Reimagining Architecture: where Artificial Intelligence meets history
アソシエイト・アーキテクト
イヤド・アルサカ
建設会社
ミッドマック
ディベロッパー
カタール財団
デコレーター
フィリップ・ナドー
建築された年
2012 - 2017
高さ
57m
12
建築面積
34.782m2
位置
カタール、ドーハ、アル・ラヤン、エデュケーション・シティ

はじめに

表面積29,121m2、高さ57mのカタール財団本部ビルは、キャンパスのランドマークとなっている。 高さがあり、目立つ位置にあるため、教育都市キャンパスの全景を見渡すことができる。

このプロジェクトは、OMAのパートナーでドバイ事務所を率いるイヤド・アルサカが監修した。 彼はOMAで10年以上働いた後、自身の事務所NLÉを設立した。

この複合施設には3階建ての建物と地下室があり、戦略研究センター(SSC)はQFHQに隣接し、ランド(研究開発)の関係者が使用し、オフィススペースと施設を提供している。

所在地

カタール財団の本部ビルは、ドーハの西郊外、カタールのアル・レイヤン自治体に1,000haの敷地に建設中のエデュケーション・シティのアル・ルクタ通りにある。

コンセプト

カタール財団は、同地域における科学研究と地域開発の促進に尽力している。 新本社のユニークなアイデンティティと権威を体現するため、OMAの建築家は一般的な立方体の安定したフォルムをデザインした。 この立方体のシンプルさは、エデュケーション・シティやドーハの一般的な不規則な形の建物とは対照的だ。

スペース

財団本部

エグゼクティブ・タワー、スタッフ・タワー、そして、前首長夫人でカタール財団会長のシェイカ・モザ・ビント・ナーセルとそのサポート・チーム全員が特別なスペースを持つハー・ロイヤルハイネス・ウィングである。

建物の内部空間は、プレキャストで作られた白いコンクリートのファサードで囲まれており、そのファサードには多数の埋め込み窓が穿たれている。 ミシン目は、レム・コールハースが建物全体に採用した建築言語の一部であり、カタール原産のシドラの木を様式化し、ピクセル化したもので、財団のロゴにもなっている。

アトリウム

建物の外壁に囲まれた主要なヴォリュームは、中央のアトリウムを囲むように配置され、自然光を取り入れ、外周の壁と調和するよう、穴のあいたプレキャストコンクリートとガラスの屋根によって日差しから守られている。 このアトリウムからは、講堂、会議室、スカイブリッジ、オフィス、カフェなど、さまざまなスペースが万華鏡のように見渡せる。

より高いレベル

上層階では、ガラス張りのブリッジによって各階の回遊性が確保され、中2階のバルコニーからは各階の眺望が楽しめる。 内部の容積は2本の方向線によって区切られ、主線はメッカを指している。 ビルには500人収容のオフィス、会議室、講堂、会議室、祈祷室、スパがある。

テラス

7階には、建物全体のファサードを後退させ、ガラスの手すりに囲まれた屋根付きのテラスがある。 この構造的な組み合わせによって、このテラスは完全に柱のない状態を保つことができ、内側からは刺激的な感覚を、外側からは上部のボリュームが下部のボリュームの上に浮いているような感覚を生み出す挑戦的な読解力を生み出すことができた。

庭と駐車場

この財団の地下駐車場は37,500m²あり、その上にコンクリートと石で覆われた鉄板の上に同じ広さの庭が作られている。

この庭は、平らで硬い屋根の上に正方形のプランターを規則正しく並べたもので、南北方向に大きさ、高さ、距離を徐々に変化させている。 14.4mから6.6m、深さ0.45mから1.2mというゆったりとした植栽ベッドは、さまざまな植物、低木、樹木で構成され、互いを補い、刺激し合う多様なビオトープを提供する。 暑さと塩辛い風に耐える土着の樹木、低木、花木、球根を、カタールと同じ耐寒性ゾーンにある他国の種と組み合わせている。

植栽された広場のシステムは、装飾的な平面を形成し、地上面のすべての機能的なサービスをつなぐ色とりどりのカーペットであると同時に、上昇する建物のための魅力的なプラットフォームと、訪問者のための魅力的な庭園を提供する。

戦略研究センター

同じくレム・コールハースの建築事務所が設計した戦略研究センターは、カタール財団本部に隣接する5,661m2の地上3階+地下1階のオフィスビルである。 ランド(研究開発)の関係者が使用し、上層階にはオフィススペース、下層階2フロアには従業員施設、講堂、会議や公社への訪問者用のパブリックルームがある。 中央のヴォイドが3つのフロアをつなぎ、光と眺望を提供している。

コンセプト

ランド・カタール政策研究所の戦略研究センターは、透明なダブルエントリー・レベルの上に大胆に吊り下げられた長方形のシンクタンクとして構想されており、誠実さを保ちながら開放的なイメージを提示している。 幅の狭い側面は両端に張り出し、床から天井までの窓で囲まれているため、キャンパス全体を見渡すことができる。

シンクタンクは、エントランスのある正方形の台座に支えられた研究オフィススペースで、一部が地下に沈んでおり、隣接するカタール財団の大きな本部とは対照的なステルス性を生み出している。

スペース

クラシックなコンクリートと白いコンクリートの混合で建てられた3階建ての戦略研究センターは、延べ床面積5,661平方メートル。 このプロジェクトには、駐車場のある37,500m2の地下室が含まれている。 ひとつはカタール財団の本館に面した地上レベル、もうひとつはその反対側で、鉄柵のついたむき出しのコンクリート壁に囲まれた広い階段かスロープを通る。 竣工は2015年。

この2つの建物は、カタール財団の1,000ヘクタールに及ぶキャンパスの一部であり、日本人建築家が設計したカタール・ナショナル・コンベンション・センターなどがある。 磯崎 新その カタール・イスラム研究学校 より マンゲラ・イヴァース・アーキテクツ または、同じくカタールの壮大な国立図書館から。 レム・コールハース.

材料

鉄筋コンクリート、ガラス、鋼鉄、アルミニウム、大理石、そして異なる建材の熱による振動や伸縮を吸収する目地用の特殊な製品が建設に使用されている。 この材料(Expandacork)は、コンクリートスラブのエキスパンション・ジョイントの隙間を埋めるために特別に設計されており、損傷を与えることなく構造物の移動を可能にする。

財団の本館内では、異なる階をつなぐ橋は、鋼管とパンチング鋼とガラスで作られている。

戦略研究センターの外壁は、グレーの打ち放しコンクリートと白いコンクリートの組み合わせで仕上げられ、ベージュの脈打つ大理石のスラブで覆われた部分がある。

建物上部の長い側面には帯状の窓が並び、下層階は金属フレームでカットされた二重窓で囲まれている。

図面

[gallery ids="298781,298776"]

写真

Fotos WikiArquitectura (diciembre 2018) QFHQ

[gallery ids="298791,298796,298821,298801,298816,298811,298831,299046,299016,299006,298996,298991,298986,298976,298971,298966,299246,298961,298956,298951,298946,298941,298936,298931,298926,298921,298916,298911,298906,298901,298896,298891,298886,298881,298876,298871,298866,298861,298856,298851,298846,298841,298836,298826,298806,298981,299001,299011,299026,299021,299031,299036,299041,299051,299061,299056,299066,298786"]

Fotos WikiArquitectura (diciembre 2018) Centro de Estudios Estratégicos

[gallery ids="299462,299467,299472,299477,299482,299487,299492,299497,299502,299507,299512,299517,299522,299527,299532,299537,299542,299547,299552,299557,299562,299567,299572,299577,299582,299587,299592,299597,299602,299607,299612,299617,299622,299627,299632,299637,299642,299647,299652,299657,299662,299667,299672,299677,299682,299687,299692,299382,299387,299392,299397,299402,299407,299412,299417,299422,299427,299432,299437,299442,299447,299452,299457"]
Emplazamiento dentro del Campus
Detalle de la resolución del encofrado en la esquina de la rampa de acceso
Detalle del inicio del pasamanos de la rampa de acceso
Pasamanos incrustado en el hormigón en la rampa de acceso
Los elmentos de iluminación incrustados en el hormigón se alinean con la inclinación de la rampa y no con la vertical
Vista desde el inicio de la rampa de acceso
Vista desde la parte alta de la rampa de acceso
Detalle del pasamanos de la escalera de acceso
Escalera de acceso