The newsletter that combines AI-generated Architecture with Architecture History
ランドスケープアーキテクト
ミスター キショール・プラダン
構造エンジニア
ミスター マヘンドラ・ラージ
音響エンジニア
ミスター ゴータム・スリ
ディベロッパー
マディヤ・プラデーシュ州政府
デコレーター
ミスター サティシュ・マディワラ
建築された年
1983 - 1993
土地面積
85.000 m²
建築面積
32.000 m²
位置
インド、ボパール

はじめに

ヴィダンバヴァン(州議会)は、建築面積32,000m2を超える大きな建物である。 どの視点から見ても、水平と垂直のライン、力強い曲線で構成された建築は、心地よく軽やかだ。 このアプローチによって、屋根、ドーム、歩道といった興味深いアンサンブルを生み出し、現代建築にはない調和のとれたプロフィールを生み出している。

建築家チャールズ・コレアがマディヤ・プラデーシュ州政府のために設計したこの建物は、1980年に発注されたが、建設が始まったのは1983年で、1993年にようやく完成した。

丘の上という立地、近隣にあるイスラム教の歴史的建造物、市内から50キロほど離れたサンチの有名な仏舎利塔など、多くの要因がその形を決定づけた。 古代ヒンドゥー教の宇宙観における機能、配列、空間の宇宙組織である。

状況

マディヤ・プラデーシュ州政府の新しい州議会であるヴィダン・バヴァンは、インドの ボパール市を見下ろすアレラ・ヒルという丘の一番高いところにある首都複合施設の中心に位置している。

コンセプト

このプロジェクトのために開発された円形のフォルムは、形而上学的に多くの重要な意味合いを持ち、平等と自己完結、つまり自律性の両方を象徴している。

「…ヴィダンバヴァンは、民主主義について非常に力強いことを語るべき公共の建物です。自分自身が統治することを念頭に置いて作られた建物です。この建物が果たすべき役割を表現し、これが自分たちの都市であり、自分たちの国家であり、それに参加すべきであると人々に伝えなければならない。控えめであってはならないし、存在感を示さなければならない……」(シャルル・コレア)

歴史的には、サンチの壮大な仏教ストゥーパからマンドゥの大都会まで、ボパールの歴史にそのエコーが見られる。

シャルル・コレアが用いたコンセプトは、モダニズムやポストモダニズムとは完全に一線を画している。 建築家はヴェーダ建築の原理を深く理解し、そこから伝統的なものと現代的なものを見事に融合させた「クンド」が生まれた。 インド、そしてほとんどシャルル・コレアのサインだ。 そのため、ヴィダンバヴァンの正面玄関はクンド地区を通っている。 クンドエリアは、ゆっくりと進み、空を瞑想し、故シュリ・ジャンガド・シン・シャームの壮大な壁画を眺めながら座って休む場所である。

この国の伝統と神話的信仰は、「ナヴグラハ・マンダル」(曼荼羅)というヒンズー教の文様、つまり正方形の中に9つの正方形があり、宇宙と9つの惑星が描かれているという形でデザインに取り入れられている。 広場の各区画は神に捧げられている。 全体的な計画は、庭園の中の庭園という構成になっている。 管理事務所は、9つのコンパートメントのパターンを定義するために使用される。 中央の5つはホールと中庭で、四隅は専門的な機能で占められている。 ナヴグラハ・マンダルは、国家と建物を象徴する他の特徴によって補完されている。

スペース

また、建物の中庭と庭園は、ほぼ連続した円形の壁に囲まれた空間の中に開発されているため、訪問者は、どの方向から建物に近づいても、建物の存在を視覚的に感じることができる。 その要件によれば、3つの主要なエントリー、つまり “dwars “がある。 クンドを通した一般向け、立法府の議員と大臣(MLA)向け、そして大統領向けである。

全体的なプランは、無を表す中心を中心に、(曼荼羅でよく見られる)9つの区画のパターンに分けられた、空間の中の空間の連続で構成されている。 中央の中庭から発せられる2本の直交する軸線上に、管理事務所がある。 残りの四隅は、ヴィダン・パリシャード(上院)、ヴィダン・サバ(下院)という専門的な機能で占められている。

機能

下院(Vidhan Sabha)、上院(Vidhan Parishad)、両院合同会議所(Combined Chamber)、行政機関の4つが建物の主な機能である。 その規模から、大規模な管理施設、会議室、カフェテリア、談話室が必要となる。 ヴィダン・サバ(336人)とヴィダン・パリシャッド(75人)に加えて、政治指導者用のスイートルームと、議長、首席大臣、首席秘書官とそのサポートスタッフ用の70のオフィスがある。

下院(ヴィダーン・サバ)

ヴィダン・サバで最も魅力的なのは、231人収容の多目的ホールである。 ホールへは、サンチ仏塔の扉を模した大きな入り口から入る。

上院(ヴィダン・パリシャード)

会議室としても使用されるアッパーハウスは、75人の会員を収容できる。 屋根は勾配トラスで、厚さ150cmのスラブで覆われている。

複合サロン

コンバインド・チャンバーは、両院合同会議が開催される場合や講堂として使用される。 屋根は変形スラブ(双曲線兼放物線スラブ)として設計されている。

事業所

オフィスは建築レイアウトの重要な部分を占め、床面積の大半を占めている。 オープンスペースに分散しているため、そこまでの道のりも快適な体験となる。

庭園の中庭

コレアは開放的な中庭と迷路のような道路を使い、行政や立法に必要な複雑な機能を整理した。 これらの様々な要素は、円の中心で交差する2本の対称的な建築軸によって定義された一連の庭園によって結ばれている。 これらの軸は敷地の端まで伸びており、周辺都市のパノラマビューへと広がっている。 ヴィダンババンは「都市の中の都市」として構想されている。

中庭は、その建築的、人間的な特性から、暑く乾燥した気候に対処する良い方法であり、人々が自然に集まる場所でもある。 このような状況を考慮して、5つの中庭が主軸に沿って左右対称に配置され、それぞれ異なる処置と雰囲気が施されている。

空に向かって開かれたエントランスの中庭には大きなパーゴラがあり、中央の中庭には光が差し込む吹き抜けの天窓が続いている。 他の3つの中庭は、一部が屋根で覆われ、一部が空に向かって開いている。 そのため、建物内を進むにつれて、性格や雰囲気が微妙に変化していく。 建物内の移動パターンも注意深く研究されている。 官僚や政治家にとっては、常に中庭の縁を通ることになる。 ギャラリーやオフィスに行く途中、人々は橋やスロープを歩く。

構造

中央ホールは29.40×29.40mの正方形で、天井は直径1100mmの円柱4本の上に、厚さ250mmのパネルスラブを落とした構造になっている。 外縁と中央にはFRP製の天窓があり、自然光が入る。 宴会場としても使える。

下院のある建物は、半径15.5mの円形の間取りで、直径31m、高さ25m、厚さ150〜99mmの半球形のドームで覆われている。

アッパー・チャンバー・ホールを覆う厚さ150cmの傾斜スラブは、13.50m×13.50mの枠がある。 構造はMC150チャンネルと130 * 130 * 8mmアングルのスチール構造。

ヴィダーン・サバとヴィダーン・パリシャードの合同会議に使用されるコモン・ホールの屋根は、変形スラブ(双曲線・放物線スラブ)として設計されており、面積は750m2、1階からの平均高さは13m、最大スパンは45mである。 スラブ厚は端部で250mm、中央部で150mmと様々で、1.20×2.95mの中空箱桁で支えられている。

材料

門、囲い、中庭、小さなドームなど、マディヤ・プラデーシュ州の建築の伝統が反映されており、地元の赤い石、手作りのセラミック・タイル、大きな現代アーティストや地元アーティストの壁画や彫刻が描かれている。

厚さ40mmのK-13セルロースファイバークラッドが衆議院の議場に使用され、室内の反響を抑制している。 天井には断熱のために割れたタイルが敷かれている。

ビデオ

図面

写真

Planta general
Entradas
Distribución planta
Alzado entrada general
Sección
Sección
Sección
Maqueta
Maqueta
Maqueta