Reimagining Architecture: where Artificial Intelligence meets history
アソシエイト・アーキテクト
クロード・ブシェ建築アトリエ
ランドスケープアーキテクト
デヴィッド・ジャービス・アソシエイツ、ダン・カイリー
エンジニア
オーヴ・アラップ&パートナーズ、オムニウム・テクニーク・ヨーロッパ
構造エンジニア
オーヴ・アラップ&パートナーズ、オムニウム・テクニーク・ヨーロッパ
音響エンジニア
サウンド・リサーチ・ラボラトリーズ
電気技術者
照明デザイン・パートナーシップ
建設会社
カンペノン・ベルナールSGE
ディベロッパー
欧州理事会
設計された年
1989
建築された年
1991 - 1995
6
土地面積
2,4ha
建築面積
28.000m2
費用
544 millones de francos
位置
フランス、ストラスブール

はじめに

ストラスブール裁判所は、欧州評議会加盟国の管轄区域内における個人の基本的権利と自由の尊重と遵守を監視している。 この非常に象徴的な建物の中で、人権が日常的に発展し、民主主義の価値と個人の尊重がヨーロッパ全土に定着しているのである。

欧州理事会は、1949年5月5日にロンドンで設立当初の加盟国10カ国の代表が規約に署名したことで発足した。 その後、1953年には人権委員会が、1959年には欧州人権裁判所が設立された。 1980年代半ば、当初の裁判所庁舎では不十分だった。 ストラスブールのパレ・ド・ヨーロッパと欧州議会の近く、イル川のほとりに新たに2.4haの敷地が市から寄贈され、地元の建築家たちがプロジェクトに着手した。 この結果に対する不満から、当時のフランスのミッテラン大統領が中心となって、5人のヨーロッパの建築家を入札に招き、そのうちのリチャード・ロジャースが選ばれ、オーヴ・アラップ&パートナーズがエンジニアを務めたとされている。

ビルの建設は1991年12月に始まり、1995年12月に完成した。 5億4,400万フランス・フランは、同会議が属する欧州評議会の加盟国が拠出したものだが、建設地はストラスブール市の寄付によるものである。 建設には50社、約125の下請け業者が関わった。

2015年、この建物は「卓越した現代建築」の認定証を授与された。

所在地

欧州人権裁判所は、フランスの ストラスブールの欧州地区にあり、イル川とマルヌ・オ・ラン運河が交差する東の角に建てられている。 建物は運河の反対側、歴史的な市街地から少し離れた場所にあり、市から与えられた2.4ヘクタールの約半分を占めている。

コンセプト

1989年、ロンドンの リチャード・ロジャース・パートナーシップが、ストラスブールのクロード・ビュッヒャーと共同で設計したこの建物は、象徴的なランドマークとなることを意図していたが、記念碑ではなかった。 その機能の性質上、要塞のようなものではなく、歓迎され、人道的で、開放的であることが意図されていた。

この土地の品質を守り、向上させることは、運営の経済性や「自然」環境の実現とともに、設計時の主要な目的であった。 建物は、エアコンを設置したエントランスホールを除き、自然光と通風を生かすように設計された。

建設中に東欧の共産主義が崩壊したため、オフィススペースを50%、公共エリアを25%拡張する必要があった。 イル川の流れに沿った形から、この建物はしばしば船を連想させた。

スペース

イル川の流れによって決められた建物の形と、ランドスケープ・アーキテクトのダン・カイリーの仕事によって、建物とランドスケープがシームレスに相互作用する計画が実現した。 建物の主な機能は、ボリュームの観察に明確に表現されている。

欧州裁判所の2つの主要機関である裁判所と欧州委員会は、正面にある2つの円形の建物を使用し、裁判官の執務室と執務室は、「テール」と呼ばれるこれらの建物の後ろにある長い延長部分にある。

2棟の円形の建物をつなぐ3層吹き抜けのガラス張りのエントランスホールは、光にあふれ、美しい景色が望める。 石畳のロタンダを囲むように、建物の主要なパブリックスペースがあり、そこから高い廊下が法廷や地下の図書室、記者室、会議室へと続いている。 建物の “最後尾 “は2つの部分に分かれており、事務所、管理室、裁判官室がある。 機能ははっきりと読み取れる。 このオフィスエリアは、川に面した4階建ての建物の多数の部屋によって、公園に面したエリアと隔てられている。

建物の使用可能面積は28,000m2で、そのうち860m2が展望室、520m2が小客室、4,500m2が会議室、16,500m2がオフィスとなっている。

法廷

法廷の広さは860平方メートル、座席数は260席で、裁判官用に49席、申請者用に33席が追加されている。 審議室は47席で、さらに52席がある。

委員会室

委員会室の面積は520平方メートル、座席数は41で、30席の応募枠がある。

会議室

最大の傍聴席243席と裁判官用49席、原告用22席の計18席がある。

もう一つの小さな法廷には101席あり、裁判官用25席、原告用12席である。

審議室は47~52席、会議室は平均47席のテーブルを囲む。

事業所

ビルの “最後尾 “に位置する420のオフィスの面積は16,500m2だが、状況に応じて535まで増やすことができる。 204席のプレスルーム、104席のセミナールーム、カフェテリアがある。

この建物のファサードは、植栽が屋根からこぼれるようになっており、高度に管理された植栽が見られる。 この建物は、その機能を力強く、非常に合理的に表現しているが、メンデルスゾーン的なロマンティックな表現主義の流れも汲んでいる。

構造

建物の構造設計は、建設当時施行されていたフランスの基準に合わせた。 雪や風による活荷重に加え、地震に対する反応もチェックする必要があった。 ストラスブール は、フランスの地震コードPS69によると、地震が弱い地域に位置しており、何年もさかのぼれば、この地域は1021年以来震度7の地震に5回見舞われている。

もうひとつの潜在的な危険は、イル川に近く、洪水に対して敷地が脆弱であることだ。 過去200年の平均的なレベルを考慮し、構造物の設計と防水対策が講じられた。 リフトピットと地下サービスダクトは、静水圧に耐えられるように設計された。

裁判所と委員会の建物

2つの円形の裁判所と委員会の建物「ドラム」は、それぞれ直径32mと26mで、鋼鉄の壁と屋根の構造梁が土台と軒先のリング状の梁に取り付けられている。

壁の根元にはV字型の柱が何本もあり、浅いお椀型のコンクリートスラブを支えている。 これらのスラブは3本の鉄筋コンクリートの柱で支えられ、一連の片持ち梁がプレキャストコンクリートのソフィットを支えている。 これらのパネルは、鉄骨フレームの被覆材としての役割を果たすだけでなく、構造システムの一部を構成する。

室内照明

ドラム、裁判所、委員会の内部は、自然光が支配的である。 各棟の屋上には角度のついた天窓があり、年間を通じて自然光が入る。

この天窓の形状により、差し込む太陽光が部屋の壁を伝い落ち、外との接触感を高めている。 一日の流れは、光のパターンを変化させることで室内に表れるが、まぶしさや熱的不快感の原因となるため、直接光を当てることはない。 各ドラムには低い位置に窓があり、視線が外部に集中できるようになっている。 夏には、自動穴あきブラインドがこの窓からの光をコントロールする。

ドーナツ

裁判所と委員会室の間にあるガラス張りのホワイエには、ドラム構造から吊り下げられた「ドーナツ」と呼ばれる円形の中二階がある。 むき出しの鋼管、鉄骨階段、エントランス階からのパノラマ・エレベーターで設計されている。

メザニンの設計で重要なのは、足音に対する動的応答で、エンジニアはPAFECソフトウェアを使って一連の動的解析を行い、さまざまな構造配置の影響を調べた。 一旦決定されると、MUL TIOプログラムを使用して、人がプラットフォームを横断するために使用する可能性のある一連のルートをたどり、プラットフォーム上の様々な地点での反応を観察した。

カメラ

元々川に面した3階建ての楕円形の建物で、異なる回遊軸によって円形の建物やオフィスから隔離されている。 構造は鉄筋コンクリートで、床スラブは幅13mの梁で支えられ、部屋を横切り、露出仕上げの柱の上に載っている。 鉄筋コンクリートのコアは横方向の安定性をもたらす。 1991年の改修では、ファサードの外側に鉄骨のV字型柱で支えられた鉄骨むき出しの屋根構造が追加された。

事業所

この部分について、建築家は、グレージングと外部プランターによって作られた、垂直方向の継ぎ目のないきれいな水平方向の帯を望んでいた。 そのため、温度変化や収縮に対応するムーブメント・ジョイントのないオフィスを設計し、この制限を請負業者に課すことにした。 その結果、コアには縦方向に走る鉄筋コンクリートの壁はなく、横方向の安定は、この方向に沿った柱とスラブのフレームで達成され、建物の横方向の荷重は中央のコンクリート壁で受けることになる。 そのために、フランスの鉄筋コンクリート規則で義務づけられている特別な計算を行わなければならなかった。

委員会の棟は全長110メートルで、その設計は、下の階が資料保管庫として使用され、一般的なフロアの床から天井までの高さが3.3メートルであるのに対し、5.5メートルであることに影響された。 建築家は、すべてのオフィスの柱のサイズを統一することを望んだ。

床スラブは厚さ200mmのスラブを深さ350mmの梁で横方向に支え、内部柱をオフセットさせたもの。 この建物は、プレキャストコンクリートの台座と薄いスラブユニットを使った経済的な工法で建設され、残りは現場で行われた。

建設中、請負業者は構造的にも材料の使用方法においてもいくつかの変更を提案し、そのうちのいくつかは建築家に受け入れられた。

材料

ガラスと金属とヴォージュ砂岩でできた建物として、宮廷は際立っている。 中庭の頭部にある円形の建物のファサードはステンレス鋼で覆われ、構造部材は真っ赤に塗られている。

経済的な熱交換システムを使って空調されている主要な公共スペースを除き、その他の部分は自然換気されており、窓が開き、光も取り入れることができる。

最大限の透明度を実現し、印象的な建築効果を生み出すため、エントランスホールのガラスは大きな一枚ガラスで覆われている。

工事内容:490kmの電気ケーブル、5,500個の電球、10kmの配管、500mの書類用ベルトコンベア、9台のリフトまたはホイスト、450トンの金属構造、1,450トンのコンクリートフレーム、15,000m3のコンクリート、2,800mのファサードカバー、4台のヒートポンプ、16台の空調ユニット。

各会議室・傍聴席には5つの通訳ブースがある。

裁判所と委員会室の壁と天井は、様々な表面からの相互反射によって屋根の天窓から入る自然光のレベルを高めるために、ライト仕上げが施された。 これは、根の構造が落とす影と相まって、光と風通しの良い環境を作り出し、時間帯や季節によって色彩が変化する。

図面

Richard Rogers

写真

Fotos WikiArquitectura (Junio 2019)

Emplazamiento, sección, alzado
Plana segunda
Sección