Reimagining Architecture: where Artificial Intelligence meets history
テクニカルアーキテクト
日建設計
構造エンジニア
内藤多仲
建設会社
竹中工務店
建築された年
1953 - 1954
高さ
180 m
5
位置
日本、名古屋

はじめに

2021年5月1日より、名古屋テレビ塔は中部電力MIRAIタワーに改称される。 日本で最初に建設された電波塔であり、現在では国内最古のテレビ塔である。

テレビ塔としての機能は2011年に終了したが、このタワーは街のシンボルとなっている。 2020年に行われた改修工事では、先駆的な工法が採用され、元の外観を保ちながら耐震性が高められた。

逸話

ゴジラ

1992年の映画『ゴジラ対モスラ』では、バトラが名古屋を攻撃し、戦車のミサイルが命中してタワーは破壊された。

金の雨が降る

100万円をタワーから投げる男(日本

火曜日、株式市場の賞金を分け合おうとした男が、日本の中心部にあるタワーの展望台から100万円(9,350ドル)を投げ捨てた。

正体不明の男は1ドル札と100円札の束を2つの大きな袋に入れ、名古屋市内のテレビ塔の4階から投げ捨てた。 紙幣は歩道や路上に降り注ぎ、人々は風に飛ばされる前にキャッチしようと走り回った。 100円紙幣はもはや流通していない。

その直後、この男性はNHKのテレビ局に対し、今月初めに株式市場で得た利益の一部を分配したいと語った。

「金はありすぎる。必要ない」と彼は言った。 「世界に何かをお返ししたい」。

隣の岐阜市に住む26歳の無職の男は、名古屋空港でドルを両替し、インターネットで100円札を買ったと警察に話した。

愛知県警の里見達之巡査によると、偽造紙幣はなく、法に触れるようなことはしていないという。

日本第4の都市である名古屋は、東京の西269キロに位置する。

所在地

愛知名古屋市中区錦3-6-15久屋大通公園の中心に位置する名古屋テレビ塔。

コンセプト

タワーは2つの異なる目的のために建てられた。 テレビ放送と、地上90mの屋内スカイデッキと地上100mの屋外スカイバルコニーの2つの展望台から街を見渡すことができる。

スペース

展望デッキに加え、地上90メートルのスカイデッキからは、渓谷や山々のパノラマビューが楽しめる。 名古屋 高さ100mのスカイバルコニーを持つこのタワーの4階と5階には、タワーホテル名古屋が誕生した。

このホテルは、タワーのオリジナルの骨組みを客室の構造に取り入れており、構造用の鉄の梁が壁面にあり、装飾の一部として見えるようになっている。 地元のアーティストによるアートワークが、各部屋に異なる個性を与えている。

塔の中にはレストランやカフェ、この地方の特産品を扱うショップがある。

タワーの外は、芝生のある広い公共エリアに囲まれている。

構造

鉄骨フレームが独立構造として使われている。

建設当時(1953-54年)、国内では建設機械が不足していたため、塔の建設はすべて、ピックとシャベルで土台を掘り、手で構造物を持ち上げる労働者の手によって行われた。

図面

写真