Alternative Architecture: exploring what could have been with Artificial Intelligence
建築家
ディベロッパー
D.L. ジェームズ
建築された年
1918
1
位置
アメリカ合衆国、カリフォルニア州、カーメル・ハイランズ

はじめに

起業家で作家のD・L・ジェームズは、海を見下ろすカーメル・ハイランドの崖の上に土地を所有し、チャールズ・グリーンに家の建築を依頼した。 この土地に熱中した建築家は、現地を見た2日後には水彩画のスケッチを描き始め、その後4年間、花崗岩の家の細部に至るまで自ら監修し、設計した。

保全活動

1990年代半ばにメンテナンスと保存作業が行われた。 街灯を増設して外観の採光を改善し、煙突は通風と操作性を改善した。

所在地

ビッグ・サーの北に位置し、ポイント・ロボス自然保護区に近接するカーメル・ハイランズ( 米国カリフォルニア州中央部)の海岸を見下ろす崖の上にある。

コンセプト

アーチ型の窓も屋根瓦も、スペインのアーツ・アンド・クラフツ・ミッションのスタイルで、地中海の影響を感じさせるが、建築家はイギリスのコーンウォールの海岸沿いを旅した痕跡を、土地が海に向かって急傾斜しているところにアーチを配置して残している。

自然環境を妨げないよう、周辺にはその地域特有の樹木や低木が生えるようにした。

説明

グリーンの建築図面は、平面図とさまざまな立面図が組み合わされており、彼が家を全体として考えていたことがわかる。 最初の図面では小さな上階が描かれていたが、実際に建てられた家はすべての部屋がワンフロアに配置され、室内空間と眺望の連続性が生まれ、遮るものがなく外の海の広がりに匹敵する。

建築家は、外壁を崖から突き出たように作り、蛇行したプランは、通常の正面、側面、背面の立面図の論理を無視したもので、自然の石がどこで終わり、人間の仕事がどこで始まるのか、見分けがつかないほどである。

内装のデザインには、カモメや海草、大理石に彫られた貝殻など、周囲の動植物に対する建築家の感性が反映されている。

材料

家を建てるのに使われた材料は、地元の採石場から採れた砂岩を混ぜたもので、実質的にこの家が建っているのと同じ岩である。 この石の細長い破片は、不規則な幅の深い水平の亀裂によって切断され、互いに接近している。

単調になりがちな石組みの色彩を、地中海風の落ち着いたテラコッタ色の瓦で葺いた屋根が見事に色褪せさせ、煙突の上や所々に絶妙な割合で配されている。 この配分が建物内の適切なカラーバランスを形成している。

ドアと窓はサイアム・チーク材、ドア枠はバーモント産の白大理石でできている。 オーク材のベンチを使った、前面に蝶番のある造り付けの机のデザインは、建築家が建物の最も親密なディテールに深く関わっていることを示している。

図面

写真

Fotos archivo

Otras fotos

Dibujos
Planta