使用した非常に効率的な変更管理方法が要求された。

材料

その建設には主に鉄筋コンクリート、グラスファイバー製の補強材、ガラス、鉄骨構造が使われ、正確にはパリの エッフェル塔の建設に使われた量の約4倍にあたる2万8000トンが使われた。

クラッドパネル

半径10mから43mまでの様々な大きさの円盤が連動しており、美術館の構造体のひとつとなっている。プレハブUHPFRCパネルで覆われた構造用鉄骨フレームでできており、その面積は12万m2に及ぶ。 ピンク色をしたガラス繊維強化コンクリートというこの素材を使用することで、パネルが大きく、風や温度の変化が激しい場合でも、受動的な補強をすることなく、クラッドの厚さを40mmまで薄くすることができる。 パネルの外周部の厚みを60mmまで増したのは、4本のボルトで固定された鋼鉄製のZ型プレートであるアタッチメント・アンカーを二次構造体に取り付け、アタッチメント・ポイントのせん断強度を確保するためである。 各コンクリート・パネルの間にはエキスパンション・ジョイントが設けられる。 これらのパネルを使用することで、延性、低空隙率、高強度に加え、パネルの耐久性に関するすべての要件を満たすことができる。 必要な砂の量を減らすことができるため、持続可能な開発にも有益である。

床は砂色の連続研磨コンクリートで覆われ、内部のレンチキュラーディスクは、外部と同様、石灰と漆喰のコーティングで覆われている。

ビデオ

図面

Planos Atelier Jean Nouvel

写真

Fotos WikiArquitectura (Diciembre 2018)

Planta
Alzados
Sección
Sección
Teselación disco con paneles
Montaje
Imagen BIM
Imagen BIM
Imagen BIM
Imagen BIM
Logo Museo