Unwritten Architecture stories, imagined by Artificial Intelligence
改修建築家
マッキントッシュ チャールズ・レニー ペイジ&パーク
建築面積
6.690m2
位置
スコットランド、グラスゴー、ミッチェル・レーン11番地

はじめに

グラスゴーのライトハウスは、スコットランドのデザインと建築のセンターである。 1999年、グラスゴーがUK建築・デザイン都市に認定されたのを機に開館した。

建築家チャールズ・レニー・マッキントッシュが、火災で損壊したグラスゴー・ヘラルド新聞の旧事務所を改築した。 これは、この建築家が完成させた最初の公的依頼である。

歴史

ブキャナン・ストリートのグラスゴー・ヘラルド新聞社ビルの大規模な改築と増築は、ジョン・ハニーマン&ケピーの最も重要な作品のひとつであり、1890年代のグラスゴーで最も著名な商業建築プロジェクトのひとつであった。 主な要素は、ミッチェル・ストリートの裏手に新しいビルを建てることだった。

当時、建築家の事務所で働いていたチャールズ・レニー・マッキントッシュは、ミッチェル・ストリートの建物の著作権を主張し、現存する図面の多くに彼の筆跡を残している。 しかし、彼がまだ若いアシスタントだった頃に、このような重要な依頼がすべて彼の手に渡っていた可能性は極めて低く、ジョン・ケピーとジョン・ハニーマンの意見がかなり反映されていたことは確かである。 ケッピーとマッキントッシュの境界線を引くのは、この作品では特に難しい。

マッキントッシュは、いくつかのインテリアのデザインを提供したようだが、見事なコーナータワーを持つミッチェル・ストリートの大規模な増築(1893年〜1897年)の設計者でもあった。 この発言を無批判に受け入れるべきではない。 グラスゴー・ヘラルドの建物は、マッキントッシュ時代に建築事務所が手掛けたプロジェクトの中でも断トツに大規模なものであり、このような重要な仕事を経験の浅い若い助手にすべて任せたとは考えにくい。

著者詳細

鋳鉄製のまぐさが露出した1階の開口部は、この建築家の作品ではお馴染みの特徴であり、年配で経験豊富な同僚として、このような大規模で複雑な建物の技術面やプロジェクト管理面にも関与していたと思われる。 しかし、現存する図面は、他のどのプロジェクトよりも多く、詳細な技術的図面も多数含まれており、特徴的な装飾だけでなく、デザインの多くの側面に関わったに違いないマッキントッシュの筆跡で注釈が付けられている。 塔の変わった形は、マッキントッシュが研究して描いたJ.M.マクラーレンのスターリング高校の1887年から1890年の櫓を反映したもので、彼のスケッチブックには、ミッチェル・ストリートのファサードをアーティキュレートする別の方法を試しているような図面が他にもある。 このような証拠は、彼らが建物の外観に全面的な責任を負っていたという主張を裏付けるものである。

チャールズ・レニー・マッキントッシュはハニーマン・アンド・ケッピーの建築事務所に所属する若き製図家であった。

1895年に設計されたこの建物は、グラスゴー・ヘラルド印刷所の裏手にあった倉庫だった。 マッキントッシュは、火災時に建物とその内容物すべてを保護するための36,369リットルの水タンクを隠すために、建物の目立つ特徴である塔を設計した。

1980年7月、ヘラルドは1世紀以上使用してきた建物を明け渡した。 これらの建物はスコティッシュ・ウィドウズによって買収され、1993年にブキャナン・ストリートの建物を取り壊し、保存されていたファサードの後ろに店舗とオフィスを建設した。 インターミディエイト・ビルとミッチェル・レーンのビルは取り壊され、建て替えられた。

の立候補の一環として グラスゴー アーツ・カウンシルの主導により、ミレニアムまでの数年間、各都市をさまざまな芸術活動に関連付ける「1999年英国建築・デザイン都市」の称号が与えられ、建築とデザインの常設展示センターの設立が提案された。 1994年の招致成功後、グラスゴー1999フェスティバル・カンパニーは、ミッチェル・ストリートに現存する建物をこの目的のために改造する建築コンペを開催し、1995年にグラスゴーのページ&パーク・アーキテクツが落札した。

かつてのグラスゴー・ヘラルドの建物は改修され、建築・デザイン・スコットランド・センターとして、ザ・ライトハウスという名前で公開された。

所在地

ライトハウスはスコットランドの グラスゴー中心部、スタイル・マイルからすぐのミッチェル・レーン11番地にあり、ブキャナン・ストリートからもアクセスできる。

コンセプト

崖のような低層階から急勾配の高層階へと上昇するにつれて、建物の突起と精巧さが増していく様子は、細部はともかく全体的な雰囲気は17世紀のスコットランドのタワーハウスに似ている。

グラスゴー・ヘラルド紙は、その新社屋について、「全体的なデザインは……建物の要件に基づいており、興味深い構造を犠牲にすることなく、これらの要件は満たされている」と述べ、実用的な考慮が外観を決定づけたことを強調している。

改革

1892 – 1899

1892年8月7日、ミッチェル・レーンとミッチェル・ストリートの角にあったヘラルドの別館が火災に見舞われ、新聞社の建物にも影響が及んだ。 ジョン・ハニーマン&ケピーが修理を請け負った。 しかし、この火災は、より大規模な変更の機会を提供し、翌年、角の敷地が売りに出されたとき、アウトラム社によって買収され、1899年までジョン・ハニーマン&ケピーが使用することになる増築と全面的な再建への道が開かれた。

ブキャナン・ストリートのオフィスの内部改築、ミッチェル・レーンの南側にある既存ブロックの改築と上方への拡張、敷地中央の大規模な中間棟の増築、そして最も重要な追加部分である、火災で焼失した建物に代わるミッチェル・ストリートの大規模な新築ビルである。

1995 – 1999

1995年、建築事務所ページ&パークはグラスゴーの新しい建築・デザインセンターの限定コンペで優勝した。 このプロジェクトは、ミッチェル・ストリートにある1895年築のグラスゴー・ヘラルド・ビルの残存部分の改築と増築である。 工事は1997年11月に開始され、1999年7月に改修・増築された建物は「ザ・ライトハウス」と改名して再オープンした。 ガレス・ホスキンス・アーキテクツが設計したマッキントッシュ・インタープリテーション・センターと呼ばれるマッキントッシュに関する常設展示もある。

グラスゴー・ヘラルド紙

ミッシェル・ストリート・ビル

グラスゴー・ヘラルド・ビルは、電動エレベーターの導入と構造用スチールの使用により、1890年代にグラスゴー市中心部を支配するようになった高層商業ブロックのひとつである。

ミッチェル・ストリートのメイン・フロントは切妻のベイで縁取られ、中央から外れた幅の狭い切妻の部分には上階への入り口があり、内部を南北に分割している。

ウィンドウズ

1階には、四角い柱で区切られた大きな窓があり、鋳鉄製のまぐさを冠木に載せた開口部がある。

上部の窓は、2つまたは3つのグループに分かれた縦長の開口部や、正方形または浅いアーチ型の頭部を持つ幅の広い1つの開口部など、階によって形が異なる。 小さな窓は、その厚みを強調するために壁に深くはめ込まれている。

強いコーニスが、2つの上階のすぐ下でファサードを横切っている。 これらのフロアの一部は、パラペットの後ろにわずかに引っ込んでおり、その部分は窓の前で浅くなるように下がっている。 最上階には、大胆に突き出た切妻屋根のドーマーと敷居が、質感豊かなスカイラインを作り出している。

給水塔

ミッチェル・ストリートとミッチェル・レーンの角にある高さ44.5mの給水塔は、この建物の圧倒的な特徴である。 その大きな高さは、屋根の棟と窓に沿って走る穴のあいた亜鉛メッキの鉄パイプのシステムに給水するために必要だった。 内部スプリンクラーは1888年に初めて設置され、外部スプリンクラーも1891年初めに設置された。

給水塔は建物のフットプリント内に留まり、大胆な片持ち梁でルーフラインの上に現れるまで、独立したアイデンティティを持たない。 上段の角には彫刻が施され、わずかに膨らんだ輪郭は、内部に36,369リットルの貯水タンクがあることを示唆している。

内部

ミッチェル・ストリートのファサードの中央にあるドアは、もともとは階段、エレベーター、トイレ、ボイラー煙突からなるサービス・コアへの入口通路を通って屋根裏部屋へと通じていた。 1階の玄関通路と一直線に、各階の金庫とトイレのバンクが南北に分かれている。

角の塔には各階に八角形の小部屋があったが、それ以外の上層階はオープンスペースで、テナントのニーズに合わせて木やガラスのパーティションで仕切ることができた。

ミッチェル・ストリートの建物の地下には印刷機があり、南半分の1階にはオフィスがあった。 ミッチェル・ストリートからミッチェル・レーンへと伸びるL字型の車道は、その日の新聞を受け取るバンの出入りを可能にするため、地上レベルで二等分されていた。

姉妹紙『イブニング・タイムズ』の編集部にもスペースが提供された。

建物の残りの部分は、店舗やオフィスのための賃貸スペースとなり、収益源となることを意図していたが、最終的には新聞社に丸ごと引き継がれた。 角の塔にはスプリンクラー・システム用の貯水タンクがあった。

ミッチェル・レーン・ビル

このボリュームの再開発は、ミッチェル・ストリートのビルと同時に行われたようで、既存のビルに5階と新しい階段を追加した。

ブキャナン・ストリート・ビル

元のブキャナン・ストリートの建物の1階は、一部店舗が入居していたが、ヘラルドの広告・出版部門のためのオフィスに改装された。 ブキャナン・ストリートからの入り口は、ルネサンス様式の巨大なアーケードに挟まれた広い中央通路に面しており、両脇にはカウンターが設けられていた。

構造

内部構造は比較的木材が少なく、大部分が不燃性の鋼鉄、鉄、コンクリート、レンガ、石でできている。 ロブ状の柱頭を持つ鋳鉄の柱が床スラブを支えている。この床スラブは、ラミネート鋼のI断面の梁で構成され、その上に同じくI断面のラミネート鋼の根太が置かれている。

梁と梁の間はコンクリートで埋められ、木材は床板だけに使われる。 屋根の梁は鉄製で、瓦を支える材木、窓枠は木製である。

外観の装飾は控えめで、構築的なラインを強調する。急勾配の壁は、タワーと樋の途切れることのない垂直線と、フロア間の力強い水平分割によって、格子状に規律づけられている。

材料

建築事務所の改装の一方で ページ&パーク 1995年、古い部屋の多くは新しい材料を使って近代化されたが、建物のファサードは赤御影石をベースにしたロッハーブリッグスの赤砂岩の石組みで、主要な立面すべてにこの材料が繰り返し使われている。

内壁から漆喰が取り除かれたところでは、瓦礫と赤レンガでできているのがわかる。 意外なことに、櫓の外壁にも赤レンガが使われている。 東側の立面および暖炉は、暗い限られた空間で日光を反射させるのに有効な、釉薬のかかったレンガと磨き上げられた白いレンガの組み合わせで、砂岩で覆われている。

暖房と換気

オリジナルの装飾仕上げは非常にシンプルだった。 暖炉はほとんどなく、暖房は蒸気ダクトを使うのが一般的だった。

ボイラーの煙突は、レンガ造りのシャフトで空気室を囲み、そこに鉄の煙道が通っていた。 ダクトがこの部屋とミッチェル・ストリートのビルをつないでおり、煙突の周囲を上昇する熱気がドラフトを起こし、汚染された空気を吸い込んだ。

照明

照明は電気式で、敷地内で発電され、公社よりも安い料金でテナントに供給された。

ライトハウス – 国立建築・デザインセンター

スコットランド国立建築・デザインセンターは、既存の建物に2つの新しい建物を併設して作られた。 スコットランドのクリエイティブ産業の「ビーコン」として、デザインと建築を促進するビジターセンター、展示スペース、イベント会場である。

ページ&パーク・アーキテクツはマッキントッシュの建物の構造をほぼそのままに、2つの新しい外構を挿入した。 東側の増築部分は、建物の全高に達する垂直のサービス・ロビーと回遊ロビーである。 このホワイエからは、ギャラリー、教育、IT、子供用エリア、カフェテリアにアクセスでき、最後には誰でも利用できるエレベーター付きの新しい展望タワーがある。 南側のもうひとつの増築部分には、必要不可欠な付帯設備がある。 既存の建物の1階は商業施設になっている。

アクセス

エントランスでは、床と天井の間に吊り下げられた曲線の白いガラススクリーンが、2つの展示エリアを作り出し、来訪者を塔のむき出しの石組みに向かわせ、テクスチャーの鮮やかなコントラストを提供している。

スクリーンが中央の柱を囲むように曲がると、部屋は塔の基部に向かって広がっていく。 このスペースでは、建物の歴史が模型を使って説明されている。 建物の歴史も、図面やオリジナルの品々を通して説明されている。

建物の主要な各部屋の間に作られたスペースには、マッキントッシュの作品の特定の側面に関する研究が展示されている。 これらは建築、デザイン、インテリア、絵画、ドローイングに焦点を当てたものだ。

給水塔

建物の角にある既存の塔には、スプリンクラー用の巨大な水槽があったが、ページ&パーク社は、グラスゴー市街を見下ろす屋上バルコニーとマッキントッシュ・ギャラリーをつなぐ吊り下げ式の螺旋階段を挿入した。

ヘリカルラダー

オリジナルの給水塔から吊り下げられた最新式のらせん階段によって、見学者は塔の頂上から屋根のオジーアーチの下にある外部展望ギャラリーまで登ることができる。 建築家ジョイス・ミッチーの設計・施工図面は、階段を上るにつれて見ることができる。

構造

ジョン・ハニーマン&ケピーによって再建された建物の内部には、2つの大きな構造変更があった。 まず、北半分と南半分の間にある背骨の壁は大部分が取り除かれ、鉄骨の柱システムに置き換えられた。

次に、角の塔の床が取り除かれ、ヘリカル式の鉄骨階段が挿入され、3階からオジー屋根の塔にアクセスできるようになった。 新しいスチール製のリングビームが、床が取り除かれたタワーを補強している。

図面

写真

University of Glasgow

Page & Park

Otras fotos