Reimagining Architecture: where Artificial Intelligence meets history
ランドスケープアーキテクト
ハーグリーブス・ジョーンズ
エンジニア
シャーウッド
構造エンジニア
アープ
建設会社
デブコン建設
ディベロッパー
グーグル
建築された年
2017 - 2022
床面積
17ha
建築面積
55.277m2
位置
米国カリフォルニア州マウンテンビュー、ノース・ショアライン・ブルバード2000番地

はじめに

BIGビャルケ・インゲルス・グループ)とヘザーウィック・スタジオが グーグルのデザインチームとエンジニアリングチームと共同で設計した、グーグルがゼロからスタートさせた最初のキャンパスは、2022年5月にシリコンバレーにオープンした。 同キャンパスの使命は、人間中心の職場環境を創造し、オフィスの建設と設計における新たなグローバル・サステナビリティ・スタンダードを設定することである。 この施設は、北米で最も大規模な地熱杭システムを統合することで、2030年までに完全に二酸化炭素を排出しないエネルギーで運営することを目指している。

長年にわたるグーグルの拡大により、同社は近隣の複数のビルに入居することを余儀なくされ、場合によっては駐車場で区切られることもある。 実際、同社は世界で最も有名なオフィスのいくつかに入居している。 カリフォルニア州マウンテンビューにあるグーグル本社、通称 “グーグルプレックス “の中核は、かつてシリコングラフィックスが使用していた郊外のオフィス団地で、グーグルは自社のニーズに合わせて再開発した。 ニューヨークでは、グーグルがチェルシーにある巨大な旧港湾局本部を占拠し、所有している。

一方で、本社を一カ所に集中させることはグーグルのやり方でもなければ、マウンテンビュー市にとっても望ましいことではない。 建築家であるBIGビャルケ・インゲルスと ヘザーウィック・スタジオの挑戦は、ノース・ベイシュローやその先の多様な土地にも適応し、包括的でありながら、複製可能で拡張性のある建築様式を創り出すことだった。

グーグル・チャールストン・イーストは、自然環境を尊重し、屋外と屋内の境界を曖昧にし、自然を優先してアスファルトを取り除き、建物内でも歩行者と自転車の往来を促進しながら、コミュニティ意識を育むことを強調している。

地元住民もまた、ベイビュー新キャンパスからさまざまな恩恵を受けることができる。 これらには、湾の景観を楽しめるトレイルへのパブリックアクセスの拡大、スティーブンス・クリークと湾のトレイルへの自転車接続の改善、自動車専用レーンの改善、R.T.ジョーンズ・ストリートの拡幅に伴う自転車専用レーンの新設などが含まれる。

ベイ・ビューは、グーグルがマウンテンビューとその周辺に開発した複数のオフィスのひとつである。 チャールストン・イースト・キャンパスの建設面積は55,277m2で、まだ完全には完成しておらず、完成予定は2023年である。

所在地

グーグルのチャールストン・イースト・キャンパスは、2000ノース・ショアライン・ブルバードにあるグーグル・プレックス・キャンパスに隣接している、 マウンテンビューカリフォルニア州サンタクララ郡 米国NASAエイムズ研究センターの近く、マウンテンビュー・ボードウォークの隣で、サンノゼの西側、サンノゼの南側に位置する。 サンフランシスコ.

近道として、キャンパス内部には中央の公共路地があり、歩行者はチャールストン・パークからノース・ショアライン・ブルバードの緑道へと直接つながることができる。

BIGによると、このビルの戦略は、近隣の他のグーグル拡張候補地にも「適応可能で包括的な、複製可能で拡張性のあるビルディング・タイポロジーを創造する」ことだった。

コンセプト

ビャルケ・インゲルス・アーキテクツと ヘザーウィック・スタジオが設計したグーグル・マウンテンビュー・キャンパスは、チャールストン・イーストとベイ・ビューという2つのプロジェクトを組み合わせたもので、会社の進化するニーズに対応し、将来のワークモデルを統合する可能性を秘めた異質な空間として構想されている。

グーグルの成功の大部分は、複雑な問題を解決するエンジニアリングに起因している。 このプロセスに対応するための建築的努力も同じだ。 未知の領域を開拓し続けるグーグルのワークスペースは、オフィスからラボ、倉庫まで、さまざまな形態を取り始めている。 建築家はグーグルのデザイナーと協力し、格納庫のようなキャノピーでワークスペースを囲むことで、このばらつきに対処した。 グーグル新本社のデザインは、プロジェクト当初に設定された3つの主要テーマ、すなわちイノベーション、自然、コミュニティに焦点を当てている。

“…テクノロジーを最適化するために人間中心の設計に重点を置いたベイビューは、オープンプランのオフィスが1つの開放的な高層フロアに集約されているのが特徴で、関連するサポートスペースはすべてこのレベルより下に配置され、場所を作り出す一連の中庭からアクセスできるようになっている…”BIGアーキテクツ

本館は、木々の間から巨大な金属製のテントがそびえ立つような外観で、カテナリーカーブによって64のスマイル型のトリフォリウムが露出し、大きな内部アトリウムに自然光が降り注ぐ。 異例なことに、この建物はファサードよりも屋根の方が多い。

建物全体に施されたこのキャノピー上部構造は、最も機能的でエネルギー効率に優れ、経済的な建築ソリューションを実現するための複数年にわたる努力の結果である。

スペース

NASAエイムズ研究センターに近接する新キャンパスは、約55,000m2の大型オフィスビル2棟、1,000人収容のイベントセンター、従業員の短期滞在に対応する220室を備えた4棟からなる宿泊施設で構成されている。

軽量なキャノピー構造で建てられた建物は、柔軟性と共同作業のために設計された7haのオープンスペースを提供している。 建物の内部は、30もの中庭やアトリウムを持つ広いオープンスペースと、グループごとにワークスペースに分けられる小部屋の組み合わせが特徴だ。

その幾何学的な形状のおかげで、すべてのスペースに拡散した自然光が入り、外の景色を眺めることができる。

屋内スペースはコラボレーションと集中のためのスペースと考えられ、柔軟性と使いやすさが求められる。 上層階はデスクとチームスペース、下層階はミーティングスペースとサービススペースとする。 第2層のプレートのバリエーションは「近隣」エリアを定義し、チームはそのニーズに応じて適切なスペースを確保しなければならない。

ベイ・ビュー

GBVのビルは、サンフランシスコで最も高いオフィスタワーと同程度のフットプリントでありながら、都会の超高層ビルとは対極にあるワークスペース体験を提供する。

高さ33.83mのこの計画は、「中庭」で結ばれた2つの階層に分かれており、1階は公共スペースと補助的な用途、2階は作業エリアとレクリエーション施設となっている。

個人レベルでは、グーグルはユーザーを第一に考えている。つまり、自然素材、生物親和的要素、心地よい音響を使用し、快適で効率的なワークステーションを確保することで、グーグル社員が幸せで集中し、仕事で最適なパフォーマンスを発揮できるようにしているのだ。

ファーストレベル

1階には副次的なプログラムとパブリックスペースがあり、コラボレーションや社交のための活気あるエリアとして機能している。 会議室やカフェテリア、ジムなどがある場所だ。

各フロアは中庭でつながっており、それぞれが回遊性、日照、バイオフィリア、自然発生的な交流、オリエンテーションといった重要な役割を果たすよう、慎重に調整されている。

第2レベル

2階は、この建物で最も刺激的なスペースで、作業エリアとして確保されている。バリエーションによって相互接続されたフロアプレートは、チームのニーズに応じて変更できる柔軟性の高い「近隣」エリアを提供する。 可動式のパーティションとプランターが、各チームが特定の時間に使用するスペースを示すために使われ、グループデスクと静かで閉鎖的なブースが組み合わされている。

大きなスパンの上には、細長い白い直交柱に支えられたキャノピーがあり、2階の作業スペース全体が1つの屋根の下でオープンにつながっている。 これらのスペースは、自然光と眺望を優先し、キャノピーを飾る入念に設計されたトリフォリウム窓によって眩しさを抑えている。

中庭

中庭は、カフェや簡易キッチン、会議室へのアクセスを提供するだけでなく、広大なオープンスペースを際立たせ、地域ごとに認識できるアイデンティティを生み出す。 中庭には、利用者にとってさらなる利点がある。 各フロアの特徴を明確にすることで、建築は従業員の物理的な動きと、ある働き方から別の働き方に変わる際に行わなければならない心理的な変化を結びつける。

自然地域

このキャンパスには、湿った草地、森林地帯、湿地帯など、価値の高い自然が7ヘクタール含まれており、カリフォルニア州ベイエリア全域の自然生息地を復元するグーグルのイニシアチブの一部となっている。

ハーグリーブス・ジョーンズがデザインしたランドスケープ・プログラムは、様々な公共施設を特徴としており、特に従業員や一般市民がリラックスしたり、食事をしたり、ジョギングやサイクリングをしたりするための屋外スペースが環状に配置されているのが目を引く。 中央のパビリオン、中庭、小売店のキオスク、オークの樹冠、その他の樹種が、それぞれの側にユニークな環境を作り出す。

構造

これまでに建設された3つの構造物の屋根は、地面から15メートル、高さ約34メートルで、テントに似ているが、スラブや壁から切り離され、格納庫のような大きなオープンスペースが生まれている。 このフレキシブルなエンクロージャーは、壁や床から切り離され、グーグラーのニーズや持ち物の変化に合わせて進化できる機敏なインテリアを作り出している。

キャノピーのスパンと不透明な屋根構造の間に、鋼管製のグリッドシステムとシンプルなトリフォリウム窓を設置することで、最高の音響制御を実現し、熱上昇を最小限に抑え、全体的なエネルギー負荷を軽減し、グーグルが太陽光発電のエネルギーを最大限に集めることを可能にしている。

表面は柱や支持壁によって分断されているが、天蓋付き天井という構造的な革新によって、開放的な作業スペースが実現されている。 フロアプレート、外周ファサード、トリフォリウムの窓を通して、すべての人が平等に外部を眺めることができる。

材料

ベイビュー・キャンパスは完全に電気で運営されており、大規模な地熱バッテリー・システムが設置されている。 これにより、二酸化炭素排出量はほぼ50%削減され、冷却に使用される水は90%削減されると見積もられている。 さらに、雨水や廃水を集め、処理し、再利用することで、生息地の回復や海面上昇からの保護を促進する。

ソーラーパネル

3棟とも屋根は「龍の鱗のようなサン・スキン」。 約5万枚の内側に湾曲した銀メッキのソーラーパネルが、合計約7メガワットの電力を生み出す。

ベイビューのソーラーパネルと近隣の風力発電所のおかげで、このビルは90%の時間、二酸化炭素を排出しないエネルギーで稼働するとグーグルは説明している。 ソーラースキンは、必要なエネルギーの約40%を生み出す。

「…2030年までに毎日毎時カーボンフリーのエネルギーで操業するという公約を達成するため、世界初のドラゴンスケールソーラースキンと近隣の風力発電所により、ベイ・ビューの90パーセントをカーボンフリーのエネルギーで賄う…」とグーグルは述べている。

光と温度のコントロール

不透明な天井構造は音響制御を提供し、開口部は過度なグレアなしに屋内ワークスペースに自然光を提供する。 この設備はまた、熱の上昇を最小限に抑える。 自動化されたブラインドは一日中光をコントロールし、必要なときに開閉する。

「ベイビュー新キャンパスのデザインは、非常に協力的なデザインプロセスの結果です。グーグルのようなデータ主導型のクライアントと仕事をすることで、ひとつひとつの決定が確かな情報と実証的な分析に基づいた建築になりました。その結果、人目を引く「龍の鱗」のようなソーラーキャノピーが建物に届くすべての光子を集め、エネルギーパイルが蓄熱し、地面から冷暖房を取り出すキャンパスとなった。 自然の美しい花々も、根の部分では庭園であり、懸命に働いて建物からの水を濾過し、きれいにしている。 最終的には、表と裏、テクノロジーと建築、形と機能が融合し、新しい驚くべきハイブリッドとなったキャンパス……」(ビャルケ・インゲルス)

水のリサイクル

その地熱フィールドは、化石燃料を使わずに建物を冷暖房する。 敷地内の二酸化炭素排出量を半分に削減し、年間約18,927,059リットルの水を節約できると報告されている。 キャンパスでは使用した水もリサイクルしている。 すべての非飲料水需要は、この再利用水で賄われている。 雨水を集める地上の池と建物の廃水処理システムは、冷却塔、トイレの洗浄、景観の灌漑のための水源となっている。 これは、2030年までに水使用量の120%を補充するという同社のコミットメントの一環である。

グーグルによると、同キャンパスはLEED-NC v4プラチナ認証を取得すると同時に、国際リビング・フューチャー・インスティテュートのLBCウォーター・ペタル認証(廃水と雨水の再利用を認定する認証)を取得した最大規模の施設となる見込みだ。

ビデオ

図面

写真

Fotos construcción

BIG

Otras fotos

Emplazamiento
Master Plan
basamento
Planta 1
Planta 2
Niveles
Bubierta
Alzado sur y norte
Alzado este y oeste
Secciones
Detalle ventana triforio
Apoyo personal
Esquema
Inside Google's new Bay View campus in Mountain View, California, US, on Monday, May 16, 2022. On Monday Google opened its newest campus near the San Francisco Bay shoreline a few miles east of its headquarters in Mountain View. Photographer: David Paul Morris/Bloomberg
Workers in one of the many dining areas inside Google's new Bay View campus in Mountain View, California, US, on Monday, May 16, 2022. On Monday Google opened its newest campus near the San Francisco Bay shoreline a few miles east of its headquarters in Mountain View. Photographer: David Paul Morris/Bloomberg
A worker inside Google's new Bay View campus in Mountain View, California, US, on Monday, May 16, 2022. On Monday Google opened its newest campus near the San Francisco Bay shoreline a few miles east of its headquarters in Mountain View. Photographer: David Paul Morris/Bloomberg
Inside Google's new Bay View campus in Mountain View, California, US, on Monday, May 16, 2022. On Monday Google opened its newest campus near the San Francisco Bay shoreline a few miles east of its headquarters in Mountain View. Photographer: David Paul Morris/Bloomberg