A different look into Architecture and Artificial Intelligence
構造エンジニア
ルメスリエ・コンサルタント
建築された年
1963-1966
高さ
118m
26
土地面積
18.615m2
建築面積
77.900m2
位置
アメリカ、ボストン、サドベリー・ストリート15番地

はじめに

ウォルター・グロピウスは1945年、8年間のアメリカ生活の後、TAC(ザ・アーキテクツ・コラボラティブ)事務所を設立し、設計プロセスの基本要素としてチームワークを推進した。 このコンセプトのもと、グロピウスはボストンの建築家サミュエル・グレイザーと共同で、アメリカ連邦政府の最も注目すべき建築物のひとつ、ボストンのジョン・F・ケネディ複合施設を設計する。

米国一般調達局は1961年、グロピウスとTACにボストンの近代的な連邦ビルの設計を依頼し、2年後に着工した。 1963年にジョン・F・ケネディ大統領が暗殺されたとき、関係者はこの複合施設をケネディの名にちなんで命名することを決定した。 2021年、この建物は国家歴史登録財に登録された。

所在地

サドベリー通り15番地にあるジョン・フィッツジェラルド・ケネディ連邦ビルは、ボストンのガバメントセンター地区、ケンブリッジ通り、ニューサドベリー通り、ニューコングレス通りに囲まれ、市庁舎広場に隣接し、米国マサチューセッツ州市庁舎の斜め向かいに位置する。 連邦ビルの建設は、この地区の改善に貢献した。

コンセプト

建物は1960年代の近代建築の一例である。 高いタワーと低いビルの組み合わせは、アメリカやその他の地域で広く使われている一般的な近代的形態である。

技術的には、2棟の26階建てのツインタワーと4階建ての低層ビルで構成されている。 ツインタワーにすることで、日当たりの良いオフィスの数を増やし、一枚岩の建物で生じる視覚的なかさばりを抑える。 一般的に、外観には装飾がなく、機能的である。

スペース

オフセットされた2つのタワーともう1つの低層部からなるこの建物は、18,615m2の敷地の45%しか占めていない。 残りの部分には、テラス、広場、広い庭園、日当たりの良い中庭、200台収容の駐車場に通じる車の出入り口がある。

外側の広場は、ほとんどの部分で石が敷き詰められ、歩道が横断している。 段差のあるコンクリートとレンガ造りのプラットフォームが、低い建物へと続いている。 凹型円筒形の珍しいコンクリート構造で、広場全体にベンチ席が設けられている。 4階建ての建物の周りには木々や低木が植えられている。

タワーズ

地上レベルでは、建物はガラス張りの通路、露出したアトリウム、2階建てのロビーで結ばれている。 駐車場もまた、最もボリュームの少ないタワーをつないでいる。

建築家は、従業員が効率よく快適に働けるよう、多くの特別なディテールを盛り込んだ。 専門スタッフが常駐する保健室、事務用品店、信用組合、複写工場などは、この複合施設で働く人々の利便性を考慮して設計されたスペースのひとつである。 ビル内のすべてのオフィスは、階段やトイレから46m以上離れていない。 ジム、様々なカフェやレストランがあり、スタッフが利用できる。

低層ビル

ガラス張りの通路が4階建てのビルとタワーをつないでいる。 これらと同様、低層ビルのファサードはコンクリートとガラスでできている。 垂直のスラブは柱となり、建物の水平性を遮り、片持ち梁のポーチによってアーティキュレートされたオフセンターのエントランスを作り出している。 張り出した1階部分は、来客用の屋根付き通路になっている。

麻薬取締局、移民局、内国歳入庁、退役軍人省、労働省、社会保障庁、厚生省、エリザベス・ウォーレン上院議員事務所、エドワード・マーキー上院議員事務所などが入居している。

彫刻

1963年、グロピウスと グレーザーは、モダンな抽象的フォルムを制作するアーティスト、ドミトリー・ハジの彫刻を目にし、このスタイルが連邦ビルにふさわしいと判断した。 画家はテルモピュライと呼ばれる美しく複雑なブロンズ彫刻の制作を依頼され、1966年に塔のひとつ前に設置された。

また1966年には、ロバート・マザーウェルが、タワーと下層棟を結ぶ通路の高い壁を占拠する「ニューイングランド・エレジー」と呼ばれる壁画を制作し、物議を醸した。

1968年、アーティストのハーベット・ファーバーは、中庭にある銅と鉄の抽象的な溶接彫刻「フルサークル:勇気の横顔」をデザインした。

構造と素材

建設に使われた主な材料は、鋼鉄、鉄筋コンクリート、ガラスである。 主要な垂直/水平構造要素とフロア・クロスオーバー・システムはいずれも鋼鉄製である。

タワーの外装はプレハブの鉄筋コンクリート製。 下部は磨き上げられた花崗岩で覆われている。 すべてのアルミニウムのグレージングには、ミディアムグレーのダークアルマイト仕上げが施されている。

窓の帯が塔を取り囲み、塔の角は丸みを帯びている。 基部と広場の高さには、柱で覆われた凹型の入口がある。 ビルの最上階は金属製のシャッターで保護されている。

2階建てのメインロビーは1994年に近代化され、花崗岩で覆われた壁がオリジナルの花崗岩の柱を引き立てている。 オリジナルのブルーストーンの床は、フレーム仕上げの御影石敷きに変更された。 オリジナルのセラミックタイルの天井は、建築後しばらくして不具合が出始めたため、改修時に石膏ボードの天井に張り替えられた。

図面

写真

Boston City Archives 

Otras fotos

Elegía Nueva Inglaterra
Full Circle: Profile in Courage
Termopilas