Unwritten Architecture stories, imagined by Artificial Intelligence
テクニカルアーキテクト
スタンダード・アーキテクツ
ランドスケープアーキテクト
MNLA, シグネ・ニールセン
構造エンジニア
アラップ
電気技術者
フィッシャー・マランツ
建設会社
ハンター・ロバーツ建設グループ
ディベロッパー
ハドソン・リバー・パーク・トラスト(HRPT)&ピア55プロジェクト・ファンド(P55P)、バリー・ディラー
設計された年
2014
建築された年
2016 - 2021
建築面積
9712,45m2
位置
ミートパッキング地区、チェルシー、ニューヨーク、ニューヨーク、アメリカ

はじめに

リトル・アイランドは、ディラー-フォン・ファステンバーグ・ファミリー財団(DVFFF)が、ニューヨーク市の支援を受けて立ち上げたプロジェクトである。 DVFFFの広範な慈善活動の歴史は、ハイライン、自由の女神博物館、シグネチャー・シアター、カーネギーホール協会、セントラルパーク・コンサーバンシーなど、市内の他の公園や芸術団体にも及んでいる。

2013年、バリー・ディラーはハドソン・リバー・パーク・トラストと共同で、ハリケーン・サンディで被害を受けたニューヨークのピア54の修復と再活性化のための解決策を想像するという、またとない機会を与えられた。 ディラーは、ハイラインと同じように、自然やアートに没入できるような、まったく新しい公共空間を構想していた。

英国を拠点とするヘザーウィック・スタジオと、ニューヨークを拠点とするシグネ・ニールセン率いるランドスケープ建築事務所MNLAとのコラボレーションから生まれたこの公園の想像力豊かなデザインは、ニューヨーカーや観光客に、気まぐれで魅惑的な新しい公共空間を提供する。

トーマス・ヘザーウィックがこのプロジェクトを完成させるのに要した期間は8年。 元々ピア55と呼ばれていたこのプロジェクトは、2014年に初めて提案され、メディア界の大物バリー・ディラーとその妻でファッションデザイナーのダイアン・フォン・ファステンバーグが支援した。

工事は2016年に始まり、1年後に地元団体から抗議を受けて中止されたが、2019年にリトル・アイランドという新たな名称で再開された。

所在地

リトル・アイランド・パークは、北はピア97から南はバッテリー・パークまで続くハドソン・リバー・パーク内にある。 新しい島はさらに南、マンハッタンのウエストサイド、西13丁目と川が交わるチェルシーにあり、アメリカニューヨークの ハイラインの南端近くに位置し、本土とは2本の橋で結ばれている。

20世紀初頭、ピア54には英国キュナード・ホワイト・スター・ラインがあった。 これがアメリカとヨーロッパを結ぶ旅の出発点となった。 2012年にハリケーン・サンディが襲い、桟橋の多くが被害を受け、その跡地はリトル・アイランドができるまで放置されていた。

コンセプト

ディラーは、アート業界のリーダーであるスコット・ルーディン、スティーブン・ダルドリー、ジョージ・C・ウルフ、ケイト・ホートンの専門知識を活用し、アートを統合した新しい公共公園を作る幅広い可能性を探った。 このチームは、ハドソン・リバー・パークとともに、このビジョンを実現するためにヘザーウィック・スタジオと MNLAの設計事務所を選んだ。 両社は、建築の革新性と魅惑的な景観を融合させ、来場者が遊び、くつろぎ、想像し、食事ができる都市生活のオアシスを提供した。

“…私が心に描いていたのは、ニューヨークの人々のために、そしてそこを訪れる人々のために、一見して眩しく、利用すれば人々を幸せにする空間を作ることだった…”バリー・ディラー

ヘザーウィックによれば、デザインのアイデアは、旧ピア54の杭が今も水面から突き出ていて、魚の繁殖場所となっているのを観察したことから生まれたという。 ポットの形は、水が凍ったときに盆地の周囲にできる氷の模様を観察したことからヒントを得た。

スペース

庭園には、日光浴やリラックスできる場所がたくさんあり、くつろいだり、人々やショーを見たりすることができる。

リトル・アイランドには、川に面した木製ベンチと687人収容の円形劇場を含む3つのイベント会場がある。 公園内には540メートル以上の道路が縦横に走り、アップダウンを繰り返しながら山岳風景を作り出している。

公園内に新たな建造物を建てて景観を邪魔する代わりに、公演会場の付帯施設はすべて桟橋の下に建設され、橋の1つからアクセスできるようになっている。

建築家とエンジニアは、観客の視線ニーズを景観の輪郭に統合することに努め、大規模な音楽パフォーマンスからマルチメディア・アート・インスタレーションまで、幅広いイベント、ショー、コンサートを公園全体でサポートするための隠れた柔軟なインフラを公園表面に埋め込んだ。 最終的な結果は、公園全体の外観を損なうことなく、素晴らしいパフォーマンス体験をサポートできる空間となった。

景観デザイン

MNLAが開発したランドスケープデザインは、水面に浮かぶ木の葉をイメージしたもので、ニューヨークにとって視覚的に印象的で刺激的な空間となりうる。

桟橋の角が盛り上がっていることで、さまざまな微気候が生まれ、それが色、質感、光と影によって明らかになる。 散策路をぶらぶらと歩いたり、階段や岩場などの別ルートを通ったりしていると、豊かな植物に目を奪われたり、街や港の壮大な景色に目を奪われたりする。

出来上がった風景は、質感と色彩のテーマが広範囲に広がり、季節ごとに調整され、見事な木々によって彩られている。

3基のロック・リフトが設置されており、木製の階段のある轍のある道ではなく、より冒険的な道を登ることができる。

構造

リトル・アイランドの支持構造は、ハドソン川からさまざまな高さで立ち上がるコンクリート杭で構成され、水生生物の生息環境を維持するために大部分が保存された54番埠頭と56番埠頭の残材杭の間に現れている。

ヘザーウィック・スタジオは、現存する旧ピア54の構造用木杭を利用した新しい桟橋の設計案を検討した。 上面はとっくに消えていた。

古い杭に付随して、水面から顔を出す公園を作るというアイデアだった。 新しいコンクリート柱を岩盤に打ち込む深さを決定するために数週間かけて調査した結果、このプロジェクトは、川底の花崗岩(水深61m)に固定された280本の新しいコンクリート柱に発展した。このコンクリート柱が現れると、空に向かって伸びて開き、緑の景観、劇場スペース、さまざまなレクリエーション要素で覆われたセクションが合体してできる。 それぞれの杭は最大350トンを支えることができ、高さは4.57〜18.90メートル。

杭はチェサピークで製造され、エリザベス川からハドソンまではしけで運ばれた。 その誤差はわずか7.62cmで、魚の回遊シーズンを考慮し、5ヶ月の休息期間を空けて10ヶ月で配置された。

ポットの幾何学模様は、カイロ・モザイクの五角形の繰り返しパターンを踏襲することで、一見不規則な形を生み出し、柱が一直線ではなく、型枠の反復使用を可能にするデザインとなっている。

各ポットは中空で、ニューヨーク北部で製造された複数の「花びら」から組み立てられるように設計されており、組み立て現場まで陸路またははしけで運ばれる。

杭の半分は、直径6.10mの「チューリップ・ポット」を作るモジュールの支えとなっている。 4〜6枚の花びらで構成され、中央の柱に支えられたコンクリート製のプランターが、公園の表面を構成している。

1鉢の設置には数時間かかり、合計132鉢が現場に設置された。 39種類の型枠が使われ、1つのポットの重さは約75トン。

現場打ちコンクリート・スラブがすべてのプレキャスト部材をつなぐ。

グリーンルーフ

エンジニアたちは、公園を “巨大な緑の屋根 “に変える統合雨水管理計画を開発した。

公園の景観や広場に巧みに組み込まれたグリーンインフラ要素のネットワークのおかげで、事実上、表面全体が雨水のスポンジとなっている。 水が公園の表面に達すると、桟橋構造の基質を通して浸透し始め、徐々にハドソン川に放流する前に水を処理するように設計されている。

材料

リトル・アイランドは海洋植物園で、35種の樹木、65種の低木、290種の草本、多年草、つる性植物、球根が植えられている。 MNLAは、公園を歩く人々に川からの風が当たらないように、常緑樹を戦略的に選んだ。 夏には日光浴ができる芝生もある。

通路の階段は、ニューヨーク原産の広葉樹、ブラックローカストで作られている。 7組420段の階段が削られた。

エンジニアは、3Dパラメトリック・スクリプトを使用してポット構造の形状を開発し、プロジェクトの製造工程をガイドするデジタル・モデルを作成した。 プランターはプレハブのコンクリート・シェルで作られており、柱の頭で支えられている。

擁壁には耐候性の鋼矢板が使用され、桟橋全体に使用されている温かみのある素材のパレットを継承している。

図面

Heatherwick Studio and MNLA

写真

Fotos WikiArquitectura (Abril 2023)

Heatherwick Studio – Timothy Schenck

 

 

Emplazamiento
Planta
Anfiteatro
Lugar espacimiento
Estructura
Sección geologica
Seccion
Seccion
Axonometria jardineras