Alternative Architecture: exploring what could have been with Artificial Intelligence
構造エンジニア
ブラックエンジニアリングDWC
ディベロッパー
アル・ウラ王立委員会
建築された年
2019
3
土地面積
5000m2
建築面積
22000m2
位置
サウジアラビア、アルアティーブ43552、アルウラ

はじめに

アラビア語で “鏡 “を意味するマラヤは、コンサート、ダンス・パフォーマンス、講演会、映画上映会まで開催できる多目的会場として設計された。

砂漠にあるこの印象的な文化施設は、人気投票によるArchitizer A+賞や、2021年にはアメリカ建築家協会(AIA)のAIA中東デザイン賞など、数々の賞を受賞している。 2020年には、世界最大の鏡のファサードを持つ建物としてギネスブックに登録された。

マラヤ・アルウラの建設は、2019年にわずか2カ月半で完成するという、それ自体が並外れた偉業であり、革新と創造的表現の限界を押し広げるというサウジアラビアのコミットメントの象徴となった。

所在地

マラヤ・コンサートホールは、サウジアラビアの砂漠のど真ん中、リヤドから飛行機で1時間、アシャール渓谷にあるサウジアラビア北西部の町アルウラに建設された。

周辺には壮大な渓谷と、何百万年もの歳月をかけて造形された岩層がある。 近くには、ナバテア文明の最良の例としてユネスコに認定されているヘグラやアル・ヒジュルなどの遺跡もある。

アルーラ・バレーは、何世紀にもわたって文化と遺産の交差点であり、この多機能スペースが加わったことで、古代文化と現代アートが融合した世界的な文化センターとして台頭しつつある。

コンセプト

ミラノのGiò FormaのFlorian Bojeが設計したこの建物は、ナバテア人から現代に至るまで、風景が文明の建築や芸術にインスピレーションを与えてきたのと同じように、風景からインスピレーションを得ている。 この建物は、鏡面仕上げの外壁で周囲の環境を蜃気楼のように見せている。

アルーラ王立委員会は、意欲的なビジネス・イベント戦略を通じて地域住民や企業に経済的価値を提供しながら、文化やアイデアの交流に刺激を与え、促進する場所を作るというアイデアを支援しようとした。

「…私たちは自然の景観とナバテア建築から多くを学びました。アル・ウラでは、葬祭用の建物や自然の石造りのシェルターは引き算で造られます。つまり、人間の彫刻や自然の力、浸食が伝統的な設計の道具なのです。小さな引き算による均整のとれた立方体の純粋な形は、私たちにとって最もわかりやすい形でした。反射されたボリュームは、ドラマチックな岩や空と対話し、「たわむれる」。しかし、それはやはり「芸術」の表明である。建築の機能、コンサートホール、アート・パビリオン、レストランは、明白というよりも、神秘的なものになりました。 ジオ・フォルマ

スペース

マラヤは、地域や国際的なビジネスイベント、会議、結婚式やその他の特別なイベントを開催するのに適した場所にある。 大きなコンサートホール、レストラン、3階建ての多数の会議室がある。

1階

メインエントランスを入ると、二層吹き抜けの大きなホワイエがあり、展示会やイベントが開催できる。 ホワイエの東側、床から天井までガラス張りの壁の横には、カジュアルなイベント用の小物やテーブル、椅子が置かれている。

階には、大きなオーディトリアムに加え、VIPラウンジや会議室がある。

オーディトリアム

高さ26m、広さ1757m2、550人収容の劇場には、40×15mのステージがあり、後方には800m2の大きな開閉式の扉があり、アルーラの風景を自然に開けたり、砂漠の床で直接パフォーマンスを行うことができるため、パフォーマンスに取り入れたりすることができる。 ステージの表面は砂丘から削り出され、地下室を掘るような侵襲的な行為は避けられた。

1階

オーディトリウムのプラチナ・ボックスとロイヤル・ボックスへはこのフロアからアクセスでき、共用エリアからはグランド・ホワイエの東ウィングが見渡せる。

2階

広い共用ホワイエがあり、いくつかの会議室がこの階にある。

構造

100×100×26mの3階建てのスチール製キューボイド構造で、記念碑的なエントランスホールがあり、国際的なキュレーションによる展覧会を開催することができる。 この建設方式は、最も侵襲が少なく、最も迅速だと考えられていた。

材料

建物の外壁は9740平方メートルの広さがあり、太陽光、砂、湿気など、過酷な条件に耐えられるよう特別に開発された鏡のシートで覆われている。 この新素材は、3000枚のプレテンパーパネルで銅鏡を作るもので、耐久性の高いガーディアンのウルトラミラー・インテリアミラーをベースにしているが、特殊なコーティングが施されている。

それぞれの鏡はアルミニウムとプラスチックのスリーブ状になっており、シンプルな構造と相まって壁となり、建物は恒久的な建築物であると同時に、アートインスタレーションの様相を呈している。

ファサードと同様、内装に使用されている素材の多くは、この土地のためにデザインされ、オーダーメイドされたもので、景観の色や質感を生かした自然を想起させるものである。 特注のタイルはアルーラの特徴的な色調でデザインされ、シートの張地やテラスの素材も同様である。

オーディトリアムでも各フロアでも、磨かれた木片が壁を覆ったり、部屋を区切ったり、音響効果を高めるために使われている。

エネルギー効率

エネルギーを管理するために太陽光発電ソーラーパネルが屋根に設置され、効率的な断熱・冷却システムが導入された。 この建物は、この資源が乏しい地域で雨水を集め、貯めている。

ビデオ

 

図面

写真

Planta baja
Sección