NON-Architecture stories, in your inbox every Monday
ランドスケープアーキテクト
EGIS aménagement
構造エンジニア
B+G Ingenieure、Bollinger und Grohmann GmbH、Coyne et Bellier、VS_A、
音響エンジニア
キャビネット・ラムルー
電気技術者
ハー・ホーランズ
ディベロッパー
ローヌ総評議会
建築された年
2006 - 2014
高さ
41m
90m
長さ
190m
土地面積
20.975m2
建築面積
46.476m2
体積
195.206m3
費用
255,4 millones de euros
位置
フランス、リヨン、69002、ペラーシュ通り86番地

はじめに

2001年の国際設計コンペで優勝したオーストリアの建築スタジオ、コープ・ヒンメルブ(ル)オーによって設計され、2014年12月20日に開館したコンフリュアンス美術館は、人類と生命の物語を伝えている。 常設展示の回路は、偉大なる普遍的な疑問から始まり、人類の起源と運命、文化と文明の多様性、そして生命の網の目における人間の位置を探求する。 200万点を超える収蔵品を誇る同館は、プログラムを通じて、あらゆる大陸、さまざまな社会における人間の根幹をなす物語を紹介している。

形の変異、貫通、変形、同時性、断裂、可変性が建築に影響を与える。 その結果生まれる建築は、新しい形を構成するさまざまな実体の相互作用、融合、突然変異によって特徴づけられる。

所在地

博物館の建設地は、ローヌ川とソーヌ川が合流する、100年前に人工的に拡張された半島にある。 536本の杭を30メートルの深さまで打ち込んで工事を確保しなければならないなど、この場所が困難な場所であることは明らかだったが、都市デザインにとって非常に重要な場所であることは明らかだった。 この建物は、南からやって来る観光客にとって特徴的な目印であり、ゲートウェイであると同時に、都市開発の出発点でもある。

コンフリュアンス美術館は、名前も建築デザインも特徴的だ。 “コンフルエンス “とは、何よりもまず、その類まれな地理的立地を指している。 美術館のすぐ下流では、ローヌ川とソーヌ川の流れが合流し、収束、混合、流動という概念を示唆している。

コンセプト

美術館は、自らを知的ブルジョワジーだけの「ミューズの神殿」ではなく、現代の知識にアクセスできる公共の場であると考えている。

オーストリアのコープ・ヒンメルブ(ル)オー社が開発したコンセプトは、自然へのアクセスを妨げるのではなく、構造要素と自然との間に移行する美術館を建設するというアイデアに基づいている。 橋のようなデザインで、入場券を買ったり、展覧会を見たりしなくても、ホールや内部空間を横断することができる。

このビルを建設するためには、街の象徴的な玄関口として、新しく複雑な形状を開発する必要があった。 本当に目立つ建物は、新しい幾何学から生まれる形を通してしか生まれない。 ポワント・デュ・コンフリュアンにやってくる観光客の流れが、建物によって妨げられないようにすることが、このコンセプトにとって重要だった。 そこで考案されたのが、オープンで歩きやすく、支柱の上に浮かび、その下に公共スペースを作るというものだった。

「その明瞭で読みやすい形は、私たちが日々動いている世界を表している。一方、雲は未来の知識を含んでいる。何が知られていて、何が探求されるべきかは、コンフリュアンス美術館の実験的な空間デザインによって理解され、人々の好奇心を刺激する……」(ウルフ・D・プリ)。

複雑に連結した2つの建築ユニットというコンセプトは、建設地に選ばれた驚くべき界面状況の結果である。

スペース

島の南端にある公園の延長として、新しい都市空間が形成される。内部と外部を融合させ、ダイナミックな空間イベントの連続をもたらすスロープとサーフェスで構成されるランドスケープである。 この動きは、展示ホールの交互の空間構造にも踏襲されている。 2階建てホールの2倍の高さを生かし、クローズドなブラックボックスと自由な展示エリアが交互に配置されている。

建築的にも、リヨンの街の新しいランドマークは、技術的にも素晴らしい成果を上げている。 脱構築主義のデザインからは、2つの異なる構成要素が浮かび上がってくる。

説明

ローヌ川とソーヌ川の合流地点という意外な立地から、都市空間にクリスタルと雲という複雑に結びついた2つの建築ユニットを重ね合わせることを思いついた。 支柱の上に浮かぶ雲の構造体には、展示デザインの自由度を最大限に高めるため、日光を通さないブラックボックスが空間的に連続している。 外から見ると、美術館は正面ファサードではなく、多くのファサードを見せ、見る人の位置によって変化する流動的なひとつの輪郭を形成している。

床面積は21,000m2で、そのうち2,800m2が常設展示、1,900m2が企画展示に充てられている。この建物は、コープヒンメルブ(ル)オーの「脱構築主義」のアプローチと一致する、ほとんどズームのような外観をしており、3つの構成要素から成っている:

  • コンクリート台座:美術館の上層部を支える、半埋没状態の2層に分かれた鉄筋コンクリートの地下。 技術エリア、ワークショップ、344席と122席の2つの講堂、団体客用のレセプションがある。
  • 建物の北側にある、街に面した鉄骨とガラスでできた「クリスタル」には、美術館のメインエントランスとロビーがある。 街の側面に向かってそびえ立つこの建造物は、都市のフォーラムとして、また来訪者のためのエントランスホールとして構想されている。 はっきりと読み取れるその形は、日常世界を表している。
  • 柱に支えられた4層構造で、10,000m2の建築面積を持つ金属製の雲は、美術館の中核である。 結晶構造とは対照的に、雲には未来に関する知識が隠されている。 それは、隠れた潮流と無数の移り変わりがある柔らかい空間である。 この美術館は、常設展と企画展の配置に大きな柔軟性を与えるブラックボックスの連なりとして構想されている。 このスペースには、ミュゼオラボ・デジタル・ワークショップ、マルチメディア・ライブラリー、管理事務所、210m²のパノラマテラス付きレストランなど、いくつかの工房も入っている。

この美術館には24,400m²の庭園もあり、コープ・ヒンメブ・オーは2つの川の合流点に位置する社交の場としてこの庭園を設計した。

構造

建築構造は、内と外、過去と現在、自然と文化の間で達成されたバランスの物理的表現である。

完全に生コンクリートで作られたゾカロの高さは8メートル。 14本の記念碑的なポールと3本の支柱が、常設展示スペースと企画展示スペースを収容する6,500トンの金属屋根「クラウド」を支えている。

クラウドは、その形を作る支持構造と骨格構造で構成されている。

グレージングは、完全に見える一次側鋼管構造と、グレージングを支える二次側構造で構成され、その枚数は1500枚。 ガラスとスチールの屋根は下に向かってカーブし、構造全体をコンクリートの土台に伸びるシャフトへと導いている。

美術館をつなぐ歩道と階段は、中央の「重力の井戸」の周囲をぐるりと回り、美術館の上層階にアクセスできるようになっている。

全体は部分的に雲の構造で支えられており、台座の上に基点がある。 深さ30mに埋められた536本の杭が、構造物全体の重量を支えている。

材料

ローヌ川とソーヌ川が合流する半島の先端に、ガラスとコンクリートと鋼鉄でできた霧のような建造物が建っている。

メイン・ホワイエはスチールとガラスで覆われている。 ホワイエのステンレス鋼板もギャラリーの屋根を覆うステンレス鋼板も厚さ3mmで、断熱効果が高い。

環境コンセプト

ホワイエは “ガラス張り “で、自然に換気される。 給気は東側ファサードのガラス張りの換気フラップから入り、排気はルーフエリアから出る。 したがって、従来の空調システムを使う必要はない。 主要なアクセスエリアと作業スペースだけが微気候ユニットで、局所的な冷暖房システムによって快適性が保証されている。 土壌は地下水によって冷やされる。 これにより、長期的には美術館ホワイエの大幅な省エネが実現する。

断熱の面では、展示エリア「雲」のファサードは、非常に効率的な建築構造によって特徴づけられている。 主要なアクセスエリアはすべて自然採光で、人工的な光によるサポートはほとんどない。 屋根には500m2の太陽光発電システムが設置されている。

衛生区域への給水は地下水で行われている。

ビデオ

図面

写真

Joan

 

Emplazamiento
Planta baja
Nivel superior
Alzado
Sección
Diagrama
Conceptos energeticos
Regulación térmica
Boceto
Boceto