NON-Architecture stories, in your inbox every Monday
構造エンジニア
フラビオ・マラーノ
ディベロッパー
ピエロ・ブスネリ
設計された年
1971
建築された年
1972 - 1973
高さ
6,50m
1
土地面積
827m2
建築面積
1230m2
位置
ノヴェドラテ通り15番地、22060ノヴェドラテ、イタリア

はじめに

のコンペに提出したプロジェクトに感銘を受けた。 ポンピドゥー・センター 同じ頃(1971-1977年)、イタリア家具デザインの創始者の一人である企業家ピエロ・ブスネリが、コモ近郊のノヴェドラーテに新しいオフィスビルを設計・建設するために、当時建築家リチャード・ロジャースと提携していた建築家レンゾ・ピアノを選んだ。

イタリアの建物は、小規模ながらフランスの美術館の予行演習のような役割を果たし、構造体にはプレハブの部材を使用し、オープンな間取り、表情豊かで遊び心のある色使い、そして建物を取り囲むように外側に配置されたサービスダクトを、構造体と交差する第二の外壁として共有した。

「ピエロ・ブスネリ(B&Bのオーナー)はボーブールのプロジェクトを見て、私たちのことを少しクレイジーだと思い、彼もまた少しクレイジーなので、私たちと一緒に仕事をしたいと決めた。 (R.ピアノ-ジョルナーレ・ディ・ボルド、2005年)

レンゾ・ピアノと リチャード・ロジャースは、パリの革命的な芸術センターの建設に着手する前に、ノベドラーテをテストする機会を得ました。 鋼管でできた外部構造体から「吊り下げられた」居住空間というアイデアで、同時に透明な垂直面を大きく使うことを可能にしたデザインで、壁はもはや耐力壁である必要はなく、柔軟性を高めて空間を解放し、さまざまな機能に適応できるようにし、居住者と建物自体を緑の屋外空間と対話させる。

革新的な素材と建設ソリューション、製品システムの機能的な柔軟性、そしてプログラムされた、あるいは意図しない陳腐化に対する耐性と長寿命を保証するための入念なリサーチ。

B&B Italiaの本社ビルは、建設当時から常に建築的実験の象徴であり、まさに異例中の異例であった。

所在地

新社屋は、ミラノから北へ25km、イタリア・コモ県ノヴェドラーテ22060番地、ノヴェドラーテ地方通り15番地にある工業団地の正面に位置する。

コンセプト

このアイデアは、すべてを非常に細長い構造にすること、つまり、内部に高い柔軟性を持つフィリグリーのようなものにすることだった。 この建物は、明瞭さと秩序感を保ちながら足し算も引き算もできるオープンシステムを、エレガントで経済的な手段と組み合わせて使うことへの熱意を反映している。

このプロジェクトでR.ピアノは フィレンツェのグループ「Archizoom」のコンセプトに近いもので、人間の動きを将来の用途、光、眺望、機能性などに優先させ、建物よりも内部空間に価値を与えている。

したがって、建物の内部は現実の世界であり、空気や自然光を必要とせず、固定された仕切りを必要とせず、先験的に設計された空間の本質を否定し、偶発的なニーズに応じて、建物の内部を利用する人々によって、その時々で設計される一時的な空間状況の不明瞭な容器へと変貌させる、現実の新しい都市なのである。

スペース

新しいスペースは、ガラス張りのパネルで覆われた吊り下げ式の通路で既存の製造部門とつながっており、非常に明るい。

スパン40mの20本の平行な鋼管フレームで構成された正方形の建物は、建物全体を取り囲むチューブ構造の上に地上からそびえ立っており、もともとは青く塗られていた。 この構造システムにより、サービスダクトを外部に配置することが可能になり、換気ダクトは黄色、建物の下と2つの屋根の間の換気空洞は赤色となった。

吊り下げられた、まったくすっきりとしたフロアプランは、可動式のパーティションによって、その時々の活動で必要とされる状況に合わせてフレキシブルにアレンジすることができる。

建物の一部には倉庫用の地下室がある。

構造と素材

20本の軽量吊り鋼製門型フレームを平行に並べたモジュール構造で、それぞれのスパンは40m。 壁は耐力構造ではなく、片側が大きな窓、もう片側が不透明なポルティコパネルになっている。 色とりどりのチューブは、建物の周囲の自然と調和している。 オフィスと工場の入り口にある張り出したスロープも、サスペンション効果を高めている。

サービスは外周に配置され、固定された内部要素は必要ない。 壁やパーティションは、出来上がった面全体に自由に配置できる。

オフィスフロアには、電子情報サービス、プラントルーム、倉庫がある。

レンゾ・ピアノは、ポンピドゥー・センターとクサゴの自宅でもこのモジュラー・システムを使用した。

カバー

天井はいわゆるチルド・シーリングである。 は2層構造になっている。 外側の層は雨除けとして使用され、波板でできている。オフィススペースの屋根である内側の層には断熱材が入っている。 2つの層の間の隙間には、すべての技術設備、特に建物の換気ダクトが挿入される。

図面

写真

Ubicacion
Sección
Dibujo interior
Huella