NON-Architecture stories, in your inbox every Monday
構造エンジニア
アープ
電気技術者
バルフォア・キルパトリック
建設会社
ボヴィス建設
ディベロッパー
グラスゴー市議会
建築された年
1995 – 1997
高さ
40m
65m
長さ
120m
4
建築面積
13.000m2
費用
£ 26M
位置
英国スコットランド、グラスゴー、フィニエストン、エキシビション・ウェイ

はじめに

1990年代初頭、会議場市場はスコットランド企業の潜在的成長源として注目された。 このアプローチに基づき、SECC(スコットランド・エキシビション&コンファレンス・センター)の理事会は、新しいフラッグシップ・ビルを建設して既存の展示スペースを拡張し、グラスゴーの施設を拡大するという野心的な計画を打ち出した。

新しいクライド・オーディトリアムは、国際会議を開催し、1999年の英国建築・デザイン都市としてのグラスゴーの役割を際立たせるランドマーク的な建物を世界に紹介したいという国の要望に応えて構想された。

建築家ノーマン・フォスター卿と彼のチームによって設計されたこの建物は、グラスウェーの人々からしばしば「アルマジロ」と呼ばれ、非常に厳しい予算で建設され、1997年に完成した。

ワールドクラスの企業イベントには、壮大なスケールのプレゼンテーションを開催できる会場がますます求められている。 会議、展示会、ライブ・パフォーマンス、コンサート、企業行事など、親密なものから大規模なものまで、あらゆるレベルのスペースをフレキシブルに組み合わせることができる施設はほとんどない。 SECアルマジロは、これらの要件をすべて満たす英国初の会場であり、3000人以上を収容できるヨーロッパで4つしかない会場の1つである。 建物は窓がなく、秘密めいたもので、その形態は見る者にその機能を何も知らせない。 中に入ると、外側の封筒がどのようなものか想像するのは難しい。 その構造は、建築模型としての役割を提供し、講堂としてうまく機能しているが、意義のある「フォスターの建物」を期待する人にとっては、ここはその場所ではない。

所在地

CECアルマジロは、スコットランドの グラスゴー市中心部の西、スコットランド・エキシビション&コンファレンス・センター(SECC)に隣接するクライド川北岸のクイーンズ・ドック、フィニエストン・ストリートにある。 SECCコンプレックスを補完し、能力を向上させるための新ビルの計画は1995年に開始された。

コンセプト

非常に限られた予算の中で、複雑なプログラムを構成するすべての要素(観客席、展示ホール、ホワイエなど)を低コストで実現することが課題となった。

この解決策は、クライド川の造船業の伝統と、グラスゴーのクイーンズ・ドックに隣接するSEC会議センターの精神を受け継いでいる。 建築家たちは、平らなシート素材を使い、それを一連の骨組みになったシェルの被覆に使用し、講堂の浮き塔を含む異質な要素を包み込んでいる。 アルミニウムで覆われた重なり合うシェルは、昼間は反射し、夜はライトアップされ、水平線上に特徴的なプロフィールを作り出す。 アルマジロの愛称で親しまれるこのデザインは、クライドの造船業の伝統にちなみ、連なった船体をイメージしている。

スペース

訪問者は東側からこの施設に近づき、アーチ型の屋根が平らなガラス張りの壁を縁取るキャノピーの下に入る。 登録エリアから、参加者は300席の会議室に入るか、2階のホワイエに上がることができ、ホワイエは講堂と関連する展示スペースや休憩スペースのネットワークにつながっている。 これらすべての要素を包み込むことで、建物はその場所に焦点を当て、街を象徴する形となる。 これにより、グラスゴーは国際的なビジネス目的地としての評判を高め、世界中の会議・展示施設と競争できるようになった。

この産業用劇場の内部では、さまざまなイベントに対応できるよう、ニュートラルでアメニティに富んだ環境が求められる。

会議場としては技術的に最先端であり、ステージ後方には完全なウィングと設備があるが、大型トラックがステージに直接アクセスできるほどフレキシブルである。

オーディトリアム

最高レベルの最新会議技術を備えたオーディトリアムは、カスタマイズやブランド化も容易です。 17.3×4.5mのフロント・プロジェクション・スクリーンを備え、ソフト・エッジ・プロジェクション・システムを組み合わせることで、ビデオ用とパワーポイント用にレイヤーを分けたダイナミックなバックドロップが可能となり、インパクトのある映像を提供します。

ヨーロッパ有数の会議場として、クレイド・オーディトリアムは数え切れないほどの会議、カンファレンス、企業イベントを開催してきた。 完全にフレキシブルなこの会場では、国内外の主要な会議の本会議も開催できる。

広さ2285m2、41,5×39,0x26,0m、3階建てのホールは、1183~3000人を収容でき、1階は1200人の出席者が単独で使用できるように慎重に設計されている。

コンサートとイベント

幅18メートル、奥行き12メートルのステージを持つ講堂は、コンサートやイベントにも理想的だ。 その技術設備は一級品で、最新のオーディオ・ビジュアル、照明、音響システムを備えている。 5つの楽屋、2つのプロダクション・オフィス、ダイニング・ルーム、アーティスト用のケータリング、シャワー・トイレ、無線LAN、救急設備があり、アーティストの到着と出発のために近くのホテルとつながる廊下もある。

ステージへの車の乗り入れは、屋根付きの搬入口を経由する。

ガラ・アンド・フォース

これらの劇場形式の小ホールは、大ホールを補完するものである。 階のフォースは340人を収容できる。

14.8×10.6×2.6m、154㎡、150人収容の1階ガラ・ルームは2つのスペースに分割でき、それぞれ60人収容のシアター・スタイル。

また1階にはファース・バーがあり、カジュアルな会合やレセプションに利用できる。

構造

このようなシンプルな外観フォルムは、本来シンプルでエレガントな構造をしていると思われるかもしれないが、実際にはインテリアの要求がそれを否定しているのだ。

屋根付き構造

鋼鉄製の屋根構造は、管状の構造用プロファイルから形成され、平らなアルミシートで覆われた一連のアーチ型トラスに基づいている。

屋根構造の設計は、8つのシェルの建築的モールディングをコントロールする役割を果たしながら、アーチの節となるポイントを定義する大規模な幾何学的解析によって開始された。 その結果、半径38mのシリンダーができあがった。 すべてのパーツの基本的な曲率が達成されるまで、シートをあらかじめ曲げないというこのシンプルなコンセプトは、より経済的なエンベロープにつながった。

より大きな鋼鉄製のケーシングは、構造物のバランスを取り、支えるために使われ、2つの固い点でフローティング・タワーに結ばれていた。 そのブレースシェルを使って、他のアーチを吊るした。

熱効果に対するアルマジロの反応は、大きなアコーディオンのようで、ガラス張りの壁の上にある先端の東端で大きな動きがある。

フロアプレート

講堂とフローティングタワーを囲むフロアプレートは、講堂のスペース、流通通路、循環スペースをフレキシブルに利用できるようにする。 さらに、大屋根の支持構造から講堂のコンクリート壁にスラスト力を伝えるという副次的な機能もある。

コンクリート壁

囲いを囲むコンクリート壁の建設に入るため、地上レベルに梁が設置された。 これらの壁にはいくつかの機能があるが、その中でも最も重要なもののひとつは、大講堂を収め、3つの階に通じる階段を支えることである。

2つのアーチはコンクリート壁にブレースで固定されているが、その主な機能はアーチ型の鉄骨屋根を支えることではなく、特にフライング・タワーの頭部で横力に抵抗するのに役立っている。 屋根とコンクリートを接続する必要がある箇所には、壁の支持構造と、より柔軟な鋼鉄製の屋根とで振動が異なるため、ムーブメントサポートを設置した。

材料

その構造は、コンクリートの壁にアルミパネルとスチールの支柱、そしてガラスが組み合わされている。

エントランスホールのファサードは、810m2のアルミフレームのガラスパネルで構成され、中央で斜めに接し、アーチ型の鉄骨梁の格子で支えられ、保護庇を作り出している。

建設には1800トンの構造用鋼材が使われ、中空断面、柱、梁で構成されている。 このうち900トンは、主に講堂の床とバルコニーを支えるための中空部分である。 最大15.5mのカンチレバーは、動的に設計された桁プレートで作られた。 幅60m、高さ45mの最大のアーチは、シェルが要求する楕円形に曲げられ、正確な形状になるようにワークショップで溶接された。

プレキャストコンクリートの座席は、講堂のバルコニー梁スラブの間に設計され、手すりと現場固定具を一体化して打設された。

クライド・オーディトリアムは、平らなシート材を使い、それをフレームに収めた一連の「シェル」を覆っている。 アルミニウムで覆われた重なり合うシェルは、昼間は反射し、夜はライトアップされ、水平線上に特徴的なプロフィールを作り出す。

舞台床から21mの位置には、20tの荷重を支える鉄骨梁で構成されたグリッドが配備されている。

図面

写真

Foster & Partners

Otras fotos

Emplazamiento
Sección
Planta baja
Planta 1
Planta 2
Planta 3
Planta 4
Distribución pb
Secuencia construcción
Estructura acero cubierta
OLYMPUS DIGITAL CAMERA