NON-Architecture stories, in your inbox every Monday
テクニカルアーキテクト
ジュリー・バーネル
エンジニア
デヴィッド・グローバー
構造エンジニア
アコム
建設会社
ステージ・ワン・クリエイティブ・サービス
建築された年
2020 - 2021
高さ
7,25m
土地面積
541m2
建築面積
350m2
位置
イギリス、ロンドン、ケンジントン・ガーデンズ

はじめに

COVID-19の危機により、サーペンタイン・パビリオンのオープンは20年ぶりに延期された。 2020年に予定されていたオープンは2021年に延期された。 サーペンタイン・ギャラリーのアドバイザーであるイギリスの建築家デイヴィッド・アジャイは、次のようにコメントしている。サーペンタインは、今日の社会を再構築している遅さを受け入れ、これを利用して建築家とのより深い関係を築くことを選択した……」。 待ちに待ったサーペンタイン・パビリオン2020 – 2021が、2021年6月11日についにオープンした。

カウンタースペースが設計したこの施設では、ライブの出会いがある「パークナイト」シリーズが再び開催されるほか、サーペンタインの長期的な環境プログラムの進展を示すミニ・フェスティバル「バック・トゥ・アース」が開催される。 敷地外には、パビリオンの破片が市内4カ所に配されている。

リスニング・トゥ・ザ・シティ」プログラムは、サウンド・アーティストのアイン・ベイリーと「クリスタルズ」がパビリオンに設置した新しい提案で、ロンドンの音と物語を取り上げる。 アーティスト、ジェイ・バーナードのサウンド・ワーク「OF THIS SOCIAL SUBSTANCE」をはじめ、若者や家族向けのライブ・パフォーマンス、ワークショップ、イベントなど。

所在地

このパビリオンは、イギリスロンドンのサーペンタイン・ギャラリーの庭、ケンジントン・ガーデンズの東ウィング向かいに毎年建立されている。

パビリオンは、ブリクストン、ホクストン、ハックニー、タワー・ハムレット、エッジウェア・ロード、バーキング・アンド・ダゲナム、ペッカム、ノッティング・ヒルなど、移民コミュニティと特に関係の深い地域の礼拝所、市場、レストラン、書店、文化施設の建築を参考にしている。

パビリオンの4つの断片が ロンドン中の選ばれた場所に設置され、即席の集まりや交流を支援・促進し、長い間コミュニティを支えてきた場所を称える。 これらの断片を主催するパートナーは以下の通り:フィンズベリー・パークのニュー・ビーコン・ブックス、英国初の「ブラック」文学出版社兼書店、ノッティング・ヒルの多目的施設兼コミュニティ・センター、ザ・タバナクル、デプトフォードのアルバニー・アート・センター、そして今年、英国最大の市営団地の100周年を記念して設立された、バーキングとデゲナムのヴァレンス図書館にある新しいベコントリー・フォーエバー・アーツ&カルチャー・ハブである。

コンセプト

2020-2021年のサーペンタイン・パビリオンのデザインは、ロンドンの過去と現在の集いの場、組織の場、帰属の場に基づいている。 パビリオンのフォルムは、さまざまな場所から、親密さのスケールが異なる建築要素を抽象化し、追加し、重ね合わせ、つなぎ合わせた結果である。 物質的には、コルクとマイクロセメントで成形され、異なるテクスチャーで仕上げられたパターンを通して、これらの空間がパビリオンで一体となっている。

礼拝所、市場、レストラン、本屋、地元の文化施設など、ロンドンの集いの場、コミュニティーの場、文化的生産の場など、街中の移民コミュニティーに特に関係の深い場所の建築を参考にしている。 これらの場所の一部はパビリオン内に物理的に配置され、新たなミーティング・スペースを形成している。

スペース

経路

パビリオンへは、西側に1本、南側と南東側に2本の計3本の道路が通っている。 幅はそれぞれ1.9m、14.5m、6.3m、5.6mで、足の不自由な人がアクセスしやすいように平らになっている。

カフェテリア

パビリオンには、総面積8.4mの小さな書庫を備えたカフェテリアと、2.5×0.8mの来客用バーがある。

タラクソス

ソフィア・アル=マリアの彫刻作品『タラクソス』は、ケンジントン・ガーデンズの夏至の日にお披露目された。 タンポポの形からインスピレーションを得たこの彫刻は、考え、耳を傾けるための瞑想的な空間として構想されている。

構造

鉄骨構造は構造上必要な部分のみに使用され、それ以外の部分には持続可能な木材が使用された。 彫刻のようなフォルムは軽量合板で作られており、パビリオンの運搬、建設、解体、将来的な移設が容易にできるようになっている。

ケンジントン・ガーデンズに位置するこのプロジェクトでは、恒久的な基礎や地面の侵入物を設置することはできず、パビリオン撤去後は芝生とともに元の状態に戻さなければならない。 しかし、恒久的な水道と電気のインフラは、地下水の減衰と隣接する排水路への接続とともに設置されている。

約350平方メートル、高さ6メートルを超えるこの建物は、近年サーペンタイン・パビリオンで最も高く、最も大きな建造物のひとつである。

屋根

屋根の形状はほぼ円形で、最大半径は10.5m、床スラブの直径は20.6m。

屋根の支持構造は、下部構造に直接接続されたピン柱と格子柱の間にまたがる鋼鉄グリッドで構成されている。

15本の垂直型枠に13本の非構造柱が隠されており、そのうちの何本かは天井面より突き出ていて、高さは7.25mに達する。 屋根の高さは最大6.8m、内部の高さは最小4.45m。

多くの仮設建築物とは異なり、パビリオンのデザインは永続的で、その環境に属しているような雰囲気を持つことを目指していることが多い。 カウンタースペースが設計した背の高い細長い上部構造は、荷重を支え、景観と安全にアクセスできる集会スペースとのシームレスな統合を可能にするため、浅いコンクリートベースを必要とする。 切土と盛土の量はバランスよく配分され、コンクリートと補強材の使用は可能な限り最小限に抑えられている。

材料

その構造は、マイクロセメントで覆われた再生スチール、コルク、木材で作られている。 異なる質感、ピンクとブラウンの色合いは、ロンドンの建築物から直接引き出されたもので、光の質の変化を表している。

チームは、クラッドに菌糸体を使用したり、基礎にカーボンフリーのコンクリートを使用するなど、革新的で持続可能な素材を探求した。

バイオマテリアル

サーペンタイン・パビリオンの建設にバイオマテリアルを使用することで、コンクリートの排出量を「補って余りある」と建設会社のアエコムは言う。 つまり、解体されるまで、排出するCO2よりも排出するCO2の方が多いということだ。 AECOMが実施したライフサイクル分析(LCA)によれば、この仮設構造物は、建設に使用された木材やその他のバイオマテリアルによって、約60トンの二酸化炭素を排出し、約91トンを吸収する。 コンクリート・ベースはパビリオン撤去後にリサイクルされる。

カーボン・マイナス

ビルがカーボン・マイナスとなるためには、ライフサイクル全体を通じて、そのビルが排出する以上の大気中の炭素を隔離する必要がある。

AECOMが提出した10ページに及ぶ文書によれば、パビリオンのコンクリートベースが排出するCO2は44トンに相当し、排出量の割合が圧倒的に高いという。 残りの16トンは、鋼製棟木、ポリカーボネート、防水膜などの屋根材、コンクリートブロック、マイクロセメント仕上げ材、塗料、および道路建設に使用される材料から排出される。

しかし、これらの排出量は、パビリオンの建設に使用された木材、合板、コルクに固定された炭素によって相殺される。

アセスメントは、輸送や構造物の解体を含む建設期間全体の排出量を考慮したeToolLCD LCAソフトウェアを使用して、建設前に実施された。

リサイクル素材

歴史的に、パビリオンは革新的な素材を紹介する場であり、今年はアルミニウムとコンクリートという当初のコンセプトを受け継ぎ、その代わりに再利用可能な素材や再利用素材を採用することに重点を置いた。 したがって、パビリオンは社会的な持続可能性をその中心に据えているだけでなく、環境面でも多くの肯定的な評価を受けている。

初期の研究と実験では、建設廃材を再利用した不焼成レンガや、菌糸体のような生物由来の材料を使用した。 一次鋼材はすべて、他の廃炉プロジェクトで使用されたものを再利用している。 一般的に、二次構造は合板で覆われた木造フレームで構成されている。

クラッドに使われたコルクはワイン産業の副産物で、マイクロセメントは石灰と大理石製造の廃棄物から作られた。

プログラムの厳しい制約の中で、このような大規模かつ幾何学的に完成された計画でこれらの素材を使用することは、今年にとっては遠すぎる一歩であることが証明されたが、建設業界で使用できる大きな可能性を秘めていることは明らかである。

ビデオ

図面

 

 

写真

Counterspace

 

HyperFocal: 0