NON-Architecture stories, in your inbox every Monday
構造エンジニア
インジェニアロス・シビレス・アソシアドスS.A. de C.V.、インジェニアロス・プロジェクト&スーパービジョンS.A. de C.V.
設計された年
2004
建築された年
2006 - 2008
2
建築面積
13,808 m2
位置
メキシコ、メキシコシティ、UNAM文化センター

はじめに

UNAM現代美術館は、メキシコ初の現代美術専門の美術館である。

2004年、大学評議会は美術館建設のためのプロジェクトを公募し、メキシコ人建築家テオドロ・ゴンサレス・デ・レオンが選ばれた。 工事は2006年に始まり、2008年11月27日に完成した。 それ以来、MUACは世界で最も重要な芸術作品のいくつかを受け入れ、展示してきた。 テオドロ・ゴンサレス・デ・レオンが設計し、学際的なチームと協力して建設されたこの建物は、活発な議論と批評的な実験のための空間を提供する。

正面の斜めの窓は、キャンパスの大部分とは対照的に、このプロジェクトの現代性を示しているが、建物の内外にはオープンエアの中庭があり、土着と植民地両方のメキシコ建築の伝統の中にこの建物を位置づけている。

美術館のある文化センターは、その向きに応じて容積を配分している。 広場に面した傾斜のある大きなガラス張りのポルティコ、東側にはコンサートホールの壊れたモジュールに付随する曲線のボリューム、西側には美術館に対応する高さの異なる白いボリュームがある。

所在地

美術館は、UNAMの広大なキャンパスの真ん中、Av. インスルヘンテス・スール3000、メキシコ自治大学、コヨアカン、C.P.4510、メキシコシティ、 メキシコ。 この建物は、大学文化センターの入り口となる広場の脇に建てられ、以前は新しいメイン広場の下に移設された駐車場があった。 ルフィノ・タマヨの彫刻「ラ・エスピガ(スパイク)」は、この広場に置かれていた。

MUACがこの場所に設置されたことで、敷地内の樹木は工事の影響をほとんど受けず、大学はすべての敷地内にアクセスできるエントランスを持つことができた。 車で来た人は地下駐車場にスロープでアクセスできるが、徒歩やバスで来た人は広場にある歩行者用の入り口から入る。

コンセプト

メキシコ大学現代美術館は、現代美術の展示に特化したメキシコ初の美術館である。 建築計画から、施設管理、博物館学、解説に至るまで、この施設は、建設された目的のために一体的に考案された。 このコンセプトは、すべての展示室が同じレベルにあり、広い廊下によって連結された、快適で貫通可能な美術館の中で、自由で流動的なルートである、来館者に提案されたルートに反映されている。 下の階で提供される他のサービスを利用したい場合は、エレベーターを利用できる。

MUACは、天頂から光が差し込む白いコンクリートキューブで囲まれている。このキューブは、プロジェクト全体の骨格となる南北の軸線上に構成され、傾斜した70mのガラス面を通して美術館とセンターのコンサートホールへのアクセスを明確にする新しい広場とともにある。

スペース

ミュージアムは大学文化センターの一部であり、音楽・ダンス公演、劇場、映画館、図書館などがある。 その45度傾斜したミニマリスト・スタイルのガラス・ファサードは、周囲の1970年代の建物と対照的であり、2層吹き抜けの大きなホワイエを通して、センターのコンサート・ホールや劇場へのアクセスにもなっている。 このロビーは建物全体を貫いている。

展示室のほか、マルチメディア・ライブラリー、写真ライブラリー、会議室、講堂、ワークショップ、収蔵庫、インフォメーション・センター、レストランなどの公共サービスがある。

植物

上階

美術館は2階建てで、そのうち3,300m2が展示スペースとなっている。 上階の広場の高さには、展示室、レセプション、書店、ショップ、教育エリアがある。 全部で14の天井の高い部屋があり、幅12mのモジュールと、6m、9m、12mの間で異なる長さと高さで設計されている。

これらのホールでは、メキシコのさまざまな芸術運動の作品が展示されているほか、広々とした9つのホールを使った前衛的な企画展も開催されている。 部屋は4つのセクションに分かれ、それぞれが小さな美術館として機能し、3つの中庭と2つのテラスからの光が差し込む3本の内通りで結ばれている。 これらの通りは、中庭とともに部屋の位置を決めている。 広場は展示スペースとしても機能している。

このフロアには、一般向けの無料ワークショップや、現代アートについての対話と考察を促すスペース、音を使った芸術的な表現物の制作を促すサウンド・エクスペリメント・スペースもある。

1階

岩盤の一部が掘削されたこのフロアには、会議室、オーディトリアム、レストラン、現代美術のドキュメンテーションに特化したメディア・ライブラリーやリサーチ・センター、美術館のサポート・エリア、修復ラボラトリー、事務室、ミューゼオグラフィ、セラーがある。

メディア・ライブラリーとレストランの両方に、大きな曲線の窓があり、黒い火山岩と壁の白とのコントラストで、この場所と火山の風景との関係を確立している。

照明

室内に差し込む自然光は、天井のフィルターによって、影のない包み込むような光へと変化する。 この天井には操作可能なカーテンがあり、必要に応じて空間を完全に暗くすることができる。

構造と素材

美術館の建設に使われた主な材料は、白とグレーのコンクリート、スチール、ガラス、アルミニウムである。 白いコンクリートは主に公共エリアで使用された。

建物の垂直構造全体はコンクリート製で、すべての柱には断熱フーチングが施され、1階から続く壁には連続フーチングが施されている。 中2階の床には軽量スラブが使用された。 屋根の構造は鉄筋と構造用鋼板で建てられている。 透明部分には12mmの強化ガラスを使用した。 エントランスホールの傾斜面に使われたガラスは拡散ガラスで、内側から広場を見ることができ、同時にロビーを日差しから守る。

美術館の正面ファサードの大部分は、見かけの仕上げとして使われた白いコンクリートと、内部の美術品を保護するためのアルミフレームと保護フィルター付きのガラスで構成されている。 パーゴラとバルコニーには鉄骨の梁が設置された。

プライベート・スペースでは、グレーのコンクリートが主流だ。 美術館の床は磨き上げられたコンクリートでできている。

図面

写真

Carlos Alcocer Sola

 

Planta alta
Planta inferior
Carlos Alcocer by-nc-nd
Carlos Alcocer by-nc-nd
Carlos Alcocer by-nc-nd
Carlos Alcocer by-nc-nd
Carlos Alcocer by-nc-nd
Carlos Alcocer by-nc-nd
Carlos Alcocer by-nc-nd
Carlos Alcocer by-nc-nd
Carlos Alcocer by-nc-nd
Carlos Alcocer by-nc-nd
Carlos Alcocer by-nc-nd
Carlos Alcocer by-nc-nd
Carlos Alcocer by-nc-nd
Carlos Alcocer by-nc-nd
Carlos Alcocer by-nc-nd
Carlos Alcocer by-nc-nd
Carlos Alcocer by-nc-nd
Carlos Alcocer by-nc-nd
Carlos Alcocer by-nc-nd
Carlos Alcocer by-nc-nd
Carlos Alcocer by-nc-nd
Carlos Alcocer by-nc-nd
Carlos Alcocer by-nc-nd