NON-Architecture stories, in your inbox every Monday
テクニカルアーキテクト
マヌエル・ベルドゥ・ペレス、ダビド・ビジャルバ・カルボ
改修建築家
ディアス・イ・ディアス・アーキテクツ、グスタボ・ディアス、ルーカス・ディアス、ナイアラ・モンテロ
建設会社
フェロビアル
ディベロッパー
マドリード技術建築家・測量士公式カレッジ
建築面積
4200 m2
位置
スペイン、マドリード

はじめに

現在、マドリッドのアパレイジャドール建築専門学校がほぼ全館を占めているこの建物は、20世紀初頭に居住用として建てられた歴史的建造物で、リストにも登録され、保護されている。

このプロジェクトは、機能面だけでなく代表的な観点からも、集合体が必要とする管理センターであり、象徴的な組織本部となることを目指している。

状況

プエルタ・デル・ソルから数メートル、マドリッドのマエストロ・ヴィクトリア通りとミセリコルディア通りの角に位置するCOAATMビルは、北西のパーティウォールがデスカルサス・レアレス修道院に隣接している。

ここは、かつて王宮の礼拝堂があった場所で、マエストロ・ビクトリア通り、カジェラネス通りの名前もここに由来する。 マドリードで初めて “パン・デ・ヴィエナ “を製造したパン屋、ヴィエナ・カペラネスの創業地は、リカルドとピオのバロハ兄弟が若い頃に受け継ぎ、経営していた場所である。

現在の建物は、1903年にビジャメホール侯爵夫人の依頼で建築家マヌエル・メドラーノ・ウエトが作成した計画に従って住宅用に建てられたもので、1906年に完成した。 当初は地下室、1階、中2階、そしてメイン、2階、3階の3つの上階から成っていた。 不特定の時期に中二階が増築され、埋め込み式の屋根裏部屋として4階が作られた。

コンセプト

このプロジェクトが建築家に提起した根本的な問題は3つあった:

まず第一に

当初は住宅であった建物が、徐々に大学の建物へと姿を変え、その過程で多くの悪影響を受け、当初のレイアウトや空間構成が失われ、管理棟としての明確な類型を獲得することなく、現在では使用状況や居住性が劣悪な状態となっている。

次に

COAATMが必要とする建物を、機能的な観点からも代表的な観点からも提供すること、つまり、今日の最も近代的なオフィスに見合った管理センターと、専門家集団が社会に提供するものの旗艦でありイメージである象徴的な組織本部を提供することである。

建設的と規範的という2つの意味で、実行可能な作戦を提案すること。 建設的な意味で、実現可能で技術的に問題のないソリューションを提供し、建設的な品質とメンテナンスのしやすさを提供する。 規制的な意味では、適用されるすべての規制、特に重要なアクセシビリティ、居住性、防火に関する規制の遵守を達成すること。

スペース

上記の目的を達成するために、採用された基本的な設計基準は以下の通りである:

  1. 建物内部を統合された全体として、また統一された多目的な空間として読み取ることができるような、水平・垂直両面における明確で強調された回遊システムの確立。
  2. トイレとユーティリティ・ルームを、この目的に最適なエリア、長いパーティ・ウォールに垂直に集中させ、残りのフロアをフリーにする。
  3. 透光性、透明性、柔軟性、機能性を備えた空間の構造化。 作業エリアは、時間の経過とともに簡単に再配置できるコンテナとして考えられている。

構造

プロジェクトの鍵や仕事に対する一般的なアプローチは、最初から非常に明確だった。

建築家たちが直面したのは、20世紀初頭に住宅用として建てられた、歴史的建造物に指定され、保護されている建物だった。 その間取りはすでに、住宅、家庭用建物、施設であることを反映していた。 このような工場の特性は、長期にわたる連続的な介入にもかかわらず、消えることはなかった。 特別計画の条件を尊重し、このフロアを施設や代表的な建物に適したフロアに改装することが提案された。

その結果、間取り図が見づらくなっていた室内の間仕切り壁を一掃し、オフィスビルに必ず存在する明確な回遊システムを確立し、設備の核を明確にグループ化することが不可欠となった。 基本的な基準は、元の間取りの明確なジオメトリーに適合させ、その構成の良さを際立たせることだった。

この場合、耐力壁と中庭の構造があった。 縦方向には、建物の中庭を中心としたコミュニケーション・コアを設け、歴史的な階段とエレベーターを改修してパノラマ・リフトを設置した。

非常に複雑な既存の循環システムを、この垂直コアを取り囲む回廊のある連続的な循環に変えることで、非常に明確な水平循環のスキームが確立された。 さらに、設置コアは建物の最も適した場所、つまりパーティウォールにまとめられている。

このように、この建物は、閉回路の水平循環、2つの垂直コミュニケーション・コア、そしてインスタレーション・スペースが集まったデスカルサス・レアレスへのパーティ・ウォールによって構成されている。 主要なスペースについては、透明性、空間的な一体性、建物の基本構造に影響を与えることなく長期にわたって細分化できる可能性が追求されている。

インテリアデザイン

マドリッドのアパレイジャドール建築専門学校のインテリア・デザイン・プロジェクトを遂行する機会を得たこと、そして、この建物の改築と建築の修復を担当する建築家たちとあらゆる面で近接していることから、建築対インテリア建築という二項対立が形成する「好循環」を閉じる可能性が即座に開かれた。

この幸福なコラボレーションの証は、プロジェクトの各フロアに反映されている。各フロアは、建物全体との一体的な読解を達成することを最優先の目的として構想され、さまざまな専門的・文化的活動を受け入れるべき「カレッジ・スペース」としての地位を強調するような形になっている。

建築プロジェクトの背後にある考えは、改修される建物の特徴を考慮し、2つの中庭と大階段によって形成される中央の核を中心に、その正統的なグランドプランを強調することであった。その結果、全体に一貫性を持たせることを目的として、建物のカテゴリーに沿った堅固さと品質の枠組みの中で、ディテール、仕上げ、質感の寄与を制限し、標準化することに決定した。

材料

1階と2階は、公道からのアクセスにダブルハイトのスペースがあるため、細長い柱が一体のエリアを構成している。 建物は灰色に塗られた鋳鉄製で、カレッジの事務的な手続きのほとんどがここで行われる。 このスペースのデザインは、他の部分と同じ言葉、同じ仕上げで行われているが、バックライトのついた大理石とガラスの壁、ブロンズ色の真鍮のプロファイルとパーツ、ガラスの手すり、竹材のスラットで構成された擬似天井を配置することで、より目立つようにしている。

中庭と階段は、この建物の間取りを構成し、発展させる中心的な要素である。そのため、内部を竹材のパネルで覆うことにした。竹材は、そのエキゾチシズムと色合いから、他の壁と強いコントラストをなしている。

回遊エリアの濃い色で耐性の高い床(ビザエリアには珪岩、その他の床には大判のセラミックタイル)は、建物全体の統一された基準となると同時に、可能な限り寄木細工に近い本物の美しさを持つオリジナルの木製床板が復元されたスペースとの強いコントラストを生み出している。

このプロジェクトの主な課題のひとつは、天井が秩序も協調もなく、多くの介入(設備、照明、あらゆる種類のメカニズム)を受けがちな結果、天井の通常の混乱をなくすことだった。 最終的に、何百回も図面を描き、音響、気候、照明の条件を保証した結果、全体の統一性と全体的なまとまりも保証できるプロジェクトの解決策に到達することができた。

図面

写真