A different look into Architecture and Artificial Intelligence
エンジニア
デロン・ヘンプトン&アソシエーツ
構造エンジニア
A.エプスタイン・アンド・サンズ・インターナショナル
建設会社
シャル・アソシエイツ
建築された年
1988 – 1991
10
建築面積
69677,28m2
費用
$144 millones
位置
米国イリノイ州シカゴ、ステート・ストリート400番地

はじめに

ハロルド・ワシントン・ライブラリーセンターは、10階建て、69677.28m2(9階の庭園を除くと48309.58m2)のシカゴ市立図書館本館。 1991年の完成当時は、アメリカ最大の図書館であった。 主要な公共図書館の計画と設計のモデルとして認識され続けている。 この建物は、シカゴや中西部の神話や文化に由来する伝統的なモチーフと、ポストモダンの建築様式が秩序正しく融合したものである。

このビルは、アーバン・ランド・インスティテュート(Urban Land Institute)からそのデザインに対して優秀賞を授与された。

歴史

1987年、シカゴ初のアフリカ系アメリカ人市長であるハロルド・ワシントン市長は、サウス・ループ地区に新しい図書館を設計・建設するためのコンペを提案した。 市議会は、プロジェクト資金調達のための1億4,400万ドルの債券発行と同時に承認を与えた。

1988年6月、11人の市民からなる審査員団は、デザインとコストに基づき、建築家SEBUSグループによるプロジェクトを賛成9票、反対2票で選出した。 トーマス・ビービー より ハモンド、ビービー&バブカ社シャル・アソシエイツがゼネコン、A.エプスタイン・アンド・サンズIntが構造エンジニア兼建築家、デロン・ヘンプトン&アソシエイツが建築家兼エンジニア。

審査委員長のノーマン・ロスは「……この建物は信頼できる。 … 図書館のようだ。 それだけだ…”

図書館の完成は、サウス・ループ地区の変革の始まりとなった。 何年もの間、ステート・ストリート・サウスは悪徳業者に悩まされていた。 しかし今日では、住宅地として栄え、いくつかの大学が存在感を示している。 コロンビア・カレッジ、デポール大学、ルーズベルト大学、ロバート・モリス・カレッジの分校には何万人もの学生が通っている。

図書館理事会は、1987年11月25日に亡くなったシカゴ公共図書館の支援者であり、本をこよなく愛した故ハロルド・ワシントン市長にちなんで新館を命名した。

所在地

サウス・ループ、400 S.State St,Chicago,USAにあるハロルド・ワシントン・ライブラリーセンターは、シカゴの主要な公共図書館である。 北はヴァン・ビューレン・ストリート、南はコングレス・パークウェイ、東はステート・ストリート、西はプリマス・コートに囲まれた街区全体を占めている。

1991年10月7日に一般公開された図書館は、かつての青空駐車場の跡地を利用している。

コンセプト

20世紀後半のアメリカ建築の一例というだけでなく、この建物を飾る装飾、図像、寓意的な人物は、シカゴの歴史と文化へのオマージュである。

フクロウ

ハロルド・ワシントン図書館の最上階から見下ろす5羽の巨大なフクロウ。

建築家 トーマス・ビービー は当初、建物の入り口に1羽のフクロウを飾ることを想定していた。 彼は建築装飾の彫刻家として全国的に有名なケント・ブルーマーに相談し、スケッチを描き直した。 エール大学の教授であるブルーマーは、かつての教え子で彫刻家のレイモンド・カスキーにフクロウのデザインを依頼した。 キャスキーとブルーマーは、建物のファサードの装飾でも協力した。

高さ3.66m、頭部0.91cmのメンフクロウが4羽、建物の屋根の角に飾られている。 幅23メートル、高さ12.19メートルの葉と種子のさやが渦を巻いている。 これらの装飾品は成長と知恵を表している。 種のさやは、古くから知識の象徴とされてきたフクロウに変身する。 フクロウは攻撃的な姿勢で描かれており、翼の高さは2.5メートルもある。 片方の爪はルーズペーパーをつかみ、もう片方の爪は攻撃態勢に入っている。

ミミズクはステート・ストリートにあるビルの正面入り口の上にいる。 高さ6.10メートル、重さ3トン。 このフクロウは開いた本を握りしめ、翼を広げて今にも飛び立とうとしている。

スペース

シカゴの象徴的な建物の中にそびえ立つハロルド・ワシントン図書館は10階建てで、アメリカ最大級の図書館として知られている。 この建物を手がけたハモンド、ビービー、バブカの3人の建築家は、モダニズムに歴史的背景を取り入れたデザインで知られ、しばしばポスト・モダン・デザイン運動に属すると評される。

書架スペースのほか、2337人収容の閲覧席、385人収容の講堂、450人収容の多目的会議室、ビデオルーム、オリエンテーションルーム、パブリックレストラン、図書室、教室がある。

外部

大胆なポストモダンのこの建物は、その機能を伝え、その立地を称え、先人の建築に敬意を表する何十ものシンボルを掲げ、ストーリーを語ろうとしている。

例えば、建物の破風の各角とステート・ストリートの正面入り口の上に止まっている大きなフクロウは知恵を表し、内部にある113kmの本棚の巧妙な宣伝の役割を果たしている。 コーニスと人物の両方が、この建物の象徴的な図像を形成している。

ファサードは、ボザール様式にヒントを得た花崗岩と赤レンガの大きなブロックで覆われているが、西側のプリマス・コートの上はほとんどがガラス、スチール、アルミニウムで覆われており、最上階の破風も同様である。

花崗岩のブロックとレンガの間の仕切りには、ローマ神話の農業、植物の成長、豊作の女神であるケレスの顔が描かれたコンクリート製のメダリオンがあり、トウモロコシの穂に囲まれている。

建物の北側、東側、南側には5階建てのアーチ型の窓がある。 窓の間にはロープの彫刻が施されたフリーズがある。

内部

東口、北口、南口は一般客用のホワイエに直結しているが、西口はオフィスに直結している。

地下1階:385席のシンディ・プリツカー公会堂、公会堂に隣接する63席のビデオシアター、多目的ルーム、展示ホールがある。

アフリカン・マホガニーのパネル、9.14×9.14mのステージ、さらにウィングにもスペースがあり、オーディトリアムは抜群の見通しの良さ、優れた音響補強、劇場用照明を備えている。 さらに、2つのドレッシングルームと、テクニカルブースとインターホンシステムで結ばれた部屋がある。

また、この階には大理石の壁と白いモザイクが施されたホワイエがあり、オーディトリウムのイベントの受付を行う。

1階:中央ホワイエは2階建てで、カウンター、インフォメーションデスク、ピープルズライブラリー、マルチメディアスペースがある。 壁に茶色、オレンジ、ピンクのラインが引かれた廊下が中央閲覧室に続いている。 図書館の東側には、利用者のための50の小さな閲覧スペースがある。 10室の閲覧室は、ステート・ストリートに沿って広がる大きなアーチ型の窓から自然光がたっぷり入る。

ホワイエの中央には丸い開口部があり、下のスペースが見渡せる。 芸術家ジェイコブ・ローレンスの色彩豊かなモザイク画とヒューストン・コンウィルのコスモグラムが、この壮大な舞台を完成させている。

:1階にはトーマス・ヒューズ子供図書館がある。

3階:3階には、一般利用のコンピューター、定期刊行物、図書館間貸出部門、一般情報サービス、ライブラリークリエーションスペースがある。 小会議室もある。

4階:4階にはビジネス、一般科学、テクノロジー関連の記事が掲載されている。

5階:5階には政府刊行物、シカゴ市の資料、地図、盲人、視覚障害者、身体障害者のためのセンターがある。

6階:6階には社会科学と歴史の資料がある。

7階:7階には文学や言語学の資料、著名なポーランド人彫刻家イエジー・ケナールの作品が展示されている。 着席25名までの小会議室もある。

8階:8階にはビジュアル&パフォーミング・アーツの資料、音楽練習室、視聴覚室がある。

9階:9階にはウィンター・ガーデンがあり、読書室として、また社交の場として貸し出すことができる。 このフロアには、展示室、特別コレクション、レストラン、書籍保存のための研究室もある。

ウィンター・ガーデン

着席で400名、シアター形式で500名を収容できるウィンター・ガーデンは、ハロルド・ワシントン・ライブラリー・センターの建築の中心的存在である。 このエレガントで広々としたアトリウムは、テラゾと大理石の床と、部屋全体に広がる16mのガラス張りのドームが特徴。

10階:10階は一般公開されていない。 庭を見渡せる図書館のオフィスとテクニカル・サービスが入っている。 ブロンズの手すりがついた橋が、建物の北側と南側を結んでいる。 ビル内の全フロアにエスカレーターまたはエレベーターでアクセスできる。

構造と素材

この建物は一見石積みの耐力壁だが、8階までは鉄筋コンクリート構造で、図書館のフロアはフラットスラブになっている。

上の2階は鉄骨造で、ウィンターガーデンと管理機能がある。

外部

建物は現代と古代の建築要素が混在している。 外観デザインは、ルーカリー、モナドノック・ビルディング、ループ地区のオーディトリアムなど、シカゴを象徴する他の建物からインスピレーションを得ていると思われる。

建物の1階は花崗岩の板で覆われ、大きなアーチ型の出入り口と窓がある。 窓はナチュラル・ブロンズのフレームで縁取られている。 外観のほとんどは赤レンガで造られている。 天井には大型の彫刻的装飾が施されている。

建物の下部には花崗岩が多用され、3つのファサードの外壁に赤レンガが使われているのは、19世紀のボザール様式を象徴している。 この様式のさらなる適応は、外壁装飾の多用と軸対称の支配的なスタイルである。

5階建ての高いアーチ型の窓が、建物の3面の赤レンガの壁の単調さを破り、鋳造石の装飾で結ばれている。

図書館の西側ファサードが他の3つのファサードと異なるのは、その建築にモダンな要素と素材が使われているからだ。 10階のコーニスとガラスのペディメントに至るまで、ガラスとダークグリーンのスチールとアルミのフレームが連続し、モダニズムの外観を引き立てている。

建物の上部は横長の屋根で、ウィンター・ガーデンの天窓を中心としている。 ビルの9階にある “手すりのコーニス “は、1909年の “シカゴの計画 “で提案された建物の高さの統一を示している。

天井とコーニスの彫刻

図書館を飾る彫刻は、パテ処理された銅色調のバロック彫刻のガーゴイルや華麗な装飾の図像を現代風にアレンジしたものだが、これらとは異なり、アーティストのケント・ブルーマーとレイモンド・カスキーがデザインした装飾や人物は、現代的な素材、リベット留めされたアルミニウム板で作られ、伝統的な色合いのカルデニージョのポリエステル仕上げが施されている。

アルミニウムのリーフ型とスチールのコーニス手すりは、ポリエステル粉体塗装でグリーンの色合いに仕上げられている。

内部

階のグランドロビーは大理石の床と複雑なデザインの天井が特徴。 他の建物と同様、床、調理台、フリーズに使われているトルコ産とイタリア産の大理石は、主に淡い色で統一されている。

図書館の閲覧室は記念碑的だ。 公共スペースは、伝統的な図書館を意識して、大理石、テラゾー、ブロンズ、カエデ材で作られている。 明るいグレーを基調とした壁と、吊り下げ式のランプによる間接照明が、読書や学習に適した、落ち着いた親密な雰囲気を作り出している。

さらにこのコーナーには、1897年の旧シカゴ市立図書館から復元された8つのテーブルと、読者用のメープル材のカブセを備えた静かな書斎スペースとなるニッチもある。

ほとんどの地域には地下セルラーシステムが敷設されており、通信、データ、電気配線を柔軟に分配して、真に最先端の施設をサポートすることができる。

図書館には2337席の閲覧席があり、113.46kmの書架スペースがある。

ビデオ

図面

写真

Fotos Archivo H.Washington Library

Otras fotos

Sección
Boceto
Boceto