NON-Architecture stories, in your inbox every Monday
設計された年
1994-1996
位置
イギリス、カーディフ

はじめに

ザハ・ハディドによるこのプロジェクトは未完成のままであり、複数の論争を巻き起こしている。 イギリスの批評家たちは、カーディフ・オペラハウスのプロジェクトについて、「脱構築主義の絵画を学生が模写したようなもので、建物としては非現実的だ」と酷評している。 彼の作品は2次元をベースにしており、カーディフでのプロジェクトが紙の上にとどまることは予想される」。

結局、オペラハウスは建設されず、跡地はラグビー場の建設に充てられた。 特筆すべきは、上記のプロジェクトが国際コンクールで優勝したことだ。

状況

このオペラのプロジェクトが行われたウェールズの カーディフ・ベイは、近年活性化し、ウェールズの首都の新たな観光名所となっている。

コンセプト

提案されているプロジェクトは、都市デザインの典型的な私的パラダイムであるモニュメントと空間の同時性を達成しようとするものである。 このプロジェクトは、全体計画が考案されたのと同じように楕円形の広場を形成することで、建物群の連続性の一部を担っている。

同時に、この建物はダルセナに対して強力な境界線を突き出している。 典型的なブロックのアウトラインは、外側に広大な都市の公共空間を形成する一方で、孤立した内部空間を囲んでいるという二重性を、この2つのタイプの空間の連続体へと分解している。

それは、外周の立面化、岸壁に面した角の外周の開口部、敷地の輪郭の中で主要な立体である講堂の容積を完全な形で見せること、そして最後に、メイン・ホワイエ・エリアの上に新たな地上階を設け、複合施設に向かって微妙な傾斜(上昇)を通して広場を拡張することで、都市の公共空間を継続させることである。

こうすることで、このビルは屋外での催しに適した高台の広場を提供し、ヘリポートと湾の絶好の眺めを提供している。 建物のコンセプトは、提供される空間と提供される空間のヒエラルキーの建築的表現に基づいている。オーディトリアムをはじめ、他の表現領域や公共的・半公共的な実践領域は、合理的に整列し、収容を可能にするガードルから宝石のように生えている。 このガードルは逆ネックレスのように外周に巻かれ、宝石が互いに回転することで、中央からアクセス可能なパブリック・スペースを統合すると同時に、背後で外周の役割を果たす。 この中心的な空間は、開放的な中庭からも感じられるし、客席とメイン・リハーサル・スタジオが貫通する嵩上げされた床下(広場)のホワイエ部分からも感じられる。 楕円形の広場からの歩行者用メインエントランスと、ピアヘッド通りからのドロップオフを通るパブリックエントランスだ。

図面

写真