Reimagining Architecture: where Artificial Intelligence meets history
ディベロッパー
ジューン(ハルヴォーソン)・アルワース・スターキー
建築された年
1954 - 1955
1
建築面積
390,19m2
位置
米国ミネソタ州ダルース

はじめに

マルセル・ブロイヤーの最も重要な住宅設計のひとつであるスターキー・ハウスは、1954年にジューン・アルワースの依頼で建てられた。 アルワース氏の死後、彼の妻はロバート・スターキーと結婚し、邸宅はその名で呼ばれるようになったが、アルワース・ハウスと呼ばれることもあった。

この丘の中腹にある邸宅は、ブロイヤーがしばしば手がけた「長屋」と「二核計画」の多くの側面を兼ね備えている。

所在地

ブロイヤーは、スペリオル湖畔に近いこの地の利を生かした邸宅を設計した。 湖を見下ろすスターキー・ハウスは、米国ミネソタ州ダルース、グレイソロン・ロード2620にある。 敷地は北西から南東に向かって、道路からほぼ8.23m傾斜している。

コンセプト

特に、ケーブルで吊り下げられた舷門橋や、船の手すりを連想させる階段やテラスの手すりなど、この家の細部は海洋のイメージを連想させる。

そのデザインには、この家の共有スペースとプライベートスペース、寝室、プレイルームを分ける「二核プラン」という建築家のコンセプトが反映されている。 その二分された性質は外観にも表れており、平らな正面の立面は、背面では敷地の深い傾斜に道を譲る。

スペース

スペリオル湖を見下ろす丘の斜面に、マルセル・ブロイヤーは 、異なる機能を果たす木製の柱と積層梁で支えられた、大きさの異なる2つの直方体のボリュームを片持ち梁にすることで、「二核」の空間構成を開発した。 ブロイヤーのデザインでは、形と機能がうまくマッチしている。 直線的なスタイルは、この家にエレガントな外観を与え、屋内外ともに快適な空間を可能にしている。

家へのアクセスは、ケーブルで吊り下げられた吊り橋を通る。 歩道はまた、互いのボリューム、居住区、ガレージを連絡するためにも使われている。

アクセスブリッジを渡るとディストリビューターに入る。 右側は、一家の公的な生活に捧げられたボリュームで、湖を見下ろす大きな窓のある中央の囲炉裏を中心に展開されている。 リビングルーム、ダイニングルーム、キッチン、パントリーはこのスペースにあった。 窓を開けると屋根付きのバルコニーがあり、階段で庭に出ることができる。 このボリュームはガレージと通信する。

左側のプライベート・リビングには廊下があり、正面の壁には小さなテラスがある。 このスペースは子供たちのプレイルームとして機能し、ベッドルームはそれを囲むように配置されている。 廊下の片側には2つのマスターベッドルーム、バスルーム、大きなワードローブがあり、反対側にはさらに2つのベッドルーム、バスルーム、大きなワードローブが2つある。

3つ目の部屋はガレージになっており、車3台が入る。

下層階

この家の下層階には屋外のシーティング・エリアが設けられ、寝室部分の下には大きな独立型の暖炉が置かれた。

構造

丘の上にドラマチックに突き出た家の後部は、8本の円錐形の木製の支柱に支えられて地面からわずかに浮いている。

この家の構造システム自体が珍しい。 家は12.7×45.72cmの二重のグルラム梁で支えられている。 天井は、この露出した構造フレームの上部の梁から吊り下げられ、下部の梁はボリュームのある床を支えている。 梁は外壁に1.83m挿入され、床下の3重の横梁で支えられている。

荷重は、二重梁の間にはめ込まれたグルラムの柱と、スチールピンを使ったフロアアンカーによって床に伝達される。 リビング・ダイニングの天井にはグルラムの梁があり、さらに支えとなっている。

床から天井までガラス張りのこの家からは、スペリオル湖の広大なスカイラインが一望でき、上部の梁から吊るされた水平のサンシェードによって守られている。

材料

湖に面した家の側面には、床から天井までガラスが使われている。 この広大なガラスを日射から守るため、水平の木製ルーバーと投影型ソーラーガラス・パネルが日除けとして使われている。

居室は、白く塗られたレンガの壁の上に板と羽目板で覆われていた。

家の床は、根太の間に5.8cmの板を張って作られている。

テラスにはさまざまなタイプの手すりが組み合わされ、開口部のないものもあれば、ジグザグのケーブルで形成されたものもある。

容積の下の床は野原石で敷き詰められ、空間を区切る壁も同様だった。 ガレージは同じ石とレンガを白く塗って造られた。

図面

写真

Planta
Nivel inferior
Alzado