Unwritten Architecture stories, imagined by Artificial Intelligence
ランドスケープアーキテクト
ワホ・ランドスケープ
建設会社
アラブテック建設
ディベロッパー
アラブ首長国連邦国家メディア評議会
建築された年
2017 - 2019
高さ
27,8m
4
床面積
15.000m2
建築面積
19.200m2
位置
アラブ首長国連邦、ドバイ、アル・フォルサン

はじめに

の再生可能エネルギー企業マスダールが監修したデザイン・コンペティションに続いて行われた。 アブダビ世界有数の建築事務所によるプレゼンテーションを7ヶ月にわたって実施した。 アラブ首長国連邦 (UAE)の提案を採用した。 サンティアゴ・カラトラブ2020年ドバイ万博のUAEパビリオン。 世界で最も有名な9つの建築事務所が11のコンセプトを発表した。 各コンセプトは、2020年万博のメインテーマである「心をつなぎ、未来を創る」をどれだけ表現できているか、UAEらしさが感じられるか、国の過去と未来のバランスがとれているかなどが評価された。

スペイン人建築家のデザインは、建築物から周囲の景観に至るまで、開催国を代表するものだ。 このプロジェクトは、アラブ首長国連邦の歴史、文化、革新性を来館者に紹介することを目的としている。 この国家的モニュメントは、建築的にも、統合された映画的機能を通じても、訪問者に没入的で多感覚的な体験をもたらし、エミレーツの歴史、文化、未来的革新を紹介するように構成されている。

「…UAEパビリオンのデザインは、エミレーツのアイデンティティとパイオニア精神を反映し、国の過去、現在、未来のバランスの取れたつながりを培っている…」(S.カラトラバ氏)

UAEパビリオンは、2020年万博後も維持される唯一の恒久的な建造物であるため、MEP設計では、将来的な改修が可能なパラメータが考慮されている。

2020年万博の持続可能性のテーマに沿って、パビリオンはLEEDプラチナ認証を受け、ドバイ・グリーン・ビルディング規制・仕様(DGBR)に準拠している。 そのため、UAEパビリオンはエネルギーを意識し、持続可能な設計要素や品質を幅広く取り入れている。

所在地

ホスト・パビリオンは、万博の展示エリアの中心、機会地区と持続可能性地区の間に位置し、中央のアル・ワスト広場の片側にある。 エイドリアン・スミス+ゴードン・ギル、そしてアル・フォーサンのワスル・アヴからのアクセス、 ドバイ アラブ首長国連邦

コンセプト

パビリオンの形状コンセプトは、首長国連邦の国鳥であるハヤブサの翼をモチーフにしたもので、開いているときは飛翔し、閉じているときは静止しており、首長国の人々のパイオニア精神の象徴としてデザインされた。 アラブ首長国連邦は、万博2020-2021のメインテーマである「心をつなぎ、未来を創造する」の具現化に注力した。

「コンセプトの骨格は、アラブ首長国連邦の国鳥であるハヤブサの優雅さと力強さにインスピレーションを得たものです」とカラトラバのスタジオはコメントしている。

移動の流れ、シンクロナイズド・フロー、技術革新を象徴的に解釈し、モビリティの力をチャネリングすることで、建築空間と構造システムの関係が融合し、空間全体を2020年万博のメインテーマにつなげるつながりを生み出している。

UAEのパイオニア精神と革新的精神を象徴するUAEパビリオンのスチール屋根は、ハヤブサの優雅さと強さに影響を受けた保護的なフォルムで、現代的な運動機能と革新的な建築要素を備えている。

説明

高さ27.8mのパビリオンは、敷地面積15,000m²、建築面積19,200m²。 内部は、クリーンで未来的でありながら有機的な宇宙の雰囲気に包まれている。

広場のレベルには、売店、トイレ、バー・レストランなどのパビリオン関連施設で構成された3,000m²のエリアが建設された。 中2階の面積は662m²で、サポート・ユニットがあり、上層階の2000m²はホスピタリティ、それ以外は展示専用となっている。

建物の中央には、大きな切子細工の球体がある空洞があり、最大200人を収容できる講堂となっている。 このヴォイドは、万博のロゴが入った円形の天窓「オキュラス」で屋根が仕上げられ、自然光が入るようになっている。 その周囲には、ミーティングスペースや、この国の過去、現在、未来を紹介する没入型の展示ホールがある。

建物の周囲には80本の樹木と5,600本以上の植物が植えられており、そのうち2,350本は「アラブ首長国連邦にとって文化的に重要なもの」とされている。

4階建ての建物の上部には、28枚の可動式カーボンファイバー製「ウィング」があり、屋根のソーラーパネルを保護するために閉じたり、統合された太陽光発電パネルを通してエネルギーを集めるために伸びたりする。 この翼を開くと、飛び立つハヤブサの翼を連想させる。

マジリス

建物の翼の下にある客席は、首長国の文化における伝統的なもてなしの場であるマジュリスにインスパイアされている。 マジュリスは家族が集まり、アラビックコーヒーやデート、食事をしながら物語を共有し、ゲストを歓迎する場所である。 また、指導者たちがニュースを交換したり、地域社会における重要な問題について話し合ったりするオープンな場を設ける場でもある。 コの字型の座席は、正直さと尊敬の精神でオープンな会話をしやすい。

構造

プロジェクトが複雑だったため、ほとんどの梁と接合部は特注品だった。 すべてのメイン・リブはキャンバー加工が施されている。 鉄骨構造の複雑さにおいて、BIM作業は大きな助けとなった。

屋根構造はシェルと門型フレームのハイブリッド・システムで、28枚のウィングで構成されている。

ハヤブサの翼に見立てたカーボンファイバー製の開閉式フラップは、油圧式で動かすことができ、太陽光をより多く採り入れることができる。 エミレーツで製造された太陽電池は、外部ファサードに張り出したウイングのデザインに組み込まれており、垂直の壁だけでなく、その周囲の公共回遊路にも影を落とす。 各翼は1点を中心に回転し、屋根全体を3分で開くことができる。 ピストンとして働く46個の油圧機構により、翼は110度から125度の範囲をカバーできる。 作動すると、油圧オイルがこれらのアクチュエーターを通って押し出され、ピストンを伸ばして翼を最大能力まで開く。 翼を閉じれば、雨や砂嵐からプレートを守ることもできる。

材料

パビリオンの構造はスチール製。 主に非標準の梁と接合部。

カラトラバは、ダイナミックな空間を作り出すだけでなく、エネルギー効率を高め、水の消費量を減らし、室内の空気の質を最適化する要素を取り入れることで、持続可能性を優先させた。

外壁は主に強固なもので、外部からのソーラーゲインを最小限に抑えているが、内部には大きなAVプロジェクションウォールがある。

ビデオ

図面

Renders e imágenes

写真

by WikiArquitectura (enero 2022)

Emplazamiento
Construcción
Construcción
Majlis