The newsletter that combines AI-generated Architecture with Architecture History
ランドスケープアーキテクト
エドウィナ・フォン・ガル
構造エンジニア
O.M.ラミレス&アソシエーツ
音響エンジニア
株式会社セラミ
電気技術者
ライトスイッチ
建設会社
インジェネリア R.M., S.A.
ディベロッパー
アマドール財団
デコレーター
ブルース・マウ・デザイン
建築された年
2006 – 2014
2
建築面積
4.100m2
費用
$60,000,000 USD
位置
パナマ、パナマ・シティ、カルサダ・デ・アマドール

はじめに

バイオミュージアムは、スミソニアン協会、パナマのアマドール財団、パナマ市との共同作業の結果、アマドールコーズウェイに建設された。 建物も立地も素晴らしく、一方からはパナマ・シティのスカイラインと湾が、もう一方からは太平洋とパナマ運河の入り口が見渡せる。

この建物は、パナマ地峡の歴史とその自然の豊かさを世界に紹介するために、スミソニアン傘下のアマドール財団がフランク・ゲーリーに依頼したものである。 これは、この建築家にとってラテンアメリカで初めての建物である。

1986年から1996年にかけて、スミソニアン協会の研究者たちが地峡の年代を特定するための調査を行った。 彼らは化石と堆積物のサンプルを収集し、300万年前に2つの地殻プレートが衝突したことにより、この地域が海から地表に隆起し、2つの大陸を結び、海を隔てる狭い陸地となり、既知の最大規模の移動が可能になったと結論づけた。 専門家によれば、地峡を形成するこの土地には、鳥類、哺乳類、爬虫類、植物など、アメリカとカナダを合わせたよりも多くの種が生息しているという。 20世紀末、観光計画の一環として美術館の建設が計画されたが、着工したのはその5年後で、財政的、技術的な問題で完成は10年近く先送りされた。

状況

運河の南入り口の東側、太平洋に面したコーズウェイの終点に位置するこの博物館は、パナマ・シティのアマドール・コーズウェイ沿い、かつての米軍基地にある。 博物館からは、街の最も近代的な部分から旧市街、セロ・アンコンやアメリカ大陸橋まで、街のいくつかのポイントを見ることができる。 運河が開通している間、この地域はパナマ人の立ち入りが禁止されていた。

パナマ地峡は、太平洋と大西洋を隔てる小さな陸地であるだけでなく、北アメリカ大陸と南アメリカ大陸の接点でもある。

コンセプト

の仕事である。 ゲーリーの彫刻はしばしば彫刻に似ている。 ウォルト・ディズニー・コンサートホール ロサンゼルス カーサ・ダンザンテ プラハ ルイ・ヴィトン財団 パリバルセロナの ペズ・ドラド、そして最も国際的に知られるビルバオの グッゲンハイム美術館。このほかにも多くのプロジェクトを手がけたことから、彼は「波板張りの使徒」と呼ばれるようになった。 屋根は金属を折り曲げて作られ、風に揺れる布をイメージしてデザインされている。

ゲーリーはこの美術館を、1960年代の “カリフォルニア・アート・ファンク “として構想した。 彼の建物は、並置された空間と素材のようで、未完成のように見える。 構造が非常に複雑なため、パナマではこれまで採用されたことのない技術が必要とされ、多くの鉄骨やコンクリートの細部を何度も建設しなければならなかった。 批評家たちは、ゲーリーの デザインは周囲の環境になじんでおらず、その土地の気候を考慮せずに設計されていると主張する。

スペース

広さ4,100m2の館内には、ブルース・マウ・デザインの設計による2階建て8つの常設展示室と、企画展示用のスペース、太平洋とカリブ海の海洋生物を展示する高さ10mの2つの水族館、カフェ・ショップ、植物園の一角にある多数の屋外展示スペースがある。

アトリウム

階の吹き抜けは美術館の中心である。 このアトリウムは、さまざまな形をした角ばった金属製の天蓋で半分覆われており、明るい色で塗装されている。 天蓋は、頻繁に降る雨を防ぐだけでなく、風を自由に通す亜鉛の屋根を持つカラフルな建物の地元建築を彷彿とさせる。 アトリウムからは、運河とパナマ・シティまで見渡せる。

中央のアトリウムは、ミュージアムショップ、カフェ、企画展示スペースなどのオープンアクセス・エリアに囲まれており、主な展示が行われる2つの棟をつないでいる。

ギャラリー

ビオムセオのメインとなる常設展示は「パナマ:生命の橋」と題され、8つのギャラリーで行われる:

  1. 生物多様性ギャラリー: 最初のギャラリーは、パナマの素晴らしい自然遺産の紹介です。 このギャラリーを訪れると、まだ発見されていない地球の生物多様性の広さを知ることができる。
  2. パナマラマ:10面のスクリーンと3つの階層からなるこのプロジェクション・エリアでは、視覚と聴覚を通して国の生態系や自然について学ぶことができる。
  3. 橋の建設:このスペースでは、300万年前の地殻プレートの動きによって、パナマに高さ14メートルの岩が3つできたことを説明し、地質学的な世界との具体的な出会いを与えている。
  4. 大交流:地峡が閉ざされたとき、大陸間の大交流を生み出した種のいくつかを大きな彫刻で表現している。
  5. 人間の足跡:一部オープンエアのスペースに16本の柱があり、人間の活動とパナマの自然環境との経年変化に関する情報を提供している。
  6. 分断された海: 高さ10mの2つの大きな円筒形の水槽は、地峡の形成によって分断された太平洋とカリブ海の生物がどのように進化してきたかを来館者に見せている。
  7. リビング・ウェブ: このギャラリーでは、植物、動物、昆虫、微生物が一体となった巨大な彫刻が、すべての生き物が等しく重要であり、生命の奇跡と結びついている次元を紹介しようとしている。
  8. パナマは博物館: 博物館の外にあるこのスペースは、パネルとスクリーンで構成され、博物館と国内外を結ぶバーチャル・ネットワークにアクセスできる。

ギャラリーは、デジタルプロジェクション、音響、アート、解説看板を組み合わせて、生物多様性とパナマの歴史を伝えている。 展示の物語は生物多様性パークにまで及び、教育の機会も提供している。

植物園

美術館が占める面積は全体の10%に過ぎず、残りの土地はエドウィナ・ヴァン・ガルが地元のランドスケープ・デザイナーと共同で設計した植物園に充てられている。 広さ2.4ヘクタールのこの建物を囲む植物公園には、屋外の展示スペースも多数ある。

地域住民も利用できる生物多様性公園は、周辺の景観にも目を向けられるようになっており、公園内には、この国の動植物のつながりや相関関係を示すステーションが点在している。

庭園は主に在来種で構成され、壮大な排水システムによって集められた8万m3以上の雨水で灌漑されている。

パークは、大きな標本が展示されている内部のギャラリーに展示されているものを補完し、拡張するものであり、南北の植物も含まれ、ハチドリや蝶を引き寄せる民族植物ステーションである。

構造

構造が複雑で、現場での経験も乏しいため、作業員が各工程の部材の取り付け方を学べるよう、実物大の模型を作る必要があった。

オープンエアのパブリック・アトリウムは、カリブ海の家屋に見られるカラフルな建物と亜鉛屋根にちなんで、鮮やかな色の金属製キャノピーを備えた堂々とした鉄骨構造で覆われている。 同時に、キャノピー・ソリューションはパナマの豪雨から身を守る。 金属シートの下の梁は、熱帯林の天蓋か、あるいは乱雑な白い蜘蛛の巣のように構成され、それぞれが屋根の一部を支えている。

一見、対称性はないように見えるが、梁が6mm以上の誤差を許さない構造体を組み立てるには、絶対的な精度が必要だった。 BIM技術は、複雑な屋根のフレームとサポートの細部に使用された。 建築家の3DモデルをTeklaの構造ソフトウェアにインポートすることで、構造体の主要部分の実際のサイズ、位置、形状が得られ、時間とコストの大幅な削減が実現しました。

材料

チタンで覆われたビルバオの美術館とは異なり、ゲーリーはパナマの賑やかで曲線的なビオムセオを、その鮮やかな色彩で地元の文化に言及させることを望んだ。 断片的でアシンメトリーなデザインは、大胆な形のコラージュによる起伏のある屋根パネルで構成され、建築家によれば、熱帯の環境を反映し、強固なコンクリート構造を覆っている。

パネル

パネルは、熱帯雨林の木々の葉に似た金属板でできており、つなぎ合わせたり、離したり、重ねたりすることで、光が散乱するようになっている。 ステンレス波板、防水ゴムカバー、硬質ウレタンフォームなど、異なる素材を5層に重ねた金属シートも、室内への熱の侵入を最小限に抑える機能を果たす。

屋根のパネルに使われている色、緑、青、黄、赤、オレンジは、この国の動植物にちなんだものだけではない。 この場合、ゲーリーはいつもの単色パレットを変え、赤鬼やボカトレニョの家々の色など、この地域の先住民に存在する多様な文化を想起させた。 この天井には、4万5000本のステンレス・スチール製ネジとリベット、10万2925本のカラー・ネジが必要だった。 タイ 自動車産業で使用されているのと同様のシステムで、1,800kgのヨーツンパウダーを選択した色合いで使用した。

ビデオ

図面

写真

Fotos construcción by Biomuseo

Fotos by Luis Alveart

Emplazamiento
Nivel entrada
Planta baja
Sección longitudinal
Sección transversal
Imagen BIM
Sketches
Render