Alternative Architecture: exploring what could have been with Artificial Intelligence
改修建築家
ダニエル・バーナム、ガニー・ハーボー、ホラバード&ルート、ジョン・ヴィンチ
建築された年
1899 - 1903
高さ
63.12 m
12
位置
米国イリノイ州シカゴ

はじめに

カーソン・デパートの旧本社として知られるサリバン・センターは、有名なシカゴ派の代表作のひとつであり、高層ビルの歴史において最も重要なもののひとつである。 1899年から1903年にかけて建設されたこの建物は、1975年にシカゴのランドマークに指定された。

歴史

1890年代後半、ルイ・サリヴァンは、彼のキャリア最後の大プロジェクトであり、彼の全キャリアの集大成となるものを依頼された。

1981年、シュレシンジャー&メイヤー社は、シカゴのステートとマディソンの繁華街の角にある1873年築のボーエンと呼ばれるビルに入居し、当時新しく繁盛していたステート・ストリートのショッピング街に移転した。 通りの商店に遅れをとらないようにするため、彼らは建築事務所アドラー&サリバンに連絡し、既存の建造物を改造することを目指した。 この選択肢では不十分と考えた建築家たちの意見で、その頃にはもうアドラーとは関係のなかったルイス・サリヴァンによる新建築の建設が決定された。

1904年から建物の所有者が変わり、2007年までカーソン・ピリー・スコット商会が入居していた。 1948年にはコーニスが取り払われ、建物の内外装のサリヴァンの装飾的なディテールが取り除かれた。 1960年、同社はホラバード&ルート社を雇って建物を南側に拡張し、1975年には国定歴史建造物に指定され、カーソンはジョン・ヴィンチ社を雇ってサリヴァンのファサードと正面玄関を修復した。 修復は1978年から1980年にかけて行われた。

カーソン・ピリー・スコット百貨店は2007年にこのビルの旗艦店を閉店し、2012年に大規模な改装を経て、新しいブランドショップがオープンした。

所在地

サリバン・センターは、カーソン・ピリー・スコット&カンパニーのビルとしても知られ、ステート・ストリートとマディソンの角に位置し、この街区の大部分を占め、内部は東側のワバッシュ通り沿いのいくつかのビルでつながっている。 そのメインエントランスは1 S. ステート・ストリートにある。

ステート・ストリートは、長年にわたってアメリカシカゴのループ地区の商業の中心地であり、アメリカン・デパート発祥の地であった。 今日、シカゴの77のコミュニティ地域に指定されているループは、シカゴのダウンタウンの中心的なビジネス地区であり、市役所とクック郡の郡庁所在地がある。

20世紀初頭、この通りには半ダース以上の大手小売店が軒を連ね、豪華なディスプレイと人目を引く建築物で買い物客を奪い合っていた。 ステートとマディソンの角は世界で最も賑やかな角として知られ、建築の中心地として脚光を浴びた。 1872年のシカゴ大火で、この地域の大半は焼失したが、すぐに再建された。 一般に世界初の超高層ビルと言われるホーム・インシュランス・ビルは1885年、ルーカリー・ビルは1888年、モナドノック・ビルは1891年、サリバン・センターは1899年に建設が開始された。

コンセプト

このプロジェクトでサリヴァンは、これまでにない方法で美と機能を融合させた、ドラマチックなアニメーションのような構造物を作り出すことに成功した。 当時としては非常に先進的な形状とデザインで、有名になった最初の超高層ビルのひとつである。 エレガントでモダンな後者は、ルイ・サリヴァンによる窓周りの複雑な装飾と、丸みを帯びたエントランスで頂点に達する1階部分の装飾によって、さらに引き立てられている。 アール・ヌーヴォーに関連するスタイルで、幾何学的な形が植物に似ている。

建物のラインは、丸みを帯びたコーナーが鋭く垂直になるのを除けば、水平が強い。

シュレジンガー&メイヤーの店舗を設計した建築家のデザインは、これまで彼が設計したことのないものだった。 にもかかわらず、サリバンは このビルはそれほど高い超高層ビルではないが、水平方向の寸法は、長く連なるシカゴの窓によって力強く強調されている。

鉄骨構造によって可能になった広い空間と、板ガラスによる照度の向上は、モダンなアメリカのデパートをまったく新しくエキサイティングなものにした。

スペース

サリバンはプロジェクトを3つのパートに分けた:

  • 最初のものは1899年、マディソン・ストリート沿いに建ち、幅3ベイ、9階建てだった。
  • 1903年から04年にかけて、よく知られたコーナー部分が建設され、12階建てとなった。
  • シュレジンガー&メイヤーの店は1903年10月にオープンした。 しかし、同社は負債が膨らみ、1904年にメイヤーは引退を決意した。 彼らは建物と商品をヘンリー・セルフリッジに売却し、ヘンリー・セルフリッジは、別の建物の賃貸契約を失った小売業者のカーソン・ピリー・スコットに売却した。 カーソンは、気難しいことで有名なサリヴァンを呼び戻すことに興味を示さなかったため、ダニエル・バーナムを雇い、サリヴァンのプランに従って1906年にステート・ストリートに3ベイの最終増築を完成させた。

マディソン・ストリートとステート・ストリートの両方から見える、魅力的な装飾が施された角のエントランスは、サリヴァンによって魅力的でエレガントなデザインに仕上げられ、潜在的な顧客を惹きつけ、近隣の店舗に対する重要な競争上の優位性を生み出した。 このファサードは1978年、ジョン・ヴィンチ率いるチームによって修復された。 その後、欠落していたコーニスが再現され、ガニー・ハーボーは錆びついた鉄細工を取り替えるなど、再度の修復を指揮した。 その時、鋳鉄はよりくすんだ、より平らな緑色に塗られた。

この建物は、シカゴ派の古典的な建築物のひとつである。 ビルの低層階でこの手法が使われたのは、自然光と影を利用して、まるで魔法のように地上に浮いているかのように見えるほど精巧なものだった。

サリバンの3階から12階までのデザインは、前世紀初頭には極めてモダンなものだった。 シカゴ派の建築家たちは、ファサードの下に鉄格子が見えるように何年も放置していたが、サリヴァンは飾り気のないすっきりとした白ガラスのテラコッタとシカゴの窓を統一することで成功している。 これらの上層階は非常にモジュール化されており、ほとんど機械的だ。

1899年から1904年にかけてサリヴァンによって建てられた最初の2つの部分では、最上階は凹んでおり、ファサードの外側に突き出た複雑な細部のコーニスによって冠された狭いロッジアを作り出していた。 1948年、このコーニスは撤去され、12階は他の建物と調和するように再設計された。

建設当初は、店の1階と駅裏を歩道橋で結んでいた。 この橋は、倉庫群を遠くからでも見分けられるようにする特徴的なディテールであり、その金属構造は、利用する人々に特別な入館感を与えていた。

構造

この建物の建設が当時としては非常に革新的だった特徴のひとつは、室内に自然光をふんだんに取り入れることができる大きな窓だった。 これを可能にしたのは、柱とまぐさの技法を用いた鉄骨と鋳鉄のフレームで、強固で軽量かつ耐火性の高い骨格を実現している。 この技法は、柱とスパンドレルで構成された外観のグリッドに顕著に表れている。

この建物で、後に「シカゴ窓」と呼ばれるようになる窓が初めて採用されたのである。この窓は、窓ガラスの全幅を占め、大きな固定サッシで仕切られ、その両側に細い可動フレームが配置されている。 長い年月を経て、それらはこの街の建築の古典となった。

通りに面して大きなガラス窓を設置することで、ショーウィンドウの概念を作り出したのだ。 柱とスパンドレルのグリッドは、骨組みを表現するだけでなく、途切れることのない拡張を可能にした。

サリヴァンはこの建物で、その強固な水平性にもかかわらず、水平と垂直のバランスという、達成するのが難しいことを成し遂げた。 丸みを帯びたコーナータワーは、2つの水平ファサードの巨大なヒンジとして機能しながら、顕著な摩天楼効果を生み出している。

材料

構造体は鉄骨製で、ファサードは白いテラコッタの帯で三分割を表現している。

丸みを帯びた塔にはブロンズメッキを施した鋳鉄製の装飾が施されている。 これはサリヴァンによって作られたオーガニックな装飾品で、中西部の大草原に自生する植物からインスピレーションを得ている。 この装飾は応用的な美であるだけでなく、建築家によって、宇宙、自然、人間の力といった哲学的な思想が導入された。 サリヴァンは、商業主義を相殺するために自然を利用することで精神を高揚させる意図を込めて、「……詩的なイメージの衣服……」と表現した。 サリヴァンはこの装飾品で、単に女性たちの購買意欲をそそるだけでなく、その妙技を間近に見せていたのだ。 ルイ・ヘンリー・サリバンを意味するLHSと、より区別しにくいが、元の居住者であるシュレジンガー&メイヤーを意味するS&Mである。

当初、ファサードはブロンズ製だったが、後に主に経費節減のために鋳鉄製に変更された。 フレームは手作業で成形され、サリバンはすべての建設資材を新たな限界に押し上げた。 彼は鋳鉄をまるでプラスチックのように、壊れる寸前まで引き伸ばした。

低層階には、濃い緑色に塗られ、精巧な葉模様で和らげられた鋳鉄製の被覆が使用された。 エントランスのロタンダには、装飾と突き出た装飾コーニスが追加された。 もともとは起伏のあるファサードだったが、公道の問題でサリバンが滑らかにする必要があると判断した。

屋上には高さ12mの給水塔があり、そこからスプリンクラーを供給する。

図面

写真

Fotos archivo

Fotos Darren and Brad

Fotos Devyn Caldwell

 

Ubicación
Primera planta
Tercera planta
Planta baja y primera
Alzado
Sketch proposición reloj
Edificio antes ampliación 1906
Edificio después ampliación 1906