Unwritten Architecture stories, imagined by Artificial Intelligence
改修建築家
メクスとジョンソン
建設会社
B.W.ハンドラー建設株式会社
建築された年
1962
重量
4m
2
建築面積
8547,07m2
位置
35 West 33rd Street, Illinois Inst of Technology, Chicago, USA

はじめに

1958年、ジョン・クレラー図書館は、そのプログラムで想定される変化に十分に対応できる新しい建物を求めて、IITのキャンパスへの移転の誘いを受け入れ、新しい建物のための研究を開始した。

新プログラムは、様々な機関の学生や研究者にサービスを提供する公共図書館として知られるクレラー図書館のコレクションと、IITのコレクションを収蔵し、その主要な資金提供者の一人にちなんで命名されたジェームズ・S・ケンパー図書館の両方を収容することになる。

1962年、この建物はシカゴのジョン・クレーラー図書館の収蔵庫として建設された。この図書館は、保険王の名にちなんで命名された私立図書館で、彼の蔵書などが収蔵されている。 1985年、クレラー図書館の収容人数が限界に達したため、同図書館はキャンパス内の新校舎に移転した。イリノイ工科大学との提携により、同校の学生を対象とした図書館となり、いくつかの改修を経て、モトローラ社の創業者にちなんでポール・V・ガルビン図書館と改名された。

スキッドモア・オーイング&メリルの ウォルター・ネッチが設計した建物は、 ミース・ファン・デル・ローエにインスパイアされたインターナショナル・スタイルで、8,547.07m2の広さを誇り、モダンな美しさが魅力だ。

所在地

建物はイリノイ工科大学シカゴ校のキャンパス内、35 West 33rd Streetにある。

コンセプト

ヴァルター・ネッチュを責任建築家に選んだことは、主にミースの信奉者たちから激しい批判を浴びた。 スキッドモア・オーウィング&メリルの創業パートナーであるナサニエル・オーウィングスに選ばれたのは、まさにこのデザイン言語における距離感のおかげだとネッチは考えていた:

私が “ミース主義者 “ではなかったからこそ、彼らは私を信頼してくれたのです。私が他の建築家の作品を実際に見て回ったのは、人生でこのときだけだった。私は『ミース主義者』ではなかった。彼がどのように角を組み合わせているのか見なければならなかった。どうやって窓を取り付けたかとか、全部ね。だから、必ずしもあなたの窓をコピーするわけではないが、敵対的なことはしない……」(ヴァルター・ネッチュ)

スペース

クラウン・ホールと同様、建物は2階建てのみで、8547.07m2の広さに550人を収容できる。 この図書館はもともと閉架式図書館として建設された。つまり、リクエストはサービスデスクで行われ、建物内を通る空気チューブを経由して本やレポートが目的地に到着した。

図書館は現在、グループ学習、面接、ビデオ会議用の部屋を備え、個人学習や共同学習に適した快適なスペースを提供している。

図書館の1階へのアクセスは、北側が階段、南側がスロープになっている。

コレクションとアーカイブのある1階も半分埋まっているが、窓はない。 ジェームズ・S・ケンパー・コレクション、最新ジャーナル、アカデミック・リサーチ・センター、図書館テクニカルサービス、ユニバーシティ・アーカイブズ、アクセス・サービスなどの特別コレクションを収蔵するスペースを提供しています。

上階には本棚と書斎がある。

3Dプリントに加え、図書館は学生にノートパソコン、Wi-FIホットスポット、オンライン・データ・アクセス、雑誌や電子書籍を提供している。 もうひとつのサービスは、90以上の学術図書館と全米のリソースを共有できるI-Shareシステムへのアクセスである。

展覧会

図書館の内外にはいくつかの芸術作品がある。 内部のケンパー・ホールは、ホワイエの壁と同様、巡回展のためのスペースを提供している。

メインエントランスの近くには、アーティストのテリー・カルポヴィッチによる彫刻作品「Concurrence」があり、内部には「Earth’s Physic」も展示されている。

2008年に改装されたグループ学習室の壁には、ガルビン図書館の建設から利用開始までの歴史を示す写真が展示されている。

リニューアル

1985年にクレラー図書館がIITキャンパスに移転した際、それまで2つの別々のコレクションを収容する断片的な形で機能していたため、主にプログラム的な新しい機能に建物を合わせる必要が生じ、下層階には非流通文書を、上層階には広いオープンスペースの書架を収容することにした。 この建物はポール.V.図書館と改名されることになる。 ガルヴァン

このプロジェクトは、現地事務所マーカス&ジョンソンのロバート・ネヴェルが担当した。 特定の機能に必要な変更に加え、屋根、窓、エントランスの出入りのしやすさが、新しい舗装、植栽の追加、メインエントランスのキャノピーの挿入によって修復された。

構造

巨大なプレートガーダーが屋根を左右から支え、鉄筋コンクリートの支柱が周囲を支えている。

半分埋まっている1階には、正面玄関と裏口しか開口部がない。 1階は、ミースのキャンパス・プロジェクトにインスパイアされた金属梁と大きなフレームが特徴的で、むき出しのコンクリート・ベースの上に建っている。

この建物は、ネッチがミースの作品に近づこうとしたことを示すもので、前者の残虐主義の特徴と後者の建物に特徴的な密閉の解決策を組み合わせたものである。

材料

建設に使われた主な材料は、大きな鉄骨、ガラス、コンクリートである。

ネッチは図書館の上階を囲むために鏡面ガラスを使った。 この素材の使用は当時、広く批判された。 建築家はこれを正当化し、周囲の建物へのオマージュとして、自分の建物がミースが設計した建物のレンガや金属構造の中に紛れ込むようにしたのだと主張している。

建物オリジナルの調度品としては、ミース・ファン・デ・ローエのバルセロナ・チェアがあり、そのうちの4脚がケンパー・ルームに飾られている。 また、2009年に回収されたノールのファブリックが張られたブロイヤーの椅子や、北東の角に9脚あるアアルトの椅子も階段の上に置かれている。

主にオーク材で作られ、一部メープル材とウォールナット材の突き板で作られた木製テーブルは、キャンパス内の機械工場で作られ、半世紀にわたって使用されてきた。 最近修復されたので、あと半世紀は持つだろう。

FatBoys(ビーンバッグ)は2008年に発売され、成功を続けている。 長年にわたって使用され、学生にとって快適で安価であることが証明された。

ビデオ

図面

写真

Fotos WikiArquitectura (Marzo 2023)

Otras fotos

Emplazamiento
Foto archivo
Foto archivo
Foto archivo
Foto archivo