NON-Architecture stories, in your inbox every Monday
ランドスケープアーキテクト
CAP、フェルナンド・チャンセル
構造エンジニア
BETON Engenharia、カルロス・フラジェッリ、ブルーノ・カンタリーニ
音響エンジニア
シュー・アコースティック - シュー・ヤイン、ゼ・アウグスト・ネポムセン
電気技術者
LDスタジオ - モニカ・ロボ
ディベロッパー
リオデジャネイロ市役所、市文化局
建築された年
2002 - 2013
高さ
16,75m
85m
長さ
220m
3
エレベーター
3
土地面積
90.000 m²
建築面積
46.000 m²
位置
ブラジル、リオデジャネイロ、バラ・デ・チジュカ

はじめに

2013年1月、2008年に落成する予定だったシダーデ・ダス・アルテス・デ・バラ・デ・ティジューカがオープンした。 遅延の主な理由のひとつは、約2億1300万ドルという高額な建設費だった。 批評家たちは、複合施設の過剰なコストは、教育や医療といった リオで最も差し迫った問題の改善に使われるべきだったと主張している。

これは建築家の最初のプロジェクトである。 クリスチャン・ポートザンパルクブラジル また、ブラジルで最も有名な建築家たちへのオマージュでもある。 オスカー・ニーマイヤー大きなオープンスペース、彫刻のような柱やスロープ、むき出しのコンクリートの多用、建物全体に広がる光と影の見事な戯れなど、ブラジル建築の典型をデザインに取り入れることによって。

のアートシーンの向上に向けた重要な一歩として認識されている。 リオデジャネイロこの建物はもともと「シダーデ・ダ・ムジカ」と呼ばれていたが、やがてその芸術に限定された会場をはるかに超える存在となり、現在では幅広いレベルの芸術的パフォーマンスや表現が行われている。

ポルツァンパルクはこれまで、 ルクセンブルク・フィルハーモニー管弦楽団パリのシテ・ド・ラ・ミュジークなど、大規模な文化プロジェクトに関わってきた。

所在地

ブラジルの リオデジャネイロで最も観光客で賑わうエリアから24km離れたところに、ルシオ・コスタの設計によるモダンでエレガントな広々とした地区が誕生した。

高速道路の片側には住宅やオフィスが建ち並び、道路や都市のランドマーク、公共のシンボルもなく、反対側にはショッピングセンターが建ち並ぶという閉鎖的な空間が続くこの場所に、市議会は新地区の中心地として5300アヴェニーダ・ダス・アメリカスに複合アート施設「シダーダス・アルテス」を建設することを決定した。 このプロジェクトは非常に公共的なシンボルであり、リオ都市圏の新しいランドマーク、目に見える都市のランドマークである。

建築は、シエラ・アトランティカ山脈の美しい曲線と海のラインを縁取り、反響させている。 北部から列車で到着する旅行者にとっては、アイルトン・セナ通りを経由してバラ・ダ・チジュカに向かう入口となる。

コンセプト

ブラジル交響楽団の本拠地であるシダーデ・ダス・アルテスは、まるで大邸宅のようで、街を見下ろす大きなテラスは、ブラジル建築の原型へのオマージュである。

この “大きな家 “は、海と山に挟まれた広大な都市平野に位置し、高速の都市道路が交差する大きな交差点の真ん中にある。

屋根とテラスの2つの水平スラブの間には、大きく湾曲したコンクリートの壁があり、部屋はボリュームとヴォイドの遊びの中にある。 これはオープン・ブロックの別バージョンで、中空だが層が組み合わされている。

公共のランドマークとなるような建物を建設するにあたり、建築家はこの建物を地面から浮かせるように設計し、訪問者が広いテラスから、あるいは多くのインスタレーションから景観を鑑賞できるようにした。 クリスチャン・ド・ポルツァンパルクの コメント:「……リオの芸術の街の最初のモデル以来、さまざまな機能を独立したヴォリュームに配置し、音響的に隔離し、それらが “浮遊 “するように建てることが考えられてきた。

フランス人建築家は、空気が循環する大きなブロックを形成する「穴あきレンガ」の概念を採用した。 中空の高台というコンセプトは、美しいだけでなく、この街の風土に合った建築言語を提供するという理由で、即座に承認された。

スペース

総面積9万平方メートルの新ビルは、あらゆるタイプのイベントに対応できる十分なスペースを備えている。

フェルナンド・チャセルが設計した熱帯水上庭園である公共公園の上に浮かんでいる。 このテラスは、海、湖、山々のダンスラインを眺めながら、すべての施設にアクセスできるミーティングポイントとなっている。

複合施設のメインフロアと屋根を形成する2つの大きな水平スラブの間に、シダーデ・ダス・アルテスは様々なスペース、レイズド・ボックス、大きな曲線のフィン、オープン・コラムをまとめ、内部の様々な活動を縁取っている:広さ2683m2、1800席のフィルハーモニー大ホール、1300人収容のオペラホール、500席のコンサートホール、180席の室内楽・ポピュラー音楽公演スペース、3つの映画館ホール、ダンススタジオ、10のリハーサル室、展示スペース、21の多目的スペース、レストラン、メディアライブラリー、管理スペース、653台収容の駐車場。 建設にあたっては、出入り口、広い廊下、機材や楽器の保管庫、サポートルーム、ワークショップ、リハーサル室など、劇場計画に必要な条件を満たすよう細心の注意が払われた。

建物へのアクセスはカーブしたスロープで、滑らかな外観となっている。

ホールを収容し、活動を分散させ、高さ30メートルの屋根で観客を迎えるエスプラネードは、透明ガラスでくり抜かれたブロックである。

ホワイエ

大ホールにつながるホワイエには、通路、階段、橋、窓がたくさんあり、一般の人々がホールの外から内へと通り抜け、劇場の各階へとつながっている。 「…それは宇宙を散歩する楽しみの口実である。それ自体が、上へ、下へ、ぐるりと回るゲームなのです。それはすでに、それ自体が大衆の三次元劇場のようなものなのです……」とポルツァンパルクは保証する。

大ホール

この多目的スペースは、一般市民とアーティストの間に非常に独特で特別な空間関係を築く。 ポルツァンパルクによれば、その小屋は数階建ての塔になっており、神秘的で親密な、そして広大な空間の印象を作り出しているという。 ステージは変幻自在だ。 コンサート、オペラ、演劇、コンサートの会場にもなる。

室内劇場

チェンバー・シアターには2つの異なるステージ構成がある。 これは、舞台と客席の最前列が設置された円形のプラットフォームによって可能になった。 音楽ホールや前面クラシック劇場、あるいは一種の円形劇場として利用できる。

構造

建物は、建設現場、地下、地下の屋根、エスプラナード、屋根を定義する4つのスラブで構成されている。 エスプラネードと屋根スラブは格子構造で、床と地下の屋根スラブは厚さ25センチの堅固なもので、中間層は従来の鉄筋コンクリートとプレストレスト・コンクリートのスラブと梁でできている。 2つの大きなスラブとむき出しのコンクリート壁が作品のフォルムを決めているからだ。

コンコースのスラブと屋根の間には、様々なレイズド・ボックス、大きなカーブ・フィン、オープン・コラムが配置され、内部の様々なアクティビティを縁取っている。 前庭のように建物内に大きなオープンスペースを設けることで、空気の循環と自然光による換気を促進している。

多くの支柱を減らすため、廊下を支えるのと同じ「帆」が使われ、下から扇状に広がって耐力壁として機能する。 この目的を正確に達成するために、スリップフォームが使用されてきた。 帆は、基本的なアーチや列柱が繰り返される古典的建造物のように、規則的で対称的な位置にはない。 ハウジングの大きさは、部屋の大きさと位置によって決まる。 このような構造物を作るには、各点での曲げモーメントを計算する必要があり、人力計算に頼るだけではこの作業に無限の時間を要する。 だからこそ、このような彫刻的な建造物は現代にしか作れないのだ。 それを可能にしたのは、今日のコンピューター計算がもたらす可能性だけだ。

材料

このコンクリート構造では、この圧縮前の材料を使ってテラスの床と屋根を軽くし、厚さ150cmで30~35mの間に突き出た要素を構築している。 基礎には直径1.00~1.80mのヘリカル杭73本が平均深さ24mで使用され、構造体にはCA50鋼材7941tn、高性能・冷却コンクリート63,566m3、型枠270,467m²、プレストレスケーブル800tnが使用された。

ホール内の防音設備は非常に質が高く、通過する飛行機やヘリコプターの音を聞かずにショーを録音することが可能だ。 塔の表面の幾何学的形状、角度、異なる深さは、音の拡散と回折に優れており、ベルリンやウィーンの伝統的な部屋のバロック装飾のように機能する。 このように、タワーはホール全体の音響品質を向上させ、観客に音楽を聴くのに最適なポジションを提供することに貢献している。

複合施設には6つの金属製階段と1つのエスカレーターがある。

図面

写真

Christian de Portzamparc

Márcio Vinícius Pinheiro

Emplazamiento
Nivel 1
Nivel 2
Nivel 3
Implantación
Espacios
Gran Sala
Sección