Unwritten Architecture stories, imagined by Artificial Intelligence
ランドスケープアーキテクト
マッギンレー・デザイン
エンジニア
WMAコンサルティング・エンジニア
構造エンジニア
ウィリアム・F・ベイカー(スキッドモア・オーウィングス・アンド・メリル
建設会社
ボビス・レンドリース
ディベロッパー
トランプ・オーガニゼーション
デコレーター
PMGアーキテクツ
設計された年
2001
建築された年
2005 - 2009
重量
360.000tn
高さ
415,14m
最上階の高さ
356,66m
92
エレベーター
26
建築面積
241.548m2
位置
米国イリノイ州シカゴ、ワバッシュ通り401N番地

はじめに

トランプ・インターナショナル・ホテル・アンド・タワーは、別名トランプ・タワー・シカゴ、地元ではトランプ・タワーとも呼ばれる超高層ビルで、ホテル、店舗、コンドミニアムが入居している。

不動産開発業者ドナルド・トランプの名を冠したこのビルは、スキッドモア・オーウィングス・アンド・メリルの建築家エイドリアン・スミスが設計した。

2001年、D.トランプはこの超高層ビルを150階建ての世界一高いビルにすると発表したが、2001年9月11日の同時多発テロの後、建設計画は縮小され、設計は何度も見直されてきた。 2009年の完成時には、同じくシカゴの ウィリス・タワーに次いで米国で3番目に高いビルとなった。

所在地

トランプ・タワーは、シカゴ川本流沿い、川に架かる一連の橋の向こうにミシガン湖への入り口を見下ろす、アメリカ合衆国イリノイ州シカゴ市ノースサイド付近の401N Wabash Avに位置する。

シカゴの2大新聞のひとつ、シカゴ・サンタイムズ紙の跡地に建てられた。 ミシガン・アベニューのマグニフィセント・マイルの西2ブロック、シカゴの劇場街のすぐ北に位置する。

シカゴ・ループ、ノース・ミシガン・アベニュー、リバーフロントをつなぐ公共オープン・スペースが誕生したのである。 タワーの南側は川岸に平行し、その基部はプロムナードのアンカーとなり、レストランやショップでプロムナードを活気づけるダイナミックな3層の歩道につながっている。

コンセプト

シカゴの建築事務所Skidmore, Owings & Merrill(SOM)、特に建築家のエイドリアン・スミスがこのコンテンポラリーなタワーを構想したとき、敷地、眺望、そして近隣の人々がそのデザインに影響を与えた。 建物の素材が近隣住民を反映しているのは事実だが、そのデザインが近隣住民との関係を伝えているとも言える。

このタワーは、複合用途の機能を反映し、川沿いの目立つ敷地の眺望を最大限に生かすように建てられている。 セットバックされたマシングは、タワーと隣接するリグリー・ビルディングや、西側にあるミース・ファン・デル・ローエ設計の IBMビルディングを結びつけ、周囲の状況とのつながりをもたらしている。

スペース

トランプ・タワー・シカゴは、商業スペース(7432.24m2)、960台分の駐車場、ホテル、高級コンドミニアムが一体となっている。

基部はワバッシュ通りから10メートル高くそびえ立ち、3層、約21.34メートル下ってシカゴ川に合流する一連の景観テラスに面している。 プロムナードには、店舗、歩行者用通路、オープンな歩行者用通路、公共の集会スペースがあり、川岸をさらに活性化させる。

3階から12階にはロビー、商業スペース、駐車場がある。 階を移動するごとに建物の構造が変わるため、フロアプレートや間取りは数階ごとに変わる。

歩道

このオープンスペースは、4046.86m2の景観の良い川沿いのプロムナードを作るだけでなく、シカゴのゴールドコーストのビジネス街であるノース・ミシガン通り(North Michigan Av)と、シカゴ・ループにつながる重要な回廊であるステート通り(State Street)を結ぶ歩行者専用道路となる。 タワーの北端、以前は荷揚げドックとして使われていた場所には、西側のウォバッシュ・アヴと東側のリグリー・ビルディングの アーケードを結ぶ、緑豊かで歩きやすい景観のリンクが作られている。

公共交通機関でタワーにアクセスできるようにするため、またロウアー・キャロル・ストリート沿いの将来の市バスコリドーに接続するため、ロウアー・イースト・ノース・ウォーター・ストリートへのバスレーンと降車場も計画された。

この大通りからの入り口は、大きな片持ちのガラスキャノピーが付いた円形のスロープで、駐車場レベルにつながっている。

ホテル

この339室のホテルは、2008年1月30日に宿泊施設とサービスを限定してオープンした。 2008年4月28日、宿泊施設とサービスを完備してグランドオープンした。 ホテルは17階から27階を占め、エグゼクティブ・ラウンジもある。

駐車場もホテルの一部も、他の工事が完了する2年前に稼働を開始したため、この物件は収益を上げ始めている。

レストラン

2008年初めにオープンした16階のテラス・レストランは、その料理、内装、立地、建築、眺望が絶賛された。

コンドミニアム

この超高層ビルには、ホテルの28階から89階まで、486戸の超高級コンドミニアムがある。 コンドミニアムとホテルの各住戸には、床から天井まで二重ガラスの半透明の窓があり、シカゴのスカイラインを一望できる。

54m2のスタジオから1325m2の最上階ペントハウスまである。 ほとんどの住戸の天井高は3.05mだが、ペントハウスは3.66mから4.88mと幅がある。

ペントハウスは86~89階に位置する。 87~88階にあるものは半フロアを占め、88階は全フロアを占める。

その他のスペース

9300m2の商業スペースに加え、レストラン、宴会場、14階のスパ付きジム(2137m2)など、さまざまなサービスを提供している。

構造

トランプ・タワーがシカゴの強風荷重に耐えられるよう、SOMは、しばしば「中央安定化構造」と呼ばれるコンクリート構造システムを採用した。 この建物は、中央のコンクリート・コアにコンクリート・アーム(スタビライザー)が主要な数階にわたって伸びている。

スタビライザーは、中央のコアと構造柱の外側のリングをつないでいる。 この工法は、SOMの建築家とエンジニアの同じチームが設計した世界一高いビル、ブルジュ・ハリファにも採用されており、設計の柔軟性と構造強度の両立を可能にしている。

コンクリート・コアは、230mm厚のフラット・スラブの施工を可能にし、周囲にスパンドレル部材がなくても9.1mのスパンを確保できるため、床の構造的な奥行きを最小限に抑え、天井を高くすることができる。 この中心核は、4つのI字型の壁と、建物の基部にある2つのC字型の壁で形成されている。 最後のセットバックとなるレベル51では、I字型の壁が2に減少する。

コア壁の翼の厚さは最大1.2メートルで、長さ12.5メートルの壁の厚さは通常460ミリである。

建築設計とエンジニアリングの専門知識を統合することで、チームはタワーの基部と上層部の両方で、大きな構造的支柱の量を最小限に抑えることができ、ファサードを開放的なガラスカーテンウォールで覆い、眺望を最大化することができた。 建物の下部にある直径1.8mの丸柱1本が、6,350,293.18kgを支えている。 そのため、主柱を少なくし、下層階では川岸のパノラマビューを、上層階では周囲の街のラップアラウンドビューを提供する。

ファウンデーション

敷地内の7階建てのビルが解体されると、新しいタワーの掘削と建設が始まった。

直径3mのケーソンシャフトは、シカゴの土壌に典型的な硬い粘土、転石、石灰岩を貫通して掘削され、基礎杭を設置する前にさらに1.8m掘削を続けた。 深さ36mに設置された後、鋼鉄で包まれ、穴はコンクリートで充填された。 その後、コアの下に補強材として鋼鉄の格子を入れ、木枠をつなぎ合わせるためのマットを作った。 打設は22時間に及び、深さ3メートルで3600m3のケーソンに支えられたマット基礎システムが完成した。

風荷重

シカゴの風の強い気候に対応するため、トランプ・タワーの丸みを帯びた表面とセットバックは、建築的な特徴を与えるだけでなく、風の力を最小限に抑えるのに役立っている。

建物のセットバックは、断面や形状の変化とともに、風の渦の蓄積を防ぎ、構造体にかかる全体的な荷重を軽減する。 ビルの居住者が感じる風による動きを打ち消すため、多くの超高層ビルでは建設時の加速度を抑えるダンパーが必要とされている。 この場合、建物の剛性と重量が非対称の背もたれと組み合わされ、タワーを横方向に支え安定させ、知覚できる動きを最小限に抑える。

バックトラック

タワーのファサードには3つのセットバックがある。 それぞれが、周囲の建物との「コミュニケーション」を可能にしながら、建築的に重要な隣人を指し示している。

各フロアはコンクリートスラブで仕切られ、ステンレス、ガラス、アルミのパネルがそれぞれのスラブに取り付けられている。

デザイン詳細

水がデザインに与えた影響の一例として、ホワイエの高さ10.6mの構造ガラス壁が挙げられる。 鉄骨の支えがなく、1階からぶら下がっているそれは、まるで大きな滝のようだ。

角度のついたガラスのフィンで構成された壁からは、海岸線が遮るものなく見渡せる。

塔の頂点にある尖塔は屋根線から60m高く、ビルの総高は415mに達する。 ファイバーグラスでコーティングされた構造用鋼の3つの部分から構成される尖塔は、基部の直径3メートルから頂部の直径1.2メートルへと細くなっている。 塔の屋根の最初の28メートルはクレーンで建てることができたが、頂上はヘリコプターを使わなければならなかった。

材料

高強度自己充填コンクリート、高出力ポンプ、安全で効率的な型枠システムなど、最近のコンクリート組成の進歩により、トランプ・タワーのような高層ビルの建設は、かつてないほど効率的でコスト効率の高いものとなっている。

コンクリート

建設には約4年を要し、137,620m3の鉄筋コンクリートと25,000tnの鉄筋が使用された。

面積3250~4180m2の下層階では、週に1フロアずつ打設が行われた。 レベル50以上、床面積1395m2、4日に1フロア。

アルミニウム、スチール、ガラス

ファサードは、不燃性のミネラルコア(ACM)を持つアルミニウム、ガラス、鏡面仕上げのステンレスの複合材で飾られている。 このマリオン・システムは、ガラスの表面から、密度と厚み、そして金属的な質感を提供する。

透明なガラスと軽い素材のパレットは、隣接するリグリー・ビルのディテールと白さを引き立てると同時に、タワーのきらびやかなファサードに貢献している。

タワーの入り口のひとつと駐車場につながる二重螺旋のスロープは半透明の合わせガラスで覆われ、夜間は逆光になって隣接する広場に提灯のような輝きを添える。

建物を覆う尖塔は、1120個の鋼鉄、7200セットのボルト、126枚のグラスファイバー製パネルで構成されている。

タンプの92階には、最高速度毎秒8メートルのKONEアルタ・リフト・システムが設置されている。

冷却

トランプ・タワーは、シカゴ川の水をビルの冷房に使用している。 冷却システムは使用済みの水を川に戻すもので、従来このような超高層ビルで使用されてきたコストのかかるポンプシステムを避け、屋根から水蒸気を排出する。

すべてのレジデンスはハードウッドフロアで、バスルームにはライムストーン、御影石または大理石のカウンタートップ、ワードローブには自動照明が備え付けられている。

図面

写真

Jaysin Trevino

Tracy Hall

Otras fotos

 

Planta hotel
Planta apartamentos
Programa
Alzados noroeste y sudeste
Detalle estructura