Alternative Architecture: exploring what could have been with Artificial Intelligence
構造エンジニア
アムステルダムIBA
ディベロッパー
アムステルダム市
建築された年
1998 - 2001
長さ
90m
位置
オランダ、アムステルダム、イースタン・ドックランズ

はじめに

ウェスト8が設計した3つの橋は、ボルネオ/スポレンブルク港の住宅街に独特の雰囲気を作り出す上で、重要な役割を果たしている。 西側と東側の2つの橋のスパンは90〜93メートルで、ボルネオ島とスポレンブルク半島を結んでいる。 第3の橋は東の橋の線上にあり、大きな港の内側25メートルに架かっている。

3本の橋のうちの1本、ピトン・ブリッジは、1本の支柱で90メートルに及ぶ蛇行する鋼鉄製の歩行者用構造物である。 ボルネオ・スポレンブルク都市計画全体の開発を担当したウェスト8スタジオが、これらの地点を結ぶために建設した3本の橋のうちの1本である。 この3つの橋は、港の住宅街に独特の雰囲気を作り出すのに欠かせない役割を果たしている。

パイソン橋は、建設直後に国際歩道橋賞を受賞した。

所在地

この金属製の歩道橋は、ボルネオ島とスポレンブルク半島を結んでいる。スポレンブルク半島はかつての港湾地区で、現在はオランダの首都の中心部や歴史的建造物に近く、アムステルダムで最も近代的な地区のひとつとなっている。

西側にかかるこの橋は、ウエストエイトが市内で3番目に建設した金属製の橋である。 2つ目は東側にあり、3つ目は東側の橋のライン上に位置し、港内に25メートル伸びている。

説明

長さ約90mの曲がりくねったピソンブルグ歩道橋は、伝統的な運河の橋で有名なアムステルダムで最も近代的な橋のひとつだ。 その構造は、蛇の動きを連想させるように、うねりながらしなやかに上下する。 構造物の上に桟橋があり、ボートが通れる最大隙間は9.5m。

正式名称はハイ・ブリッジ(High Bridge)だが、運河を蛇行しながら横切っている様子を見れば、この橋がオランダ語でパイソン・ブリッジ(Pythonbrug)と呼ばれるようになった理由がわかるだろう。 鮮やかな真紅の橋は、90メートルのスパンを住民や観光客など数え切れないほどの歩行者を運んでいる。 2001年に建設されたものの、その起伏に富んだ構造は都市の景観に欠かせないものとなっている。

構造と素材

この橋は歩道橋であり、曲げ荷重には設計されておらず、引張荷重と圧縮荷重にのみ対応している。 コンクリート製の下部構造、赤く塗装された高強度鋼製の上部構造、木製のプラットフォームで構成されている。

トラス橋と呼ばれるのは、細長くまっすぐな三角形のユニット(トラス)が節点でつながっているからだ。 この場合、三角形は上部構造の側面と底面に配置され、木製の歩道を支え、ねじれを防ぐ。

トラス橋は、重量を均等に配分できる三角形の基礎構造によって強度が高い。 このトラスは、大空間をまたぐように設計され、重量に対する強度が高い。

ビデオ

図面

写真

 

Alzado y plataforma
Detalles