Alternative Architecture: exploring what could have been with Artificial Intelligence
改修建築家
ジョゼップ・オリオル・メストレス、イグナシ・デ・ソラ=モラレス、リュイス・ディルメ、シャビエル・ファブレ
エンジニア
フレデリック・ギスペール
ディベロッパー
リセウ大劇場コンソーシアム
建築された年
1845 – 1847
12
建築面積
36.000m2
位置
ラ・ランブラ51-59、08002バルセロナ、カタルーニャ、スペイン

はじめに

リセウ劇場の最初の建物は、建築家ミケル・ガリーガ・イ・ロカの計画に基づいて建てられた。 工事は1845年4月11日に始まり、1847年4月4日に正式にオープンした。

このプロジェクトは、ボックス席や特等席の販売などの商業活動によって資金が調達され、リセウ大劇場後援会(SOCIEDAD DE PROPIETARIOS)が設立された。 開場後、1980年まで、会場の利用はさまざまなコンセッショナリー・カンパニーに委託され、その会社は、協会に帰属しないチケットの販売収入を得る代わりに、合意された数のショーを上演することを約束した。

1861年の火災で建物の大部分が焼失したが、ランブラス通りに面した入り口とエル・ベルゲルとして知られる鏡の回廊は残った。

1994年1月31日、新たな火災が発生し、ホールと舞台が全焼した。 リセウ大劇場をより近代的な方法で再建し、同時に拡張するために、同年、リセウ大劇場財団が設立され、リセウ大劇場会社は、そのスペースの所有権を、行政のみで構成されるリセウ大劇場コンソルチに譲渡した。

改修と増築は、1986年に建築家イグナシ・デ・ソラ=モラレスが行った改修・増築プロジェクトがベースとなり、1988年にザビエル・ファブレとリュイス・ディルメが加わった。 総面積12,000平方メートルから36,000平方メートルへと3倍に拡大された新校舎は、再建、技術的近代化、警備強化という3つの軸を中心に優先順位を設定した。

新劇場は1999年10月7日に開場し、当初の計画を尊重した外観となったが、サン・パウ通り(Carrer San Pau)とウニオ通り(Carrer Unió)の隣接地に拡張されたため、高度な技術インフラと広い面積を持つようになった。

所在地

リセウ劇場は、スペイン、カタルーニャ州シウタット・ベリャのバルセロナ・ランブラ通り51-54番地の中央部にある、かつてのトリニタリアン修道院の跡地に建てられた。

最新の改築により、劇場は3つのファサードを持つようになった。1つはウニオ通り(Carrer Unió)に面しており、商品用の入り口が1つ、もう1つはサン・パウ通り(Carrer San Pau)に面しており、2つのメイン入り口のうちの1つがある。 ランブラス通りの3つ目のファサードは、前の2つの通りの間の全長にわたっており、歴史的な外観と新しい建築が組み合わされている。 このファサードには、チケット売り場、バー、その他の補助的な入り口がある。

コンセプト

最初のリセウ劇場のデザインは、イタリアの劇場、特にミラノのスカラ座にインスパイアされた。 馬蹄形のホールだが、イタリアのものとは異なり、箱がニッチを作ることはなかった。 パリのバスティーユ・オペラ座がオープンするまで、リセウ劇場は2,338席を擁するヨーロッパ最大の劇場だった。

1994年~1999年、劇場の改築と増築

リセウ劇場の改築と増築は、「技術的要素、安全性、快適性、建築」という現代のオペラハウスのパラメータを基本目標として考慮し、「革新」と「記憶」の間の緊張を中心概念として導入した。

劇場は12,000m2から36,000m2に拡張されたにもかかわらず、再建、技術的近代化、安全性の向上という3つの優先順位に基づき、可能な限り火災前の状態に近い形で再建するという確固とした決定に常に主眼が置かれていた。

スペース

1861年の火災と同様、1994年の火災でも舞台とホールが全焼し、主要な壁だけが残った。 残りの部屋、ファサード、ポーチ、前庭、階段、鏡の回廊と隣接する部屋、音楽院、リセウム・サークルはそのまま残った。

建築面積36,000m2のうち、70%が舞台と劇場関連サービスで占められている。 折衷的なスタイルのホールは2,292席。

ホワイエ

正面玄関はランブラス通りに面している。 チケット売り場があった三連アーチの車寄せを横切ると、1994年の火災で被害を受けなかったスペースのひとつ、200m2のメインホールに入る。 ルネサンス様式に基づき、建設当時は新古典主義を自由に解釈した「フィレンツェ様式」として知られていた。

1961年と1994年の火災の際、このスペースはサロ・デルス・ミラルスとともに炎から救われ、原始的な劇場の唯一の遺構となった。

サロ・デル・ミラルス

ホワイエの上部には「サロ・デルス・ミラルス」があり、休憩時間や開演前の待ち合わせ場所となっている。 以前は「エル・ヴェルジェ」と呼ばれていたこのホールは、火災後に復旧され、丁寧に修復された。 天井には新たな絵画が追加され、壁の上部には美術や音楽に関する文章が書かれた。 修復後、「音楽のミューズ」と呼ばれるヴェナンチ・ヴァルミジャナの彫刻が取り替えられた。 ホールはホワイエから、同じく新古典主義様式の大理石の階段で上がる。

面積は280m2で、宴会場として190席、講堂として240席が利用できる。

ホワイエ

ホールの屋台の下には511m2の多目的スペースが新設され、休憩時間にはカフェテリアが開放される。 近代的なオーディオビジュアル機器と優れた音響効果を備え、小規模なコンサート、会議、プレゼンテーション、祝賀会などに適しています。 立食は511人(1平方メートルあたり1人)、講堂は421人、宴会は340人。

部屋

高さ20メートル、奥行き33メートル、幅27メートル、総面積360平方メートル、2292人収容のコンサート・ホールは、1847年の火災で焼失したホールを忠実に再現したもので、オリジナルの馬蹄形を保っている。 改装工事は、最先端の技術設備を取り入れ、可能な限り快適で安全なものとなった。 レセプションやガラディナー、その他のイベントのために、屋台を台で覆ってホールを「大広間」にすることもある。

5階建てのボックス席があり、プロセニアム、客席、円形劇場に小さなボックス席がある。

シナリオ

リセウの建物全体は、その核となる最大の空間であるステージを中心に展開されている。

舞台口は幅14m、昇降する2つの大きな台がある舞台は幅15m×奥行き16m。

レベル0からは大きなステージタワーがそびえ立ち、屋根の上はステージの高さより28メートル、下は26メートルで、様々なプラットフォームを収容できるようになっている。

また、オーケストラ・ピットは、公演の種類によって、舞台から2メートルほど下に上げられたり、下げられたりする台である。 さまざまなレベルの120人のミュージシャンが参加できる。

コンサート・チェンバー

コンサート・チャンバーは、前面幅13.35m、背面幅9m、奥行き13.9m、前面部高さ9.1m、背面部高さ5mで、モジュラー・コンセプトに基づいており、さまざまなチャンバー・フォーマットを構成することができる。 このプロジェクトには、プロセニアム・コンサート・チャンバーと、聖歌隊とオーケストラのためのグランドスタンドも含まれている。

構造

1847年に落成した建物では、ホールを囲む壁は強固な構造壁で形成されていた。 屋根と箱の前面は、厚さ1メートルの洞窟の壁から作られた。

1999年に行われた改修と再建では、1909年に建てられたプロセニアムの構成が尊重され、中央の大きなアーチは、舞台の上にある4階建てのボックス席の欄干を支える2本のコリント式円柱によって、それぞれのアーチが明確に定義されている。

ステージの構造は十字架の形をしている。 中央には15×16mの長方形の舞台があり、その両側と後方には、エレベーターと移動台による複雑なシステムによって、最大3つの舞台を同時に移動させることができる別棟のスペースがある。

舞台空間を最大限に利用し、その容積を最小限の厚みでカバーするために、非常に細い柱と梁を持つ特殊な鉄骨構造が設計された。 この構造の特性上、またより高い精度を達成するためには、構造節点と接合部の徹底的な研究が必要だった。

交響楽団が劇場で使用するコンサート・チェンバーは、完全に自立した構造で、ステージ・レールのシステムに沿って移動する。 4つのモジュラー・セクションで構成され、それぞれに屋根、2つのサイド・ウォール・タワー、4つのバック・ウォール・タワーがある。

セキュリティシステム

改修プロジェクトで最も重要なポイントのひとつは、一般市民のアクセスと避難だった。

以前の建物の入り口は、ランブラス通りからの1つだけだった。 ランブラス通りのメインエントランスの改築に伴い、サン・パウ通りにもエントランスが設けられ、必要に応じて3つの出口が設けられた。

垂直移動用の階段は3段から6段に増えた。

パブリック・エリアは、火災やその他の緊急事態が発生した際に、ガス、煙、炎を遮断するために独立した密閉状態にできるよう、セクターごとに分けられている。

一般に、作業区域は一般専用区域と同じ安全条件がある。

地下水

新ビルの建設に関わる多くの難題の中で、最も重要なもののひとつは、ステージエリアの道路面より下のスペースの建設で、そのために非常に深い基礎を築かなければならなかった。 下層土の特性から地下水位は9mと推定され、掘削するボーリング孔は約50mでなければならなかった。 この深さには不透水性の土壌層があることがわかっていたため、当初はこの区域の周囲に深さ34メートルの壁を築いて水を封じ込める計画だった。 そのため、厚さ1メートルのコンクリート壁を作り、深さ56メートルの第2防水層に到達させなければならなかった。 これらの工事は1年半遅れた。

材料

大きな鉄骨、鉄骨、鉄筋コンクリートの梁が構造の改修に使われている。 新しいファサードは、ランブラス通りに面した明るい色の石板で覆われ、グレーの金属フレームと組み合わされ、歴史的なファサードと対照をなしている。 側面には脈状の大理石の板が数枚使われている。

内部では、オリジナルのステージを再現しようと試みられているが、鋳鉄製で赤いベルベットの屋台のように、形が正確でない場合もある。

現在のカーテンは赤いベルベット製で、アントニ・ミロがデザインした。 縦開きと端から端までの2種類がある。

天井とプロセニアムアーチの上にある8つのオキュリは、画家ペルジョームの作品である。 そのうち5つは開閉式で、照明システムの一部を構成する一連のスポットライトが見える。 中央のランプは建築家ソラ=モラレスの作品。

コンサートホールのサイドタワーは鋼鉄製で、照明プロジェクターや空調ダクトを組み込んだアルミ製の屋根構造を支えている。 合唱団とオーケストラのスタンドの構造もアルミニウム製だ。 これらの構造はすべて、22mm厚のオーク合板で外装されている。

劇場には自動集中煙・温度検知システムがある。 また、警報装置とスプリンクラーシステムが劇場のコントロールセンターに接続されており、館内のあらゆる場所で起きていることに関するすべての情報が常に届くようになっている。

ビデオ

図面

写真

by WikiArquitectura ( octubre 2015)

Sección
Sección
Maqueta
Maqueta
Maqueta
Maqueta