Alternative Architecture: exploring what could have been with Artificial Intelligence
建築家
改修建築家
趙重新
建設会社
ユ・ホン・ジ
建築された年
1933
4
建築面積
31.700 m2
位置
中国、上海、虹口

はじめに

1933年、共産主義以前の上海に中国の開発業者によって建てられたこの4階建ての建物は、「イギリスの巨匠建築家バルフォア」と評される建築家によって設計されたが、この建築家が誰であったかは謎のままである。 いくつかの情報源によれば、イギリスとインドには同じ屠殺場が他に2つあり、どちらも現在は取り壊されている。 もともとは東洋最大級の屠殺場として営業しており、上海屠殺場あるいはオールド・ミルファンとして知られていた。

報道によると、この31,700平方メートルのプロジェクトにかかった費用は約330万テール(中国の古代通貨で、現在の数字に換算するのは難しいが、当時は大金だったことが知られている)。

屠殺場として使われた最初の建物は、1920年代に上海市公共事業局が、後に外国の租界に分割された衰退した都市のために設計したものだ。 外国人の流入に伴い、新しいビルが建設されることになったが、このビルは、外国人コミュニティが最高品質の食肉を手に入れられるようにするためのものだと言われている。 英国人建築家が率いる現地の設計チームは、デザインと効率性において欧米の最高水準にこだわった建物を提案した。 この施設には、効率を最大化し、満足のいく衛生水準を確保するための最新鋭の設備と新しい技術が導入されていた。 出費は惜しまなかった。 その結果、この建物は工業化された食肉処理のレイアウトに革命をもたらし、食肉の飼育と生産に新たな基準を打ち立てた。

所在地

このビルは、中国 上海市虹口区沙井路10号(虹口区沙井泾路10号)に位置し、上海の都市景観に対して視覚的なコントラストを生み出している。 黄浦江のほとりの遊歩道、上海外灘の北1キロに位置する。

コンセプト

このコンクリート打ちっぱなしの建物は、M.C.エッシャーの絵の不思議な美しさを思い起こさせるが、ゴータ・デコ様式を思い起こさせるものでもある。 街の成長を反映して建てられた。 人口が増え、人々が豊かになり、肉を食べるようになり、牛の頭数が増え、極東最大の屠殺場となった。

アール・デコ

動物の大量屠殺に対応するという明確な目的のために建てられた屠殺場は、機械の機能主義と美学を取り入れた。 しかし、出来上がった建物は、オリエンタルなアール・デコ調の外壁に包まれた非凡な構造物でもあった。 フランス租界の小売店のショーウィンドウに初めて登場した1920年代初頭から、アール・デコは上海の新しい建物の中に広がっていった。 この10年の終わりまでに、このスタイルの採用はイギリスやアメリカの建築家たちにも広がり、彼らは川沿いの外灘遊歩道沿いの建物にこのスタイルを採用した。 ソウギン・ロードに面した西側のファサードが印象的だ。 東洋風のアール・デコ調の建物で、正面は円柱で支えられている。

スペース

建物全体は中央の吹き抜けを中心に構成され、さまざまな幾何学的モチーフと格子窓で構成された正方形の構造の中に、24面のドームを通して自然光を取り込んでいる。

幅の異なる26の印象的な「天空橋」が牛を先導し、荒れた地面は牛が滑るのを防いだ。

壁の厚さは50センチで、空気の温度をコントロールするために空洞になっている。 螺旋階段、彫刻のようなスロープ、橋、インターロッキング通路など、蜘蛛の巣のように張り巡らされた巨大な通路は、何千人もの労働者を仕事場へ、何百万頭もの家畜を最終目的地へと導くために設計された。 建物内には4つのテラスもある。

建物の実用的な目的にもかかわらず、そのスタイルと装飾には多くの配慮が払われた。 多くの窓や柱に美しくデザインされたアールデコのモチーフ、300本ものゴシック様式の柱など、装飾的な要素に溢れている。 デザインには宗教的な要素もある。すべての窓は仏教の聖地である西を向いて作られている。 これは、牛の生まれ変わりのプロセスを助けるためと考えられているが、街の風向きでもあり、建物内で行われている作業から発生する臭いを、空気の循環を高めることで打ち消すために、この方角に開けられたのだろう。

修復

食肉処理場として閉鎖されて以来、1970年から2002年にかけて、この建物は薬品工場から冷蔵倉庫まで、さまざまな用途に使われてきた。 2008年には大規模な改修工事が行われ、ショップ、カフェ、レストラン、高級イベントスペースなどを備えた商業・レクリエーションセンターに生まれ変わった。 建築家趙重新による新しい設計は、上海裕鴻基建築有限公司によって実現された。 1,000万ポンドをかけた改装は、この建物を観光地として再生させるとともに、地域の再生を後押しすることを意図したものだった。 そのような壮大な計画はまだ実現していないが、このビルは市内のアーティスト、映画制作者、デザイナー、その他のクリエーターに人気のある場所である。 1階にはフェラーリ・オーナーズ・クラブ・オブ・チャイナのプライベート・スペースがあり、かつての中央スペースの周囲には小規模な工芸品やカフェが数軒並んでいる。 安全上の理由から、上部の通路には木製の歩道と目立たないガラスの手すりが設置されている。

スカイシアター

ドーム空間には、強化ガラスの床に囲まれた吊り下げ式のステージを備えた円形劇場「スカイシアター」が設置された。 この床は1メートルあたり400キロの荷重に耐えられるように設計されている。 歩道またはエレベーターでアクセスできる。

カーブしたガラス張りの壁から日光が入り、床から建物本体へとフィルターを通す。 屋根裏のボールルームと説明されているが、ここでファッション撮影や写真撮影が行われる。

構造と素材

上海1933の間取りは正方形で、4階建て、中央のコアは円形である。 一枚岩の塊は、1階のアーケードと、その上の階を支える先細りのアール・デコ様式の円柱の列柱、そして3階から軒先まで広がる巨大な格子窓の様式化された幾何学模様によって崩されている。 窓の使用は、屠殺場ではほとんど使われなかった要素だが、必要な自然換気と冷房を可能にした。

内部では、システマティックな機能分離がそのハイライトであり、デザインの革新の多くを生み出し、驚くべきマシンの美学を生み出している。 エッシャーのドローイングとヴォルティシズムの絵画を掛け合わせたような、謎めいたアール・デコの外皮に包まれた作品だ。

この印象的な建物は、主にコンクリート、スチール、ガラスで造られている。 当時のコンクリートは最も加工が難しい材料のひとつだったが、イギリスから多くのトンが輸入された。

図面

写真

bricoleurbanism

Otras fotos

Planos originales planta
Planos originales sección
Planta baja
Planta primera
Planta cuarta
Alzado
Foto archivo
Foto archivo