Alternative Architecture: exploring what could have been with Artificial Intelligence
アソシエイト・アーキテクト
ウィリアム・チルトン
構造エンジニア
アラップ
建設会社
セイフ・エンジニアリング
ディベロッパー
キングダム・ホールディング・カンパニー
建築された年
1999 - 2002
高さ
302,3m
最上階の高さ
290,4m
76,8m
41
エレベーター
45
土地面積
94230m2
建築面積
183806m2
費用
1000 millones dólares
位置
キング・ファハド・ロード、リヤド、サウジアラビア

はじめに

アル=ワリード・ビン・タラール王子が主導した国際コンペで選ばれたこの壮大なビルの建設プロジェクトは、エラービー・ベケットと オムラニア&アソシエイツのスタジオによって提出された。 建設には国際的なコンサルタント・チームも参加した。

この複合用途タワーは、リヤドの街を象徴するユニークなデザインが採用されている。シンプルな楕円形のタワーの上部にはカーブした開口部があり、その上部には長さ56mの展望ブリッジが架かっている。 この印象的な開口部は、サウジアラビアの首都のほぼ全域から見ることができる。

そのデザインは数々の賞を受賞している:エンポリオス・スカイスクレイパー賞2002、アメリカ建築家協会(AIA)建築部門名誉賞、第27回国際デザイン・開発賞名誉賞など。

所在地

サウジアラビアの リヤドにある人口570万人の商業の中心地、アル・オラヤ地区の北東のアル・オラヤ通りと南西のキング・ファハド通りに挟まれたキング・ファハド通りに位置し、敷地面積は94230m2。

コンセプト

近代的な工学と建築の高みと形に到達しながらも、一枚岩の優美な構造を持つキンドーム・センターはイスラムの伝統にしっかりと根ざしており、イスラム世界の野心を表現している。 サウジアラビア 石油産出国から、金融、貿易、観光の中心地として世界的なプレーヤーへと変貌を遂げようとしている。 そのデザインは、上昇するにつれてやがて分離していく一枚の葉を抽象的に表現することで、新しい生命の形成と成長を表している。

塔のシンメトリーは、多様な幾何学的形態で知られるイスラム芸術の伝統を尊重している。 アル=ワリード・ビン・タラール王子は、パリの エッフェル塔や ニューヨークの自由の女神のように、一目でそれとわかるような自国の象徴を望んでいた。

スペース

キンドムセンターは、ヨーロッパと中東で最も高い複合施設のひとつで、3階建てのポディウム、高さ302mのタワー、3200台収容の駐車場、それに各種サービス施設という3つの主な構成要素を持つ。

サウジアラビア初のフォーシーズンズ・ホテル、高級住宅、コンベンション・センター、ショッピング・コンプレックス、礼拝堂、地下駐車場、キングダム・ホールディング・カンパニーの本社、展望台などがある。

建物には4つのエントランスがあり、ファサードごとに1つずつ、内部の主な機能にアクセスできるようになっている。 メインホールは楕円形の空間で、リブ構造の丸天井、高くなった歩道、噴水、ヤシの並木がある。 この楕円形は、一般に建築や装飾品に使われる刻印である。

建物内の移動は、45基のエレベーターと22基のエスカレーターで行われる。

西棟と東棟

塔の基部には、東と西に対称的な2つの棟があり、外には公共庭園、内部には異なる機能を持つ。

西棟には、2階建て、4,400m2のコンベンションセンターがあり、1,200名まで収容可能で、さらにプライベートミーティングルーム、ロイヤルスイート、レストランがホテルをサポートする。 スポーツ施設には、テニスコート、スカッシュコート、屋外プールがある。

東棟には、57,000m2の3階建てのアル・マムラカ・ショッピングセンターがあり、高級ショップ、バー、レストラン、レジャー施設がある。 モールのポディウムは、水平方向には各フロアをつなぐブリッジング・レイクによって中央のビル・スペースとつながっており、垂直方向には3層のキオスクがデザインを統一している。

モールの全階は女性専用で、伝統的なベールは義務付けられていない。 淑女の王国」として知られている。

事業所

5層吹き抜けのロビーアトリウムを含む最初の13階はオフィス用で、14階にはビジネスセンターがある。

逆アーチの真下、30階にはキングダム・ホールディング・カンパニーの本社もある。

ホテル

274室のスイートを擁する5つ星のフォーシーズンズ・ホテルは、オフィスの上の10階にある。

レジデンス

豪華なフラットとコンドミニアムは5階建てで、45戸に及ぶ。

祈りの部屋

サウジアラビアの習慣に従うため、礼拝室は複合施設の中に組み込まれた。 77階にはモスクがある。

駐車場

地下駐車場は3200台以上収容できる。

天文台

建物は逆放物線のアーチで頂点に達し、その上には展望台となる公共の高架橋があり、2基のリフトでアクセスできる。 第1エレベーターは高さ180mまで、第2エレベーターはタワー最上階であるスカイブリッジへの入り口がある99階まで40秒足らずで到達する。 高架橋の高さは300メートル、長さは65メートル。

構造

構造的には、建物は2つのシステムで構成されている:

  1. 最初の180メートルでは、鉄筋コンクリートの柱と梁が中央のコンクリートコアに接続され、3100m2、厚さ4メートルの強固な基礎まで荷重を支える。
  2. 高さ180mから上は、複雑な形状の逆カテナリーアーチを可能にするため、鋼管構造となっている。 この建造物の高さは120メートル。

高架橋は300tのわずかに湾曲した鋼管構造で、両側に窓がある。 横のスペースは左右が空いており、窓に沿って巨大な鉄骨の斜め格子とアーチ型の床がある。

材料

ファサード

建物は、青く反射するガラスでできた85,000m²の洗練されたカーテンウォールで覆われており、この土地の暑さと強い日差しに耐性がある。 また、構造体の戦略的な部分に設けられた一連のオープンノッチは、建物の3面に日射遮蔽効果をもたらしている。

逆アーチの開口部を囲む無人のフロアは、ガラスファサード全体とは対照的にメタルパネルで覆われ、建築を際立たせる完璧なフォルムを作り出している。 また、横方向にテーパーをつけたサイドウイングは、自然な空力形状を作り出し、渦の形成による砂漠の風荷重を軽減する。

ショッピングセンター

中央の吹き抜けを囲むように作られた大きなパンチングメタルのスクリーンは、天井にはめ込まれ、強烈な日差しを透過させながら、表面に模様を作り出している。

冷却

このタワーには、複合施設に適した最先端の建築システムが導入されている。

エネルギー効率の高い冷水蓄熱システムが、最も暑い時間帯にタワーを冷却し、エネルギー節約を可能にし、需要が最も低い時にエネルギーを引き出す。 表彰台には、ニーズに合わせた独自の冷却システムがある。 これらのシステムには、可変空気システム、一定空気システム、ファンコイルなどがある。

ビデオ

図面

Omrania

写真