Unwritten Architecture stories, imagined by Artificial Intelligence
アソシエイト・アーキテクト
ポポラス
土地面積
438ha
位置
アラブ首長国連邦、ドバイ、ジュベル・アリ

はじめに

国際展示会はアラブ首長国連邦の ドバイで2021年10月31日から2022年3月31日まで開催される。 世界で最も技術的に結びついた場所のひとつである万博は、モナコの2倍にあたる4.38平方キロメートル、サッカー場600個分の広さを持つ未来都市である。

このイベントは2020年万博として知られているが、これは開幕予定年であったにもかかわらず、コビドパンデミックのために2021年に延期されたためである。

合計192カ国が参加し、それぞれのテーマに沿った象徴的なパビリオンが、活発な展示、歴史と文化のライブ・エンターテインメント、豪華な会場などを特色としている。

エキシビションのロゴは、小さな円が大きな輪を形成しており、2002年にアル・マルムーンのサルク・アル・ハディドで発見された4000年前の金の指輪を連想させる。

国際的な建築・エンジニアリング・設計事務所であるHOKは ポピュラス社およびアラップ社と共同で、アラブ首長国連邦エキスポ2020の438haを超える敷地の計画・設計を主導した。

マスタープラン

デザインは、「機会」「持続可能性」「モビリティ」を象徴する3つのパビリオンを特徴としている。 これら3つのゾーンは、ドバイの 歴史的なアラビア語名で「つながり」を意味するアル・ワスルと呼ばれる中央広場から発している。 伝統的なアラブの「スーク」(市場)のデザインに着想を得たこの設計では、周辺部に大きなパビリオンを配置する一方、小さな展示スペースは歩行者の流れや交流を助けるために中心部に向かってまとめられている。

チームは、中東におけるイベントの持続可能な基準点となるよう、このサイトを計画した。 メイン通路を覆う太陽光発電ファブリックは、太陽電池を利用した日除けとして機能し、建物のファサードに設置された太陽光発電パネルと組み合わせることで、万博に必要なエネルギーの少なくとも半分を生み出すのに十分な太陽光を取り込む。 その他の持続可能な戦略には、廃水のリサイクル、資材の再利用、万博のカーボンフットプリントのモニタリングなどがある。

所在地

展示会はドバイの南西端、アラブ首長国連邦の ドバイと アブダビの中間に位置するジュベル・アリにある。 ドバイの新しいアル・マクトゥーム国際空港とジュベル・アリ港、そして他の2つの国際空港にも近い。

万博会場には専用の地下鉄駅がある。 従来のタクシーに加え、空港、ザ・ドバイ・モール、パーム・ジュメイラなど、この地域の主要な場所と会場を結ぶ最新の無料シャトルバス・サービスも提供している。

ドバイ万博会場に到着すると、会場外周を回るシャトルバスが運行される。

コンセプト

2020年国際博覧会(万博)「人と地球」プログラムは、万博が持つコネクティング・パワーを発揮し、変革のレガシー(遺産)を生み出すことで、今日の世界が直面する最も差し迫った課題に取り組むことを目的としている。

より良い未来への解決策を見出すことを目的とした国際博覧会の全体テーマ「心をつなぎ、未来を創る」には、「機会」、「モビリティ」、「持続可能性」の3つのサブテーマがあり、来場者は地球を保全・保護し、新たなフロンティアを開拓し、地球上のすべての人にとってより良い未来を築くことを目指す。

スペース

合計267のパビリオンと192の参加国からなる2020年万博のイベントとエンターテインメントのプログラムには、国際的なダンス、演劇、音楽、文化パフォーマンスが数多く含まれる。

万博では、各サブテーマが、世界で最も有名な建築家やクリエイティブ・チームによって設計されたテーマ・パビリオンを中心とする地区に対応している。 テーマ・パビリオンには、パフォーマンス・スペース、イノベーション・ギャラリー、アート・インスタレーション、国別のレストラン、屋外庭園、子供用プレイグラウンドなどがあり、楽しく愉快な方法でテーマを探求している。 これらの地区は、機会地区、持続可能性地区、モビリティ地区である。

チャンス・パビリオン

アル・ワスル・プラザの左側、地下鉄の駅から入ると、ミッション・ポッシブル、オポチュニティ・パビリオンの あるオポチュニティ・ディストリクトがある。 これは、コミュニティと個人の可能性をどのように開花させれば、未来を切り開き、すべての人に公平な土俵を築くことができるかを検討するもので、すべての行動が、自分たちのコミュニティだけでなく、世界全体にも影響を及ぼすという信念が凝縮されている。 建物の設計はAGi Architects

モビリティ・パビリオン

アラビア語のアルファベットの頭文字にちなんで名付けられたフォスター・アンド・パートナーズの 「アリフ・モビリティ・パビリオン」をメインビルとするこの地区は、物理的な世界とデジタルな世界を調和させ、調和のとれたグローバル社会を創造する、進歩と新たな地平の始まりを象徴している。 南側の広場に入るとパビリオンが現れる。

このエリアには、スポーツ・フィットネス&ウェルビーイング・ハブもあり、世界の文化の多様性を取り入れたスポーツとウェルビーイング・プログラムを提供している。

サステイナビリティ・パビリオン

グリムショー・アーキテクツによる「テラ-サステイナビリティ・パビリオン」は、社会が持続可能な未来の生活のための知的戦略を模索する中で、建築の創意工夫と可能性を照らし出すことを目的としている。

地区内のパビリオンは、人間、自然、ハイテクがいかに調和してより良い世界を実現できるかを明らかにしている。

パビリオンの構造は、実験的かつ機能的な庭園、曲がりくねった小道、日陰のある囲いなどの景観と連動し、自然の光景、匂い、触感によって彩られた魔法のオーラを作り出している。

アル・フォルサン – UAEパビリオン

チャンス地区とサステイナビリティ地区の間、アル・ワスル・プラザの入り口の左側に、アル・フォルサンと呼ばれるエリアがある。 博覧会を象徴するパビリオンのひとつであり、博覧会終了後も残る唯一のパビリオンである。 建築家サンティアゴ・カラトラバの設計によるホスト・パビリオンであるUAEパビヨンは、万博の中心であるアル・ワスト広場の一角に位置している。

UAEパビリオンは、ハヤブサの飛翔をイメージした構造で、来場者に多感覚的な体験を提供し、UAEの古代のルーツである商品、男女、アイデアから、200カ国以上の人々が暮らす統一国家への変貌までを物語る。

28枚の可動翼を持つUAEパビリオンの屋根は、内蔵された太陽光発電パネルを通してエネルギーを集めるために翼を広げることができる。

ジュビリー – ウォーターフィーチャー

アル・ワスル・プラザとジュビリー・パークの間に位置する2020年万博の噴水は、水、土、火の要素を組み合わせ、驚きと喜びを与えてくれる。

ドバイの ブルジュ・ハリファにある有名な踊る噴水など、世界で最も象徴的な噴水を作るためにスーパーコンピューターやその他の最先端技術を駆使している。

高くそびえるヤシの木や芳香を放つ植物が生い茂る幅40メートルの庭園の中で、2020年ドバイ万博の記念碑的な噴水が立ち上がり、自然を力強く賛美している。 昼間は高さ13メートルの垂直の壁から巨大な水のシートが落下し、夜は重力に逆らって上方に流れ、神秘的な色とりどりの炎の輪を作り出し、ゲーム・オブ・スローンズのテーマ曲で受賞歴のある作曲家によるオーケストラ・スコアが流れる。

アル・ワスル・プラザ

万博の象徴である大ドームの下には、祝典の中心地であるアル・ワスル・プラザがある。 そのドームは、360度の投影面としては史上最大。

ドームの格子の骨組みを作るのに、800人の専門家と13.6キロの鉄骨が必要だった。 格子状のデザインにより、特殊なプロジェクション・スクリーン素材が格子構造の間にしっかりと保持される。 その表面には、内側と外側の両方から見ることができる映像を投影するために、252個のレーザープロジェクターが働いている。

イタリアの請負業者であるチモライ・リモンドは、ドバイ万博のロゴを輪切りにした鉄骨トレリス構造を作り、エイドリアン・スミス+ゴードン・ギル・アーキテクチャーは、ドームと広場、そして収容施設のデザインを監督した。

駐車場

特別な支援を必要とする人々のために、26,000台以上の無料駐車スペースが用意されている。 オポチュニティ地区の駐車場には110台、サステナビリティ地区の駐車場には250台、モビリティ地区の駐車場には96台の特別スペースが用意されている。

各駐車場から3分間のシャトルバスが運行されるため、来場者は車から万博入場ゲートまで400メートル以上歩く必要がない。

各駐車場の色と対応するバスは、万博への各アクセスゲートに対応している:

  • オレンジ:駐車場
  • 紫:アル・フォルサン駐車場
  • グリーン:駐車場の持続可能性
  • 青: パーキング・モビリティ

図面

写真

Plan maestro plano
Zonas
Emplazamiento
Pabellón de España
Pabellón de Israel
Pabellón de la sostenibilidad
Pabellón de la sostenibilidad
Pabellón de la sostenibilidad
Pabellón de la movilidad
Pabellón de la movilidad
Pabellón de la oportunidad
Pabellón de la oportunidad
Pabellón de Arabia Saudí
Pabellón de Argenina
Pabellón de Austria
Pabellón de China
Pabellón de Finlandia
Pabellón de Francia
Pabellón de Iran
Pabellón de Italia
Pabellón de la República de Korea
Pabellón de Marruecos
Pabellón de Pakistan
Pabellón de Polonia
Pabellón del Reino Unido
Pabellón de Rusia