Reimagining Architecture: where Artificial Intelligence meets history
テクニカルアーキテクト
ステファン・ホフ
構造エンジニア
ルイジ・マルティーノ
ディベロッパー
ストラスブール輸送会社
設計された年
1998
建築された年
1999 - 2001
建築面積
28.000 m²
位置
フランス、ストラスブール

はじめに

ストラスブール中心部の混雑と公害の結果、市当局は新しいトラムサービスを開発した。 この構想の最初の部分は、ストラスブールを東西に走るA線の創設だった。 市民は、特別に設計された駐車場に車を置き、最も混雑している市内中心部へ行く新しい公共交通機関を利用するよう招待されている。

建設と並行して、沿線の要所要所で芸術的パフォーマンスを行うための委員会が設立され、たとえばA線ではアーティストのバーバラ・クルーガーとマリオ・メルツが参加した。

1990年末、この計画の第2部、南北に走るB線の計画が始まった。 この段階と介入の一環として、建築家ザハ・ハディドは新駅と新線の北端にある700台収容の駐車場の設計を依頼された。

2003年、ホーエンハイム北ターミナル・駐車場プロジェクトは、欧州連合(EU)の現代建築ミース・ファン・デル・ローエ賞を受賞した。

所在地

このターミナルは、フランスの ストラスブール都市圏の北の端、田園地帯の一角に建設されたが、駐車場の一角は新しい住宅団地の近くにある。

日中、この建物は構想された機能を十分に果たすが、景観に強いインパクトを与える「芸術的オブジェ」であるため、夜間は自然発生的な集会、パーティー、ショーの場となる。

「新しい建築は、過去の基準に挑戦し、用途や利用者に開かれた、ダイナミックでアクティブなプログラムを提供しなければならない」(Z.ハディド)。

コンセプト

ザハ・ハディド・アーキテクツがホーエンハイム・ノルトのために描いたビジョンは、力のパターン、電磁気学の分野での流れのアイデアに基づいている。 これは、ストラスブールのような都市部のライトレール・システムで使用される電力供給を考えれば、非常に適切なことである。

「私たちのコンセプトは、車、路面電車、自転車、歩行者のエネルギッシュな動きと呼応する、重なり合うフィールドを使うことです。駐車場では、地面のマークと電柱が “磁場 “を描いています」(ザハ・ハディド・アーキテクツ)

駐車場と駅計画の全体的なコンセプトは、自動車、路面電車、自転車、歩行者の動きとスピードを再現するフィールドとラインを重ね合わせ、それらが絡み合って絶えず動く全体を形成することである。 これらの “フィールド “は、それによって生み出される動きのパターンである。 それぞれに軌道と軌跡があり、スタティック・アタッチメントもある。 車から路面電車、電車から路面電車、自転車から路面電車といった交通手段の移り変わりが、駅、風景、文脈といった物質的・空間的な移り変わりとして提示されているかのようだ。 駐車スペース、路面電車のレール、遮蔽された側溝の地面に埋め込まれた照明器具、または支配的な流れを示す傾斜を持つ円筒形のマストによって、地面にマーキングされた力線が具体化される。

二つ目のコンセプトは、「折りたたむ」という考え方に基づくものだ。 建物全体、床、壁、屋根は、連続した折れ曲がったコンクリートの表面で接合され、景観と内部の公共空間の間に場所を作り出している。

スペース

全体として、路面電車の駅と駐車場は、地面、光、空間の統合を生み出している。 開放的な景観空間と公共的な内部空間の間の過渡的な瞬間を明確にすることで、「人工的な自然」という新しい概念を提供し、自然環境と人工環境の境界を曖昧にし、都市の市民生活を向上させることが期待される。

駅には、待合スペース、トラムとバスの終着駅、700台分の駐車場、自転車置き場、トイレ、切符売り場、売店などの基本プログラムがある。 駅の敷地面積は3000平方メートル。

各スペースの回遊機能は、光と開口部の立体的なグラフィックによって明確に定義されている。 床、天井、家具に施された光の帯は、全体としてシンクロし、エネルギッシュで魅力的な空間を作り出し、利用者に情報を与え、導く。

駐車場

駐車場の面積は25,000m²で、700台収容できる2つの部分に分かれている。 黒いアスファルトの床に白い線で示されたスペースは、敷地の一番低いところから南北に並び、敷地の境界線の湾曲に合わせて緩やかに曲がり、磁場図のように渦を巻いている。

細い照明柱が地面から立ち上がり、等しい角度と高さで傾斜し、駐車スペースのカーブに沿って規則的な間隔で配置されている。 両端を磁場の上に置いた鉄粉に似ている。 静的な要素と動的な要素をあらゆるスケールで組み合わせることを意図しており、これはプロジェクトを通して一貫している。

構造

アート作品に近いこのプロジェクトは、平坦で未開発の土地と密接かつ奇妙な関係を保っていることから、”ランド・アート “に関連したインスタレーションに例えることができる。 ハディッドが何度も言及していた「人工的な自然」。

このプロジェクトは、駐車場のレイアウトをなぞる照明ポールと、歩道から始まるジグザグの屋根で構成され、ストラスブール市の路面電車の駅を建設するものである。

カバー

コンクリートスラブは、上から見るとジグザグに曲がり、まるで浮遊しているかのように地面をかすめ、やがて折り重なるように上昇し、コンクリートを充填した傾斜した円筒形の鉄柱に支えられた屋根となる。 B線の終着駅の空間を区切るこれらのポールは、ライトの柱と同じ角度のセットになっており、屋根の下で待つ乗客や乗り込む乗客の動きに合わせて、断面や位置が異なっている。 コンクリートに施されたカットは、力学的なアイデアに貢献し、ラインの内部性についての不確実性を維持する。

自転車シェルターは、格子状の壁と自転車ラックの両方でこのパターンを繰り返している。

厚さ30cmのコンクリートスラブは、完全に水平でも垂直でもない面を持つように現場で作られる。 折りたたみのコンセプトは、可能な限り厚みを小さくすることだった。 コンクリートスラブは2段階に分けて打設され、伝統的な方法で形成された10センチの第1層と、第1層を覆う20センチの第2層が重ねられた。 構造上、壁は屋根と一体化している。

工場

平面的には、鋭角に左右にずれる構造で、ターミナルのさまざまな部分を巧みに描き出している。 壁には細長い長方形の開口部があり、目に見えない力場に沿って並んでいる。 開口部の中には、構造体を左右に貫通して自然光を取り入れるものもあれば、電気照明用のニッチもある。 日中、このような狭い天窓は外からの光を受けて目立つが、人工的に照らされた天窓は暗い。 夜間はこの状況が逆転する。 この変化するプラスとマイナスの二元性は、プラスとマイナスの電極や交流電流の変化といった電気の概念と戯れている。

材料

壁も屋根も打ち放しコンクリート製だった。

角度のついた緑色のガラススクリーンは、このモノクロームの傑作の中で事実上唯一の色であり、乗客の待合スペースとなっている。

ターミナルは明るい色の床面処理の上にあり、その床面は駐車場内をカーブして伸びている。 これは、自動車からトラム/バスへの移行、あるいはその逆の移行を制限するものである。

図面

Plano e imágenes Zaha Hadid Architects

[gallery ids="336022,336007,336012,336017"]

写真

by WikiArquitectura (junio 2019)

[gallery ids="335796,335801,335806,336001,335811,335816,335821,335826,335831,335836,335841,335846,335851,335856,335861,335866,335871,335876,335881,335886,335891,335896,335901,335906,335911,335916,335921,335926,335931,335936,335941,335946,335951,335956,335961,335966,335971,335976,335981,335986,335991,335996"]
Emplazamiento
Concepto
Boceto
Boceto