Reimagining Architecture: where Artificial Intelligence meets history
エンジニア
チリンギロウル・エンジニアリング
構造エンジニア
バルカル・エンジニアリング
建設会社
日本経済新聞社 AŞ
ディベロッパー
トルコ運輸・インフラストラクチャー省
設計された年
2011
建築された年
2016 - 2020
高さ
369m
45
エレベーター
2
土地面積
10,000 m2
建築面積
30.150m2
位置
トルコ、イスタンブール、ウスキュダル、チャムリカの丘

はじめに

トルコ全土の放送と通信を改善するために建設されたチャムルカTV・ラジオ塔は、10,000m2の敷地に建設された。 海抜587メートルのこの建物は、落成当時、イスタンブールで、そしてイスタンブール全土で最も高い建造物だった。 2016年末に建設が始まり、4年後の2020年9月に完成したが、2021年5月29日に落成式が行われた。

このプロジェクトは、 メリケ・アルトゥンシュク建築スタジオがコンペで勝ち取った結果である。 Küçük Çamlıca TV & Radio Tower’ Kule A.Ş.が推進する「Küçük Çamlıca TV & Radio Tower」は、イスタンブール市内に散在するアンテナやタワーを排除し、イスタンブールの視覚公害を一掃することに成功した。タワーの運用が開始された2020年9月には、100のラジオチャンネルが電力も周波数も互いに干渉することなく送信できるようになった。メディア伝送サービスに加え、タワーは無線通信事業者にインフラ・サービスを提供している。

国内外のテクノロジー企業とのコラボレーションを通じて、キュチュック・チャムルカ・テレビ・ラジオ・タワーは、地元のラジオ・テレビ放送事業の質と能力を世界水準にまで向上させ、トルコの発展に大きく貢献してきた。

所在地

このタワーは、トルコイスタンブールのウスキュダル地区にあるキュチュック・チャムルカの丘の、保護区であると同時に地震と風荷重のリスクが最も高い地域のひとつに建設された。

選ばれた場所は、欠点もあるが、象徴的な地位を高めるさらなるモチーフと見なされる。 市内で最も高い場所のひとつだ。 カムリカ・ヒルの美しい自然からそびえ立つ、この象徴的なテレビ塔のダイナミックで有機的なフォルムの設計基準は、土地そのものとの強い関係からきている。

反対派

建設に先立ち、トルコ技術者・建築家会議所連合は、保護区に登録されているキュチュック・チャムルカの丘に建設されるタワーが、そのシルエット、自然、文化的価値を破壊する可能性があることを強調した。 イスタンブール2011年にイスタンブール首都圏自治体が主催した「チャムルカの丘TV電波塔プロジェクト・アイデア・コンペティション」に参加しなかったこと。 複数の非政府組織からなる「キュチュック・チャムルカ・ボランティア」イニシアティブは2015年、木立の入口で声明を発表し、キュチュック・チャムルカの木立は自然および都市の保護地域であると述べ、建設活動の中止を要求した。

コンセプト

メリケ・アルトゥンシュク・アーキテクツ(MAA)によるデザインは、オスマントルコ時代の古代トルコのシンボルであったチューリップの花からインスピレーションを得たもので、一体型の構造となっている。 主軸は根と茎を象徴し、上層階とテラスは、見方によって横顔や形が変化する未開花のつぼみのようだ。

その威容はまた、イスタンブールという巨大都市の成長を象徴している。 テレビ電波塔という枠を超え、両方の木立に点在する数十の塔をまとめ、敷地のシルエットに貢献する未来的な芸術作品として機能している。

「…主な目的は、光、自然、空間を利用して、その場所との強い関係を確立することで、驚くような出会いを生み出すことです。

エレガンスと美しさを数学と幾何学に融合させたこの建築の斬新なコンセプトは、居住空間とタワーのコア全体を結びつけている。

建設

2016年に建設が始まったこのタワーの総面積は30,150m2。 地上369m、海抜587mと市内で最も高い建造物である。 鉄筋コンクリート構造の高さは221mで、そのうち18mが地下にあり、鉄骨アンテナの長さは168mに達する。

地上45階、高さ4.50m、地下4階。

主幹の両側に位置する地上階からは、高さ153mの展望テラス、レストラン、アンテナの高さまでパノラマリフトが上がり、ボスポラス海峡を挟んでアジア大陸とヨーロッパ大陸の分離と統合を見ることができる。 サービスエレベーターもある。

スペース

地下4階、地上13.50mの基壇部にそびえる49階建てのタワーは、パブリックロビー、カフェテリア、展示エリア、2つのレストラン(39階175.50mと40階180m)、2つの展望台(33階148.50mと34階153m)を備えている。

基壇部の一部には、既存の公園「キュチュック・チャムルカ・グローブ」の遊歩道として利用できるエリアが設けられている。 図書館と展示室は地下1階にある。

ホワイエには、カフェテリア、展示ホール、マルチメディア・テクノロジー・エリアがあり、世界各国からの訪問者のために用意されている。

タワーの両側にはパノラマリフトがあり、片側からはプリンセス諸島、もう片側からはボスポラス海峡とイスタンブールの眺めを楽しむことができる。

来客用の展望台、レストラン、パノラマリフトは、タワーの設計において重要な役割を果たした。 タワーの一枚岩のシェルはイスタンブールのアジア側を横切って変形し、展望フロアは148.50mと153mにある。 一方、高さ175.50mと180mのレストランフロアでは、モノリシックなケーシングがヨーロッパ側に変形している。

構造

タワーの高さは地上369.50メートルで、そのうち201.50メートル(+地下18メートル)が鉄筋コンクリート構造、168メートルが鉄骨アンテナの高さで、海抜は最高587メートルに達する。

コンクリートと鉄骨の大きな構造体は、3つの主要部分から構成されている;

  • 高さ13.50m、201.50mのポディウムにそびえる鉄筋コンクリートのシャフト。
  • トランジション・ゾーン、201,50mから220,50mまで
  • ステンレス製アンテナ:165.50m + 2.50m(埋め込み式) = 168m

チャムルカ・タワーは、100基の高品質の放送送信機を、互いに干渉することなく収容することができる。 同時に100チャンネルを送信できる世界初のラジオ・テレビ塔である。

ファサード

外側のファサードは17のセグメントで構成され、各セグメントは3階建て。 地上に設置されたセグメントは、1つずつ200mの最終レベルまで持ち上げられ、溶接された。 完成時には、27,000m2のファサード・クラッディングが行われた。

風力試験は、モニュメント構造の全体的な安定性を確認するために行われたが、ファサードのデザインを開発し、建物外壁の荷重がコンクリートコアにどのように作用するかを最適化するためにも使われた。

デザインされたファサードは、構造的に最適化されているだけでなく、居住空間が中央のコアを中心に放射状に広がるようになっている。

建築設計と建設手法の両面で高度なエンジニアリング技術が要求されるこのユニークなタワーでは、すべての設計特徴、建築計画、材料選定がこれらのプロセスを念頭に置いて行われた。

アンテナ

タワーの頂上には、コンクリートのコアに支えられた高さ168メートルのスチール製マストがあり、その高さは369メートル(海抜589メートル)に達する。

タワーの建設が完了すると、165.50mのアンテナとコンクリート構造物に埋め込まれた2.5mのアンテナが地上に設置された。 14のセグメントで構成され、溶接によって互いに接合されている。 タワーのコンクリート構造に取り付けることで、200メートルまで引き上げられた。 そのため、重心は固定点よりかなり上に保たれた。

チャミルカ・ラジオ・テレビ・タワーの技術的特徴

  • フラット総数:45+4=49
  • 鉄筋コンクリート構造:203.50m+18m=221.50m
  • スチールアンテナの高さ=165,50m+2,50m(埋め込み)=168m
  • 地上からの全高 201,50m + 168m= 369m
  • 海抜=587m
  • 構造高=369m+18m=387m
  • 展望台1= 148,50m、33階
  • 展望台2= 153,00m、34階
  • レストラン1=175,50m、30階
  • レストラン2=180,00m、40階

材料

構造は主に鉄筋コンクリートと鋼鉄製。

コンクリート

このコンクリートは、基礎、地下壁、タワーコア、バットレス、リンクビーム、ドリフトコントロールの設計に使われた。

深さ18メートルのコンクリート基礎の上に建てられている。 その断面は楕円形で、主軸は13mと16m、頂上に向かって小さくなっている。 タワーの各階の高さは4.50メートル。

スチール

鋼鉄は、基壇と屋根、展望デッキの設計、垂直方向のたわみと床振動の制御、トランジションゾーンの建設、アンテナの設計に使われた。

ファサードを覆うために使用されるセグメントの重量は960トン。

照明

このイスタンブールのシンボルの照明デザインは、このプロジェクトで重要な役割を果たした。 デザインのスピリチュアルな側面を強調するために、さまざまなトーンや色と白い照明を組み合わせたメディア・ファサードが選ばれた。

タワーはデジタル伝送インフラに合わせて建設された。 しばらくの間、イスタンブール市民は、チャムルカ・タワーの照明で16.7,000の個別に制御可能なポイントで使用される6,200万色の色調を楽しむことができた。 このシステムは、この分野でこれまでに作られた中で世界で最も包括的なソフトウェアによって実現されている。

ビデオ

図面

by Balkar

写真

Fotos WikiArquitectura (Julio 2021)

Planta cimentación
Muro cimientos
Núcleo
Techo podio
Zona transición
Antena
Sección