Reimagining Architecture: where Artificial Intelligence meets history
テクニカルアーキテクト
ウィリアム・グッドマン
アソシエイト・アーキテクト
グラハム、アンダーソン、プロブスト&ホワイト法律事務所
ランドスケープアーキテクト
アルフレッド・コールドウェル
構造エンジニア
ウィリアム・シュミット&アソシエーツ
建設会社
クレーン建設株式会社
ディベロッパー
ウィリアム・F・ハートネット・ジュニア、チャールズ・ショウ
建築された年
1965 – 1968
高さ
196.60m
70
エレベーター
9
建築面積
120.773 m²
位置
米国イリノイ州シカゴ、ノース・レイク・ショア・ドライブ505番地

はじめに

1968年に完成したレイク・ポイント・タワーは、シカゴのスカイラインを象徴する歴史的建造物であり、開業以来多くの著名人が住んでいる。

1968年に竣工したこの建物は、建築家たちによって設計された。 ジョン・ハインリッヒと ジョージ・シッポレイト、元教え子 ミース 高さ196.60mは、イリノイ工科大学で建設された住宅用ビルとしては世界一の高さであった。 ブルジュ・ハリファドバイ 背が高く、3つの翼を持つ湾曲した「Y」の形は、建築家のインスピレーションとなった。 エイドリアン・スミス 生まれ シカゴ.

シカゴ建築会議功労賞(1968年)、シカゴ支部AIA特別建築賞(1969年)、シカゴ支部AIA特別功労賞(1970年)、アメリカ建築家協会全米名誉賞(1970年)、シカゴ支部AIA25年賞(1994年)、アメリカ建築家協会全米150のお気に入り建築物(第73回)、デイリー市長景観賞受賞者(2009年)、SOAR美化賞受賞者(2019年)など。

歴史

その可能性が検討され始めたのは、1950年代半ば、シカゴ・ドック&カナル・カンパニー・トラストが、ミシガン湖畔のシカゴ川本流北端に位置する18haの工業用地を資本増強する時期が来たと判断したときだった。 トラストは、この街の初期の開拓者の一人であり、発展の原動力となったウィリアム・オグデンの発案によるもので、彼は若い大都市に投資して巨万の富を築いた。 1850年代、オドゲンは河口の湖に突き出た一帯の砂を手に入れ、周囲の水域をゴミと土で埋め、自分だけの港を作った。 その間に、カナル社は拡張し、シカゴ&ノースウェスタン鉄道の幹線に接続する一連の倉庫を建設した。 1950年代後半、ミシガン・アベニューの東側一帯が工業地区から高級商業・住宅地区へと変貌を遂げる中、倉庫の所有者たちは好機を捉えていた。 時代は変わり、商品を収容するスペースを所有することから、人を収容するスペースを所有することに移行したことで、より多くの利益を得ることができるようになった。

プロジェクトに資金を提供してくれる開発業者を探したが、トラストは土地を売却するのではなく、99年以上の長期リース契約を望んでいたため、それは容易なことではなかった。 やがて、開発業者のウィリアム・ハートネットとチャールズ・ショウが好機を見出し、敷地面積の取引を成立させ、2人の若い建築家を雇って計画を練らせた。 建築家ジョン・ハインリッヒと ジョージ・シッポレイトの最初のプロジェクトだった。

所在地

このレジデンシャル・タワーは、ミシガン湖畔の岬、505ノース・レイク・ショア・ドライブ(505 North Lake Shore Drive)に位置する。 この高層ビルは、グランド・アベニュー、イリノイ・ストリート、レイク・ショア・アベニューとストリーター・アベニューに囲まれている。

シカゴの伝説的なレイク・ショア・ドライブの東にある唯一の超高層ビルであり、レイク・ショア・ドライブとネイビー・ピアの間に位置するため、特に1968年の開業から5年経った現在では、あらゆる方向から遮るもののない眺望が楽しめる、 シカゴ 湖岸保護条例が制定され、市の海岸線を台無しにする商業施設の建設が禁止された。

コンセプト

Schipporeit&Heinrichという事務所名でこのプロジェクトに携わった建築家たちは、バウハウス運動と国際様式派の最も有名な建築家の一人であるミース・ファン・デル・ローエの教え子であり、シカゴのイリノイ工科大学で教鞭をとっていた。 シッポレイトは市内のミースの事務所でも働いていた。

偉大な巨匠の影響は、ファサードのガラスカーテンの美学に見ることができる。 ミース・ファン・デル・ローエは、ベルリンのフリードリッヒ通りにあるオフィスビル(1919年)と、架空の場所に建設された30階建てのガラス超高層ビル(1920-1922年)の2つの未完成の設計にインスパイアされた。 タワーのデザインは同じような路線で考案された。積み重ねられた平らなフロア構造、自由な間取り、そしてガラスの外皮。

スペース

タワーは「都市の中の都市」を提供する。 70階には円形のペントハウスがあり、360度の素晴らしい眺望を楽しめるワールドクラスのレストラン「シテ」、オープンエアの公園、駐車場、図書館、プール、ジム、会議室などがあり、公園の下の1階から2階にはショップやレストランが並んでいる。

レイク・ポイント・タワープロジェクトは、高層住宅にいくつかの革新的な機能を取り入れた。 初の全電気自動車であると同時に、地上3階建ての壮大なプライベート・パークを備えた「グリーン・イン・ザ・シティ」コンセプトの先駆者でもある。

市内の公園

レイクポイント・タワーの歴史あるスカイライン・パークはタワー3階にあり、著名な造園家アルフレッド・コールドウェルが設計した10,117m²のプライベートな楽園で、都会のオアシスとなっている。 窓のある廊下、シダレヤナギ、反射する水、低い壁、そしてテラスの巨大な穴から下の階へ通じるという嬉しい驚き。

花、低木、季節の植物で彩られた庭園、手入れの行き届いた芝生の草地、80本の木々に囲まれた静かな池と散歩道、天然石の滝、バーベキュー・エリア、遊び場がある。 この公園は、あまり知られていないものの、市内で最高のオープンスペースのひとつに数えられている。

住宅用ユニット

9基のエレベーターと3つの階段がある中央のコアから、3つの廊下がフラットにつながる各棟へとつながっている。

この建物の特徴である3枚葉のフロアプレートは、湖の眺望を最適に確保する一方で、フラットレイアウトのためのオープンでフレキシブルな空間を提供し、風荷重に対する抵抗も少ない。

フラットの内部は、ガラスのファサードがフロア全体を縦に貫くボックスで遮られ、建物のさまざまな暖房、空調、換気ダクトやその他の設備が隠されている。 この革新的なファサードの曲率は、利用者から隣のアパートの窓が見えないように計算されている。

1998年、879戸の住宅はコンドミニアムに改築された。 その日まで、このアパートは貸し出されていた。 その後、住戸には多くの組み合わせが施されたが、建物の外観の特徴やリフトのある中央のコアはほとんど変わっていない。

構造

その高さと湖畔に位置するため、非対称のタワーは強風に耐えられるように設計されなければならなかった。 建物の中心には幅18mの三角形のコアがあり、9基のエレベーターと3基の階段がある。 このコアが建物の垂直方向の重量全体を支えることで、ファサードの外周部の柱を大幅に小さくすることができる。 コアから放射状に伸びる3本のアームが、非対称のY字型の間取りを形成している。当初は4アームプランとして設計されたが、最終的に3アームプランに変更された。 ガラスカーテンウォールは、センターコアに接続された平らなコンクリートスラブから吊り下げられている。 湾曲した周壁のデザインは、居住者のプライバシーを守る。

建設

この建物を採算の合うものにするため、若い建築家たちはタワー内に900のワンルーム、1ベッドルーム、2ベッドルーム、3ベッドルームのアパートを収容し、700台分の駐車場を設けなければならなかった。 かつては湖水であった “地面 “は埋め立て地の層で構成され、人工的な地表のスポンジのような質感を克服するために、街路レベルから4階建てのガレージを積み上げ、建物のためのプラットフォームを作り、そこから頑丈な杭で建物を持ち上げた。 構造物を空中に保つため、建築家は木の幹のような長いコンクリートシャフトを作り、街路の高さよりかなり下の岩盤の上に置いた。 ミース・ファン・デル・ローエが1922年に考案した初期の設計にヒントを得て、4階建ての土台の上にY字型のフロアプランが描かれた。

材料

主な建設資材は鉄骨、鉄筋コンクリート、ガラスである。

建物のファサードは、ブロンズアルマイトで縁取られたブロンズ色のガラスのカーテンで、ミシガン湖からの太陽光を反射すると黄金色に見える。

各階の床スラブは鉄骨梁と鉄筋コンクリートでできている。

駐車場を収容する4階建ての塔の土台は、外側が緑色の釉薬のかかったレンガで覆われている。

滝にはこの地域の自然石が使われている。

ビデオ

このビデオのナレーションは、建築家ジョージ・シッポレイト自身が担当している。 映像は暗く、粗く、歪んでいるが、ビルの建設における課題と方法について魅力的なストーリーを伝えている。

図面

写真

Fotos archivo

Otras fotos

Planta complejo
Planta edificio
Alzado
Maqueta
Dibujo
SONY DSC