NON-Architecture stories, in your inbox every Monday
建築家
構造エンジニア
ブロ・ハポルド
ディベロッパー
サウジアラムコ石油会社
設計された年
2007
建築された年
2008 - 2018
高さ
110m
18
土地面積
350000m²
建築面積
100000m²
費用
$400 millones
位置
サウジアラビア、ダーラン

はじめに

世界最大の石油会社であるサウジアラムコ・オイル・カンパニーによって建設・運営されているイスラは、アラビア語で「豊かさ」を意味し、文化的発展、知識、創造性、異文化への関与を促進することを目的としている。

スノヘッタ・スタジオが発表したプロジェクトは、有名建築家が参加した世界的な建築コンペで選ばれた。

2018年4月、キング・アブドゥルアジーズ・センター・フォー・ワールド・カルチャーは、サウジアラビアで初めて開催された第29回アラブ連盟サミットを主催した。

2029年、このビルはACIエクセレンス・イン・コンクリート・コンストラクション賞を受賞した。

所在地

センターは、1938年にサウジアラビア初の商業用油田が発見された繁栄の井戸の近く、ダーラン(アラビア語 الظهرانaẓ-ẓahrān)の砂漠地帯に建設された。建物は220000m2のナレッジパークに囲まれている。

コンセプト

スノヘッタ建築スタジオによって開発されたそのフォルムは、石油が採掘される岩層の内部構造にインスパイアされたもので、大きさの異なる岩石が多様性を象徴している。

センターは石の集合体として設計されており、それらはそれぞれ別々で大きさも異なるが、ひとつのユニットを形成している。 このコンセプトは内部にも及んでおり、岩の地下部分は過去を、地上のものは現在を、そして空に向かって高くなった部分は未来を象徴している。

スペース

このプロジェクトは5つの小石の形をした建物で構成され、それぞれ独立した別個の建物でありながら、岩の塊をシミュレートするようにまとめられている。 センターには博物館、図書館、映画館、劇場、展示ホールがある。 建物の各階はテーマ別に構成され、時代を通しての進歩を示唆するよう意図されている。

知識の塔

ナレッジ・タワーは、この複合施設の特徴的な “小石 “であり、建造物の中で最も高く、最もわかりやすい。高さ110mのナレッジ・タワーは、18階建てで、STEM科目(科学、技術、工学、数学)のさまざまなワークショップを年間を通じて開催している。

図書館、講堂、大ホールの3つの「小石」に囲まれたこの建物は、一見地上にあるように見えるが、その構造は、劇場のある左側の塔と、大ホール(要石)と図書館のある右側の塔に支えられて吊り下げられ、固定されている。

図書館

4階建ての同図書館は、アラビア語と英語で書かれた31万5000冊以上のあらゆる年齢層の本を閲覧することができ、同地域で最大級の図書館となっている。 また、子供向けのワークショップや読書クラブなどの学習プログラムも提供している。

大ホール

高さ13mの多目的スペースで、展示会やイベントを開催できる。

博物館

美術館は4階建てで、現代美術、サウジアラビアの遺産、イスラム文明、自然史と人類生態学というテーマ別に構成されている。

シネマ

国際的な長編映画やドキュメンタリーを上映するサウジアラビア王国初の映画館のひとつであることに加え、ワークショップや資金援助、トレーニングを通じてサウジアラビアの映画産業の発展にも努めている。

劇場

劇場面積は10000m2、座席数は900席で、国内外の演劇を上演するほか、演劇トレーニング・ワークショップも開催している。 一流の音響と木彫りのデザインで作られた。

構造

センターを構成する象徴的な構造物の複雑な形状や、サウジアラビアの砂漠地帯という厳しい環境は、プロジェクトチームにとって多くの難題となった。 それぞれの小石は、物理的にもプログラム的にもユニークだ。 「各要素は独立しているが、全体は部分の総和よりも大きい」(ゲシュタルトの公理)。

礎石が建物を支え、崩壊を防ぐローマのアーチのような構造的な鉄骨フレームで、「小石」は互いに支え合い、力を合わせて強力な一体感を生み出す。

このような高温環境で金属を使用すると、日射取得や外皮への熱の蓄積、さらには砂の摩耗に対する耐性の必要性など、さまざまな問題が生じる。

ファサード

エンベロープ構造は、多角形のスチールグリッドで構成され、スチールサポートと鉄筋コンクリートスラブからなる一次構造を囲んでいる。 台形鋼板、断熱材、スタンディングシームシートメタルのサンドイッチ構造に組み込まれた2つ目の鋼管グリッドが、望ましい有機的な形状を正確に形成した。

防水ケーシングとパイプの間は平行になっている。 パイプは建物の外壁に固定され、ケーシングとパイプの間に圧力や熱の移動が生じないようになっている。

建築家のビジョンを実現するため、エンジニアはBIM建築情報管理ソフトウェアと組み合わせてRevitモールディングソフトウェアを使用した。

材料

絶え間ないカーブを描く建物の外観は、全長350kmのスチールパイプですっぽりと包まれ、30260m2のファサードに独特の美しさを生み出している。 一部のチューブは平らにされ、ルーバー状の開口部が設けられている。

環境保護の観点から、この建物は現行のLEED基準に従って設計され、生態系への悪影響を最小限に抑えている。 周囲の庭園では、水の使用を最小限に抑え、乾燥した土地に耐える砂漠の種が選ばれた。 ナレッジパークには15,000本以上の植物が植えられた垂直庭園がある。

屋外エリアの照明は、建築の自然な言葉と調和している。 日中は、照明器具の有機的なデザインが周囲の公園の景観に完璧に溶け込む。 夕暮れ時には、4本のアームと4つの照明ヘッドを備えた高さ7メートルのポールが、周囲を心地よい光で包み込む。

ビデオ

図面

Snøhetta

写真

Snøhetta

Otras fotos

 

 

 

Concepto